SIMフリー化できる人気のAndroid端末とSIMフリー化方法

LINEで送る
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

格安SIMの普及もあり、SIMフリー端末が注目されています。SIMフリー化できるAndroidスマートフォンは何が人気なのでしょうか。また、SIMロックを解除したい場合はどのようにしたらいいのでしょうか。

ここでは、「SIMフリー化できる人気のAndroid端末とSIMフリー化方法」について紹介いたします。これから、格安SIMを検討している方など、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.SIMフリー化できる人気のAndroid端末

%e6%89%8b%e5%b8%b3

ここでは、SIMフリーで好きな事業者のSIMを使えるおすすめのAndroid端末を紹介いたします。

1.SONY Xperia XZ SIMフリー

SONY Xperia XZ SIMフリーは、2016年冬モデルとして販売されています。広角24mmの高性能レンズで、約2300万画素の高感度イメージセンサー搭載です。イメージセンサーを補助するセンサーが2つあり、Xperia初の3つのセンサーを備えています。高画質な画像を思う存分楽しめます。

Qnovo社と共同開発した技術により、1度の充電で長く使え、バッテリーは2年使っても劣化しにくくなっています。3段階の節電レベルを選択もできます。XperiaZ5と比べて約2倍の高速CPUや、約1,4倍の高速GPUなど、動作も軽快で、アプリの起動も素早くできます。不要なキャッシュやタスクは自動で削除してくれますので、RAMの空き容量を常に確保することができます。

ハイレゾ対応で、騒音をカットするデジタルノイズキャンセリング機能も搭載、ディスプレイには繊細な色の違いまで再現できるトリルミナスディスプレイを採用しています。明るさも自動調節されますので日差しの下でも問題なく画像や動画を楽しめます。防水性能で、指紋認証にも対応しているので安心です。ホーム画面は文字やアイコンが大きく操作しやすいデザインになっています。非常に高性能で使いやすい機種です。

2.Huawei honor8

低価格ながら高性能で非常にコストパフォーマンスの高いHuawei honor8。アウトカメラは1200万画素、インカメラは800万画素で、モノクロセンサーとカラーセンサーの2つのセンサーがあり、きめ細やかな高精彩で美しい画像を楽しめます。オートフォーカスだけでなく、被写体との距離を捉えるデプスフォーカスや、暗い場所での撮影時に活躍するレーザーフォーカスなど搭載しています。

スリープ状態から0.4秒でロック解除できる高性能センサーや、カメラの突起がないフラットなボディ、大容量バッテリーなどが特徴です。カラーもサファイアブルー、サンライズゴールド、パールホワイトと、美しい色合いのモデルが揃っています。女性にもおすすめの1台です。

3.ASUS Zenfone3MAX

ASUS Zenfone3MAXは、非常にリーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。ただ安いだけでなく、バッテリーは4100mAhの大容量で連続待受時間は最大約30日間です。他のスマートフォンの充電もできモバイルバッテリーのような使い方もできます。音楽再生は最大87時間など、どれだけでも使えますので、旅先や外出先でも安心です。

指紋センサー搭載で、0.3秒でロック解除でき、指紋は360度認証です。1300万画素のカメラはどんなシーンでも美しい動画や画像を映せます。上品で高級感あるボディーで、シルバー、グレー、ゴールドの3色展開です。5.2インチのIPS液晶を採用しており、屋外でも美しい画像を楽しめます。とてもリーズナブルな価格で販売されている機種とは思えないような使いやすさと高性能さを兼ね備えた機種です。

2.SIMフリー化方法

ここでは、ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアのスマートフォンのSIMロックを解除する際の手続き方法について紹介いたします。

1.ドコモのスマートフォンの場合

ドコモのスマートフォンをSIMフリー化したい場合は、発売された時期によって手続き内容が異なります。「2015年5月以降に発売された機種」をSIMフリー化したい場合は、下記が必要なものや手続き方法です。

準備するもの

  1. 本人確認書類
  2. スマートフォン本体

手続き方法

  1. パソコンの場合・・・「ドコモオンライン手続き」よりSIMロック解除の申込みができます。ドコモオンライン手続きを利用するにはdアカウントが必要です。24時間受付しています。パソコンからの場合はSIMロック解除手数料は無料です。
  2. 電話の場合・・・ドコモのスマートフォンから局番なしの「151」へ連絡をすれば申込みができます。受付時間は午前9時〜午後8時です。電話の場合はSIMロック解除手数料は3,000円です。
  3. ドコモショップの場合・・・ドコモショップの場合は、担当スタッフにSIMロック解除の旨を伝えればすぐに対応してもらえます。ドコモショップの場合はSIMロック解除手数料は3,000円です。

「2011年4月〜2015年4月に発売された機種」に関しては、ドコモショップのみでの対応となります。SIMロック解除手数料は3,000円です。

2.ソフトバンクのスマートフォンの場合

ソフトバンクのスマートフォンをSIMフリー化したい場合も、発売された時期によって手続き内容が異なります。「2015年5月以降に発売された機種」をSIMフリー化したい場合は、下記が必要なものや手続き方法です。

準備するもの

  1. 本人確認書類
  2. スマートフォン本体

手続き方法

  1. パソコンの場合・・・「My SoftBank」よりSIMロック解除の申込みができます。My SoftBankからの申込みは24時間受付していて、SIMロック解除手数料は無料です。
  2. ソフトバンクショップの場合・・・ソフトバンクショップで担当スタッフにSIMロック解除の旨を伝えればすぐに対応してくれます。ソフトバンクショップの場合は、SIMロック解除手数料が3,000円かかります。

「2015年4月までに発売された機種」に関しては、すべてソフトバンクショップにて申込みが必要で、SIMロック解除手数料は3,000円かかります。

3.auのスマートフォンの場合

auのスマートフォンをSIMフリー化したい場合も、発売された時期によって手続き内容が異なります。「2015年5月以降に発売された機種」をSIMフリー化したい場合は、下記が必要なものや手続き方法です。

準備するもの

  1. 本人確認書類
  2. スマートフォン本体

手続き方法

  1. パソコンの場合・・・「auお客さまサポートサイト」よりSIMロック解除の申込みができます。パソコンからの申込みは24時間受付していて、SIMロック解除手数料は無料です。
  2. auショップの場合・・・auショップで担当スタッフにSIMロック解除の旨を伝えれば対応してくれます。auショップの場合は、SIMロック解除手数料が3,000円かかります。

「2015年4月までに発売された機種」に関しては、すべてauショップにて申込みが必要で、SIMロック解除手数料は3,000円かかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「SIMフリー化できる人気のAndroid端末とSIMフリー化方法」について紹介いたしました。大手キャリアから格安SIMに変更したい場合は、簡単にSIMロックの解除ができます。

パソコンからの申込みであればSIMロック解除手数料もかかりません。iPhoneに負けない使いやすさと高性能のAndroidスマートフォンも多く販売されています。ぜひ、検討してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です