安いスマホって何?お得にスマートフォンを利用する方法と注意点

LINEで送る
Pocket

fc3668cea233fc633c07a5be42ea5ebf_s

「もっと通信費が下がればいいのになぁ」なんて考えたりしていませんか。安いスマホを利用すれば、大手キャリアの通信費に比べ劇的に料金が下がる可能性があります。通信費で困っている方や、大手キャリアのプランでは通話も通信も使い切れずもったいないと感じている方など、安いスマホに興味がある方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.安いスマホって?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-15-15-38

出典:http://mobile.rakuten.co.jp/
ここ数年で安いスマホが普及し始め、家電量販店などでも多くのスマホが販売されるようになりました。安いスマホとは、スマホの端末自体が安いもののことを指す場合もありますが、基本的には、格安SIMカードを使って毎月の使用料が安いスマホのことを指します。

1.格安SIM・MVNOを利用する

格安SIMカードを使うことで、安いスマホが実現します。SIMカードとは、スマホの契約者情報などが登録されているICカードのことで、スマホの中に入っています。新しいスマホを購入した際に店頭スタッフがスマホに挿入する小さいカードのことです。

そのSIMカードをMVNOという低料金で通信サービスを提供する事業者が販売しているものに入れ替えれば、月1,000〜2,000円程度でスマホの利用が可能です。つまり、ドコモやソフトバンク、auから別のメーカーに乗り換えるということです。MVNOの事業者は、LINEモバイル、楽天モバイル、DMMmobile、UQmobile、Y!mobile、So-netモバイル、イオンモバイル、mineoなどがあり、その他にも多数の事業者が存在します。

これらの事業者が販売しているSIMカードが格安SIMカードと言われ、格安SIMカードにすることで毎月の利用料金を大幅に安くします。これにより、「安いスマホ」として利用ができます。格安SIMカードを使う際は、対応できるスマホとそうでないものがありますので、場合によっては端末も格安SIMカードと一緒に購入が必要です。格安SIMカードを使った安いスマホにするメリット・注意点は以下のとおりです。

2.安いスマホを使うメリット

ここでは、大手キャリアのスマホに対して安いスマホを使うことのメリットを紹介します。

1.料金が安くなる

格安SIMカード・MVNOを使い、言わいる安いスマホを利用する1番のメリットは料金が安くなることです。例えば、楽天モバイル、DMMmobileでは、下記のような料金プランとなっています。

楽天モバイル

  1. 3,1GBプラン 通話SIM月額1,600円 データSIM月額900円
  2. 5GBプラン  通話SIM月額2,150円 データSIM月額1,450円
  3. 10GBプラン 通話SIM月額2,960円 データSIM月額2,260円
  4. 20GBプラン 通話SIM月額4,750円 データSIM月額4,050円

DMMmobile

  1. 1GBプラン 通話SIM月額1,260円 データSIM月額480円
  2. 3GBプラン 通話SIM月額1,500円 データSIM月額850円
  3. 5GBプラン 通話SIM月額1,910円 データSIM月額1,210円
  4. 7GBプラン 通話SIM月額2,560円 データSIM月額1,860円

楽天モバイルもDMMmobileも上記以外に複数の料金プランがありますが、大手キャリアと比較すると、どのプランもかなり安いです。大手キャリアだとどんなプランを使っても5,000〜6,000円は普通に料金がかかることが多いです。高い人だと1万円近い料金がかかります。

安いスマホを使うことで、毎月の利用料金を大手キャリアに比べ半分以下に抑えることが可能です。これにより、年間でかなりの通信費の節約ができ、他のことにお金を使えます。※楽天モバイル、DMMmobileともに平成28年12月21日現在の料金内容です。

2.2年の契約縛りがない

MVNOの安いスマホは、基本的に2年縛りがありません。ドコモやソフトバンク、auの場合、基本的に2年間契約です。その間に解約すると違約金が発生します。MVNOの場合は、1年契約などはあるものの、長期契約はほとんどありません。そのため自由度が高く、他に良いサービスを提供する事業者が現れれば乗り換えも容易にできます。

3.利用する際の注意点

ここでは、安いスマートフォンを利用する際の注意点を紹介します。

1.端末の性能が劣る可能性がある

安いスマホを使うために、格安SIM・MVNOを利用する場合、端末の性能が劣る可能性があります。大手キャリアでは、最新のiPhoneや1型前のiPhone・スマートフォンなどが販売してあり使えます。MVNOを利用する際に、事業者の提供するスマートフォンもセット購入する場合は、最新型もありますが型が古いものも多いです。

安いスマホを利用するユーザーも料金を下げるために安い端末を選ぶことが少なくありません。端末料金が1万円を切るものもあります。最新のiPhoneが7〜8万円なので格安です。その分、性能が劣り、スマートフォンのストレージ容量が小さく、アプリを複数ダウンロードできなかったり、すぐに画面動作が重くなったりする端末もあります。

その場合は、上手くクラウドストレージサービスなどを利用して、端末にデータを蓄積しない工夫が必要です。既に希望のMVNOの格安SIMカードに対応する端末を使っている場合は良いですが、そうでない場合は、今の端末よりもクオリティが落ちる可能性があります。

2.通信速度が遅い場合がある

安いスマホを利用する場合は、格安SIM・MVNOを利用します。MVNOは、ドコモやソフトバンク、auの大手キャリアの通信回線を借り、ユーザーに振り分けます。そのため、通信が混雑し速度制限がかかったりします。大手キャリアに比べると通信速度が基本的に遅いです。使い始めると慣れてはきますが、最初の方はストレスに感じる可能性があります。

3.キャリアメールが使えなくなる

安いスマホを使い始めると、キャリアメールが使えなくなります。ドコモやソフトバンク、auなどでキャリアメールを多用している人にとって大きなデメリットになります。安いスマホを利用するには、メールのやり取りをしている相手にメールアドレス変更の連絡をしなければなりません。どの事業者のスマホを使ってもメールアドレスを変えなくて良いように、GmailやYahoo!メール、Outlookなどのメールを使うと良いでしょう。

4.初期設定など自分で行う

事業者によっては、店頭で初期設定も対応してくれる場合がありますが、自分で初期設定などしないといけない安いスマホもあります。SIMカードの入れ替えや初期設定も自分で行わなければいけません。ネットだけでSIMの購入が完結するものもあり、サイトを見ながら操作設定していきます。

5.端末によっては使えないことがある

端末によっては格安SIMに変えることができません。そのため、新しく端末の購入が必要です。代表的なものではSIMフリーに対応しているか否かです。SIMフリーに対応していない場合は、新しくSIMフリー端末を購入し格安SIMを装着しなければなりません。また、ドコモのiPhoneだと格安SIMに差し替えできるけど、ソフトバンクのiPhoneだったらできない、などもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「安いスマホって何?お得にスマートフォンを利用する方法と注意点」について紹介いたしました。MVNOの格安SIMを使うことで、毎月の利用料金を安く抑えることができます。通信速度が遅くなったり、キャリアメールが使えなかったり、端末の性能が劣る可能性もありますが、そのデメリット点も受け止めたうえで料金を安くしたい場合は、安いスマホはとてもおすすめです。デメリット点に関しては、他のアプリやサービスで補える場合もありますので、あまり気にならないかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です