玄関に設置するセンサーライトの選び方と活用方法

LINEで送る
Pocket

265c8a947b6af630f89cca755e66ee2a_s

センサーライトを玄関に設置する際は、どのようなライトを選べば良いのでしょうか?また、設置したセンサーライトは、どのように活用し、どのような効果が期待できるのでしょうか?ここでは、玄関に設置するセンサーライトの選び方と活用方法について解説いたします。これから、センサーライトの設置や防犯対策を検討している方は、ぜひ、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

玄関に設置するセンサーライトの選び方

ここでは、玄関にセンサーライトを設置する場合の選び方のポイントについて紹介いたします。

玄関に合ったものを選ぶ

センサーライトを選ぶ際は、自宅の玄関に合ったものを選ぶようにしましょう。玄関の作りや光で照らしたい方向によって、どのようなライトが効果的かが変わってきます。まず最初に、玄関のどの部分に取り付けたいのか場所を明確にし、そのうえで、どの方向をどれくらいの明るさで照らしたいのかを決めるようにしましょう。それらを決めたうえで、センサーライト選びを始めていくとミスマッチなライトを選ぶ可能性は低くなります。

センサーライトの電源の取り方

センサーライトは、電源の取り方によっても選び方が変わります。電源の取り方は大きく3つあります。1つ目は、コンセントタイプの電源です。コンセントタイプの電源は、玄関近くに屋外用の電源コンセントがあることが条件ですが、停電などにならない限り、必ず点灯し続けることができます。ただし、停電時には消灯してしまいますし、空き巣犯にコンセントを抜かれてしまう恐れもあります。

2つ目は、乾電池式の電源の取り方です。乾電池式は、コンセントがないため配線工事も必要ありません。乾電池も長持ちするものが多いため、長期間使っていくことができます。しかし、乾電池が切れてしまえば、点灯できませんので防犯対策になりません。こまめにチェックし、乾電池が切れそうになったら新しい乾電池に入れ替える必要があります。

3つ目は、ソーラー式の電源の取り方です。ソーラー式は、太陽光発電になるので、配線工事も乾電池の入れ替えも不要です。また、電気代もかかりません。しかし、雨や曇など天気が悪い日が続くと、蓄電が不十分で点灯しなくなったりと、天候に左右されてしまいます。いずれの電源の取り方も一長一短ありますので、自宅環境に合ったもの選ぶ必要があります。

使われている電球

センサーライトに使われている電球も種類があるため、自宅環境に合ったものを選ぶ必要があります。1つ目は、ハロゲンランプです。広範囲を明るく照らせるのが特徴のハロゲンランプは、さまざまなシーンでも使われています。しかし、消費電力が大きいため、電気代がかかるのがデメリットでもあります。

2つ目は、白熱電球です。昔から使われている白熱電球は、安価に手に入れることができるのがメリットです。しかし、長持ちしないため、定期的に電球を交換していく必要があります。3つ目は、LED電球です。LED電球は明るく長持ちするため、長期的に使うことができることがメリットで、多くのシーンで用いられています。

デメリットは最初に購入する際に、他の電球より価格が少々高めなことです。最新のセンサーライトはLED電球が使われていることが多いです。予算上問題ないようであれば、長期的に使用することを考えLED電球を選ぶことがおすすめです。

センサーライトの取り付け方

センサーライトを選ぶ際は取り付けしやすいものを選ぶようにしましょう。センサーライトによって、マグネット式のものや、両面テープ式、ベルト式、ビス式など、さまざまな取り付け方があります。玄関の取り付け場所に最適な方法のものを選ぶようにしましょう。マグネットは取り付けできる場所の素材が限られますので、適さない場所であれば取り付けすることができません。

ビス式の場合は、しっかりと固定できるメリットがありますが、穴を開けられる場所でしか設置ができません。ベルト式のものは柱などには簡単に取り付けできるので効果的ですが、壁に取り付けることは難しいです。両面テープ式は簡単に取り付けができますが、剥がしたあとが、ベタベタになる可能性があります。

センサーの感知方法

センサーライトのセンサーの感知方法も種類によって異なります。人や動物などの動きを感知して反応する動体検知機能のセンサーを搭載しているライトと、周囲の明るさや暗さを感知してセンサーが反応し光を照らすものとあります。防犯のために取り付けるのであれば動体検知のセンサーライトになりますので、センサーにも注意して選ぶようにしましょう。

予算に合うライトか

センサーライトは、2,000円程度で買えるものもあれば、1万円近くするものもあります。玄関以外にも取り付ける場合や、配線工事なども必要な場合がありますので、予算に合ったライトを選ぶようにしましょう。安くても効果が高いライトはたくさんあります。

センサーライトの明るさや角度を調節できるか

明るさやライトの角度を調節できるかどうかも事前に確認するようにしましょう。特に角度に関しては、そのままライトを玄関に取り付けても、効果的な方向を照らさなければ意味がありません。角度調節できるセンサーライトであれば、玄関のどの場所に設置しても1番防犯効果の高い場所を照らすことができます。

また、明るさの調節もできる場合は、家の周囲の雰囲気によって、照度を高めることができますので、防犯効果が高まります。夜間であれば明るければ明るいほど、空き巣犯や不審者を威嚇することができます。

防水機能

玄関に取り付ける場合、完全に屋外のケースもあります。屋外の場合、雨水にさらされる環境となりますので、完全防水機能のセンサーライトを選ぶようにしましょう。屋内用のライトを設置してしまうと、すぐに故障してしまう可能性があります。できれば防水・防塵機能で、防水性能も高いものを選ぶようにすると良いでしょう。

玄関に設置するセンサーライトの活用方法

ここでは、玄関に設置するセンサーライトの活用方法について紹介いたします。

人感センサーライトを設置し空き巣犯を威嚇する

玄関にセンサーライトを設置することにより、夜、空き巣犯が近くを通った際に、人感センサーが明るく照らすことで、空き巣犯を威嚇することができます。威嚇することにより、空き巣犯に犯行を諦めさせる効果が期待できます。

不審者や空き巣犯がいたとしても、明るく照らされることで、近所にも気付かれる可能性がありますし、「防犯効果の高い家」と認識し、犯行におよぶことができなくなります。光は防犯対策に非常に効果的です。

明るくなって家族も安心

人感センサーライトを玄関に付けることで、防犯対策だけでなく、夜家に帰ってくる家族が明るいなか帰ってくることができたり、夜、玄関先で作業などする場合も光があったりと、明るくなることで安心することができます。特に子どもがいる家庭は、不審者を寄せ付けなくする効果も期待できますのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、玄関に設置するセンサーライトの選び方と活用方法について紹介いたしました。センサーライトは、ただライトを玄関に取り付けるだけでは、高い防犯効果を発揮できません。玄関に合った取り付け方や電源、電球やセンサーの感知方法、ライトの明るさなど、玄関に合い、且つ、目的に合ったものを選ぶことで高い防犯効果が期待できます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です