Home / アプリ / 管理しよう!レシート撮影して家計簿をつけるおすすめアプリ3つ

管理しよう!レシート撮影して家計簿をつけるおすすめアプリ3つ

Pocket

家計簿をつけたことはありますか。途中で挫折してしまった方も多いかもしれません。

ふと立ち寄ったコンビニで予定していたもの以外のモノも購入してしまったり、自炊をするのが面倒でつい外食が続いてしまったりすると、いつの間にか残高が減っていて中々貯金が捗らないといった方も、少なくはないのではないでしょうか。

そんな時に強い味方になってくれるのが、家計簿です。ですがいざ家計簿をつけようとなるとレシートの管理をしてノートに貼り付けたり、Excel等の表計算ソフトで管理しようと思ってもつい面倒で後回しになってしまったりと、中々続かないものです。

ところが、現在はスマホでレシートを撮影するだけで簡単に家計簿をつけることが出来る便利な家計簿アプリというものが存在します。そこでこ本記事では、アプリで家計を管理するメリットやおすすめの家計簿アプリをご紹介致します。

 

アプリで家計簿をつけることのメリット5つ

スマホがどんどん使いやすくなっている現在、家計簿の作成方法にスマホの家計簿アプリを導入する方も増えてきています。

家計簿アプリは様々ありますが、どれにも共通して言えるのは家計簿のフォーマットがあらかじめ用意されているという点です。

それでは、スマホのアプリで家計簿をつけることで得られるメリットについてご紹介致します。メリットは多くありますが、その中でも代表的なメリットを5つに厳選してご紹介致します。

計算・入力がラク

まず大きなメリットは、家計簿をつける際の入出金の計算や入力の手間が圧倒的に削減できるという点です。多くの家計簿アプリでは、スマホのカメラを利用してレシートをスキャンして、自動的に費用項目別に入力してくれるアプリが増えてきています。

そのため、レシートを計算して手書きをするというアナログな方法よりも簡単で確実です。さらに、計算も電卓を利用しての計算ではなく数タップで簡単に結果を表示してくれるため、面倒な収支管理も簡単に行うことが出来ます。

グラフや表などで見やすい

家計簿アプリでは、収支をグラフや表で表示してくれる機能が搭載されていることが多いです。そのため、数ヶ月単位での収支をグラフ化でき、視覚から直感的に収支を把握することが出来ます。アナログな方法で家計簿を作成していると中々グラフ化することも無いため、この機能も家計簿アプリを使う大きなメリットです。

月ごと・年度ごとの支出や収入額が一目でわかる

ノートで家計簿をつけていると、月ごとや年度ごとの支出や収入源をいちいちメージをめくって見る必要があります。さらにそれは、一目瞭然という訳ではなく手間と時間がかかります。

ところが家計簿アプリを導入すると、自動的に計算してくれた結果を月ごとや年度ごとに分かりやすく表示してくれるため、支出の多い月を把握しやすく成ります。

何にどれくらい使っているかがわかる

家計簿アプリを使うとレシートをスキャンして自動的に費用項目別に振り分けてくれることが多いため、アプリを確認した時に「何に」「どれくらい」使っているのかが一目瞭然で確認することが出来ます。

これによって、日常生活での無駄遣いを把握することが出来るため、より適材適所なお金の使い方をすることが出来ます。

共有できる

家計簿の管理は、ご家族で生活している場合お一人で管理するには限度があります。家計簿アプリでは、例えば共働きでそれぞれに収支が存在する場合、お互いの家計簿を共有することが出来ます。

これにより、より正確な家計簿をつけることが出来るようになります。

また、レシートを貼り付けたりノートを保管したりといった物理的なわずらわしさも減り、ノートを無くすといったようなこともなくなるため、共有がより簡単になるでしょう。

次ページ:おすすめの家計簿アプリはこちらから

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

通話料節約の救世主!050アプリを使うべき4つの理由

iPhoneで電話するとき、備 …

Facebookでのご購読が便利です