毎月の携帯料金をよりお得に、格安simのご案内

LINEで送る
Pocket

b2d78078ff48cfd1162afd9b86e459e9_s

スマートフォンを所有している人であれば、基本的にはsimカードも所有しているはずです。しかし具体的にどのような役割があるのかを把握していない人もいるでしょう。スマートフォンとの関係や仕組みを把握しておくと、キャリアや機種の変更をする際に役立つケースがあります。格安simに変更することによって、月々の支払を抑えられるケースも珍しくありません。そこで今回は、どのような役割があるのかを説明します。

スポンサーリンク

simカードとは?


simカードはスマートフォンだけでなく、実は一般的な携帯電話の時代から使用されていました。個別の番号が割り当てられていて、それを挿入することによって、その端末の持ち主を明らかにできる仕組みです。つまり、汎用的な端末を個人の専用端末にするためのアイテムといえます。

しかし自分で挿入した記憶がない人もいるのではないでしょうか。スマートフォンを使用するときは、ほぼ必ず挿入することになります。しかし店頭で手続きをした場合は、スタッフが挿入してしまっているケースもあります。特に高齢者の場合はスタッフにセットアップしてもらうケースが多いでしょう。多くのスマートフォンは、サイドに挿入口があるので開いてみると、内部に挿入されていることを確認できます。

simカードの種類


simカードと一口にいっても、複数の種類が存在します。自分のスマートフォンに挿入している種類がどれなのかを把握しておいた方が良いです。新しい機種を購入したときに、移し替えられない可能性があるからです。以前使用されることが多かった標準的なサイズは、今ではあまり使われていません。

最新機種であれば違うと考えて差し支えありません。標準的なサイズの後に作られたのが、マイクロと呼ばれるサイズのものです。実はこちらもすでに減ってきており、今ではナノと呼ばれるサイズのものが一般的になっています。最新機種はほとんどこのサイズのものが使用されていると考えて良いでしょう。

格安simとは


キャリアが提供しているsimの他に、MVNOと呼ばれる通信業者が提供している格安simと呼ばれるものがあります。非常に使用料金が安いのが特徴で、キャリアから移行する人も多くなってきています。当初は通信面において不安が指摘されることも少なくありませんでした。しかし使用しているのは大手キャリアの回線であり、今では安定して使用できることがほとんどです。それを使用するにはロックを解除しなければなりません。

元からロックがかかっていない機種であれば問題ありませんが、キャリアの提供する端末の場合はロックがかかっていることが珍しくありません。そのような機種でもロックを解除できれば、問題なく使用できることが多いです。2015年の途中から解除することが義務化されているので、購入した店舗などに相談すると解除してもらえるケースが多いです。

simフリーの使用


ロックが気になる場合は、キャリアのスマートフォンを使用しないのも一つの手です。simフリーと明記されている端末をキャリア以外で購入すれば良いのです。そのような端末はMVNOやメーカーなどから直接購入できます。たとえばiPhoneであればアップルストアで販売されています。店舗でもオンラインでも購入することが可能です。購入する場合は、カードスロットのサイズが適合することを確認しておくのが大切です。

また通話を行えるものと、データ通信のみに対応しているものがあるので、その区別ができることも重要です。データ通信のみのプランの方が料金が安いので、通話が必要ない場合はそちらを選ぶと良いでしょう。またプランによってデータ通信の上限が決まっているので、自分の使用量と照らし合わせて選ぶのもポイントです。

MVNOの特性と欠点

gori0i9a3217_tp_v

大手携帯電話会社では、音声通話のみの契約、データ通信のみ利用できる契約、さらにその双方が利用できるものがあります。そして、契約変更をしたとしてもsimカードを差し替える必要がなく、携帯電話会社での端末操作だけで行うことができます。しかし、MVNOの場合は、それぞれsimごとに契約が決められていることが大半です。

そのため、契約する都度新しい番号を取得することになることがほとんどです。そこで、MVNOの契約の中で1番価格が安いデータ専用のものについては、5つの特性と欠点があります。

1.音声通話の加算額


まず、このサービスの料金が安い理由は、大手携帯電話会社から卸される料金にあります。最低料金がデータ回線のみでオプションとして音声通話などがつくことになっているからです。そのため、音声通話の加算額はどこのMVNOも同じ金額を提示しているところが一般的です。

また、データ専用と言えどもsimに特別な大きさの違いがあるわけでもなく、使える端末に制限もありません。そのため、キャリアのsimロックの問題を除けば、大半のスマートフォンで利用することができます。さらに、最近のガラケーについてもアンドロイドOSを搭載したものは、APNの変更が行えますから、このカードでもほとんどの場合正常に利用することができます。ただし、音声通話はできません。


2.重複しない電話番号が振られている

 

そのため、利用端末に挿入して電話番号を確認すると080の番号などが表示されます。ただし、その際に事実上振られる電話番号は選ぶことができません。

さらに、現在は音声通話ができないこの契約においてもユニバーサルサービス料が毎月かかることになっています。しかし、2017年10月から割り振られる020番号については、この契約の場合、個人の利用者についてもユニバーサルサービス料を支払う必要がなくなる予定です。


3.電話番号を取得出来る

 

代表例が050番号です。しかし、それに限ったわけではありません。日本のMVNOは海外と比べるとこの回線を利用した通話の制限が緩いため、様々な通話が遮断されることなく行えます。そのため、海外からの友達を招待する際などには、日本でこのタイプのものをどれか契約してもらい渡航者用の050番号を取得して使ってもらうことも簡単です。

さらに、渡航前にデータ回線を利用する現地の電話番号を取得して来てもらえば、そのまま日本でも使うことができる場合がほとんどです。このような方法を用いれば、日本で音声契約をするほど手続きが面倒ではなく、違約金も発生せずに使うこともできます。


4.電池の消費が若干速い場合がある

 

MVNOは通信速度が遅いことがあるため、長い時間低速通信をし続けて接続することもあります。電池は休みなしに負荷をかけ続けると通常より減りが速まるものです。さらに、利用できる提供回線に制限があったり、音声通話の信号を受信できないため、スマートフォンが接続確認のために電池を時々余計に消費することがあるからです。


5.音声付き契約にはない制限があることがある

 

この契約の場合は利用するMVNOによって購入時に端末の割引が受けられなかったり、端末保証サービスに加入ができない場合もあります。そのため、希望するオプションサービスがある場合は、契約前に加入できるか確認する必要があります。

ただし、安いこの回線を利用したsimプランだからといって、その他サポート面などで不利益を被るようなことはありません。

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

いかがでしたでしょうか。格安simを十分に理解して毎月の携帯料金をお得にしてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です