Home / Microsoft / PowerPoint / これでスライドは完璧!パワーポイントのテンプレートを有効活用する方法

これでスライドは完璧!パワーポイントのテンプレートを有効活用する方法

Pocket

よりよいプレゼンのためには、完璧なスライドが欠かせません。最近では、スライド作成ソフト、パワーポイントはビジネスシーンをはじめあらゆる場面で使用され、使えて当然のツールとなっています。

しかし、見やすくデザイン性の高いスライドをいちから作るとなると、手間がかかってしまいます。

今回は、そのパワーポイントで簡単にスライドを作るためのテンプレート機能と、おすすめのテンプレートダウンロードサイトをご紹介していきます。

また、パワーポイント上級者向けのテンプレートの作り方もご紹介しています。

スポンサーリンク

パワーポイントの便利な機能、テンプレート

%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%92

資料の作成はスライドに文字を入力したり画像、図形などを貼り付けて作成をすることになります。背景などを付けて色も選ぶことができるために、自分が思い描いている資料を作ることも可能です。

しかし何もないところから作成をする場合はなかなかうまく作ることができないこともあります。パワーポイントはこのような場合にテンプレートを利用するというとても便利な機能があるのです。

使い方は比較的簡単なのですが、汎用性が高いためどのような資料を作成して良いのか悩んでしまうことがあります。

そのような時に利用したいのがテンプレートなのです。数々のひな形を利用することができるだけでなくテンプレートを作成して保存することもできるのです。

テンプレートというのはあらかじめスライドに背景や配色、フォントなどが設定されているひな形で、ここに文字などを入れて作成することで簡単に見栄えの良い資料を作成することができるというものです。

中にはアニメーションを使って動きのある資料を作成することもできるようになるのです。

 

テンプレートを活用した資料作りに仕方

一見難しそうに見えるパワーポイントですが、色々な便利機能を使えばとっても簡単にプレゼン資料やマニュアルを作ることができます。今回は、テンプレートを使ったプレゼンテーションの作り方を紹介いたします。

手順①オンライン無料テンプレートで好きなテンプレートを選びましょう。

まずはパワーポイントを開いてみましょう。オンラインテンプレートとテーマの検索ができる検索窓が開き、お勧めのテンプレートが数多く出てきたと思います。

プレゼンテーションは特にプロジェクターなどを使用して、大画面での説明などが主流となりますので、その華やかさもとても大事になります。無理に白紙に作りこむより、華やかな無料テンプレートを使うといち早く時間が短縮でき、自分のプレゼンイメージに合ったプレゼンテーションが簡単に作ることができます。

気に入ったテンプレートをクリックすると、テンプレートの全貌が確認でき、右下の作成ボタンを押すことで制作画面が開かれます。

手順②タイトルや文章を入れましょう。

ほとんどのテンプレートは「タイトル」と書かれている場合が多く、その部分をダブルクリックするとタイトルのテキスト部分が反映され、タイトルを変更することができます。

テンプレートを使わず、タイトルや説明文を入れたい場合は【ファイル画面】→【図形】→【テキストボックス】を選らんで画面上に左クリックしたままドラッグすると、空のテキストボックス画面が表示されます。その中にカーソルが点滅するので、文字を入力してください。

手順③スマートアートや図形を挿入しましょう。

今時のプレゼンに必ず必要なのが図形やスマートアート。

一番上のメニューバーの【挿入】ボタンを押すと【図形】と【スマートアート】が出てきます。まずは【図形】をクリックします。

好きな形を選んでクリックしたら、画面上にカーソルを持っていき、左クリックしたまま画面上でカーソルをスライドさせます。図形が描かれましたね。スマートアートも同様、【スマートアート】をクリックして、好きな図形を選んで【OK】ボタンを押します。

図形とは違い、【OK】ボタンを押すと次にはすぐに、スマートアート内の図形が表示されます。図形の大きさは、範囲表示されている角を左クリックを押したまま、スライドさせると自由に縮小拡大することができます。

手順④ページができてきました!画面切り替えに各アニメーションを使いましょう。

画面左側には制作されたスライドページが上から制作された順に表示されています。画面切り替え時、アニメーションを加えたいページをクリックします。

一番上のツールバーの【画面切り替え】をクリックすると、その下に切り替え時のアニメーションが多数横並びに出てきます。好きなアニメーションをクリックすると、実際の動きが画面上でプレビューされます。

好きなアニメーションを選んだら、切り替えアニメーションが横並びに出ている一番右側の、【画面切り替えのタイミング】を確認します。クリック時にアニメーションを発生させたい場合は、【クリック時】にチェックマークを、自動的に切り替えたい場合は、【自動的に切り替え】にチェックを入れて、自分が切り替えたい時間を入力してください。

手順⑤実際にスライドショーを動かしてみましょう。

以上の作り方を重ねてスライドが仕上がったら、スライドを実際に動かしてテストしてみます。

一番上のメニューバーの【スライドショー】をクリックします。

メニューバーのすぐ下に【最初から】というボタンがあるので、クリックします。

全画面に今まで制作してきたスライドが次々に動き出します。

ページを戻したり次のページに行きたい場合は、画面左下にある操作メニューで操作してください。スライドショーもここで終了することができます。

必ず最後は【ファイル】→【名前を付けて保存】することを忘れずに、スライドショー制作を楽しんでください。

 

おすすめテンプレート無料ダウンロードサイト

ここでは、さまざまなテンプレートを無料でダウンロードできるおすすめサイトについて紹介します。

それぞれのサイトで用意されているテンプレートデザインが異なるため、作成するプレゼンテーション資料や使用用途にあわせて、各サイトから最適なテンプレートをダウンロードして利用しましょう。

ほとんどが無料でダウンロードできるため、コストもかかりません。

PowerPoint Factory

PowerPoint Factoryは無料で200種類近くのテンプレートや700点以上ものイラストをダウンロードできるサイトです。「ナチュラル」「かわいい」「シンプル」なテンプレートが豊富に揃っており、カラーバリエーションも充実しています。派手すぎないテンプレートが多いため、さまざまな用途に使うことが可能です。

また、「関係図」や「要素」「表」「ヒエラルキー」「座標」「つなぐチャート」など、資料作成に便利なパーツもたくさん揃っています。ビジネスのプレゼンテーションだけでなく、プライベートでも使えるデザインが多いので、テンプレートを探す際におすすめのサイトの1つです。

素材工場

 

素材工場は、ビジネス向けテンプレートが30種類以上揃っています。比較的シンプルなものが多いため、まとまりのあるプレゼンテーション資料を作成したいときに便利です。

また、「ゴルフ」「スポーツ」「ビジネス」「人物」「医療」「学校」「植物」「音楽」など他にも多くのジャンルのクリップアートもダウンロード可能で、プレゼンテーションに活かすことができます。

他にも、POPやフォトアルバム、会社案内・パンフレット、名刺、メニューなど、さまざまなテンプレートが無料で利用できます。企画書などを作成したい場合に役立つダウンロードサイトです。

BB-WAVE

 

BB-WAVEも無料でパワーポイントのテンプレートやクリップアートをダウンロードが可能です。テンプレートは「ビジネス」「ナチュラル」「グローバル」「シンプル」「スタイリッシュ」など、さまざまなカテゴリが用意されており、クリップアートに関しては1,500点以上もあって充実しています。

また、BB-WAVEはパワーポイントのテンプレートやクリップアートだけでなく、経営者インタビューやプロの企画書などのビジネスノウハウ、メール文例集やキーボードショートカットなどのビジネススキル、帝国データバンク検索や企業情報横断検索などのビジネスデータなど、ビジネスに役立つ情報も提供しています。

パワーポイント使用時だけでなく、ビジネスに役立つ情報を得ることができますので、定期的にチェックしてみるといいかもしれません。

パワーポイントテンプレート

パワーポイント専用のテンプレートが充実しているサイトです。「BUSINESS」「COLORFUL」「CUTE」「JAPAN」「NATURE」「SIMPLE」「STYLISH」「WORLD」など、さまざまなカテゴリが用意されています。

色使いやデザインなど、比較的インパクトのあるテンプレートが多いため、他人と一味違うデザインに仕上げたい場合におすすめのサイトです。テンプレート数は決して多くありませんが、個性のある資料作成や他の資料と差別化を図りたい場合におすすめのサイトです。

自分でテンプレートを作成する

サラリーマン 会社員 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 仕事 スペース 室内 テーブル 手 手元 PC ノートパソコン Mac マック パソコン インターネット 情報 机 WEBサイト 入力 打つ 働く 会社 オフィス コピースペース オフィスワーク デスクワーク サービス 通信 キーボード 事務 デスクトップ モニター 画面 デスク 背景 IT コンピュータ 作業 コンピューター 作る ネットワーク コード 電子機器 クラッカー ソース 開発 アプリ ネット デジタル バックグラウンド インフラ 背景素材 壁紙 イメージ デザイン 職人 職業 バック 小物 セキュリティ テクノロジー 技術 インターフェース ブラインドタッチ スクリーン 労働 製作 言語 ワーク ディスプレイ 叩く 制作 セキュリティー サーバー 企業 設計 ノートPC クラウド 情報処理 PC デザイナー アプリケーション 制御 インターフェイス システム ソフトウェア 電子 労働者 業務 ビジネスパーソン ディスプレー 分析 コマンド 技術者 エンジニア オンライン 就職 ハイテク 依頼 WEB ホームページ ブログ 技術職 アウトソーシング ハッカー ハッキング プログラム サイバー 羅列 専門職 副収入 副業 パソコン操作 データベース スキル ウェブ 在宅 クラウドソーシング アフィリエイト フリーランス SE プログラミング クリエイティブ クリエイター 解析 クラッキング ウェブサイト ウェブデザイン ウェブデザイナー コーディング バーチャル プロフェッショナル web開発 デバッグ プログラマー システム管理 ソースコード HTML 制作者 コーダー 開発者 エンジニアリング 外注 マークアップ プログラマ web制作

パワーポイントのテンプレートは、サイトからダウンロードしたり、最初から用意されているものを利用するだけではありません。自分でオリジナルのテンプレートを作成することもできます。

テンプレートの作成方法は決して難しくはないため「サイトのテンプレートも見たけど、しっくりくるのがない」という方は、自分で作ってみるといいでしょう。作りたいもののイメージがある場合は、短時間で完成させることができます。

テンプレートの作成方法と作るときのポイント

ビジネス 仕事 女性 手 アップ 勉強 ピンポン ジェスチャー 問題 正解 セミナー 思考 指 光 人差し指 発見 ライト 電球 ポイント アイデア 助ける クエスチョン 閃き ひらめき ヒント 思いつく 解決 思いつき 疑問点 天才

テンプレートを作成する場合の方法は下記のとおりです。テンプレートを作る際は、使用用途を明確にしたうえで作成しましょう。

また、「自分からの視点」も大事ですが、資料は「相手が見やすいか・わかりやすいか」「相手に伝わりやすいか」という「相手側の視点」が非常に大事です。そのため、せっかくテンプレートを作る場合は、自己満足で完結しないようにデザインはしっかりと考えましょう。

  1. プレゼンテーションを開き「表示」の「マスター表示」で「スライドマスター」を選択します
  2. 「スライドマスター」タブの「フォント」から希望のフォントを設定します
  3. 画面を四角のオブジェクトで覆い、背景をつけます
  4. オブジェクトの位置やフォントカラー、フォントサイズを変更して「マスター表示を閉じる」を選択します
  5. 「デザイン」タブから「現在のテーマを保存」を選択すれば保存が完了です

保存が完了することで、次回から作成したテンプレートを使用することができます。また、テンプレートを修正したい場合は「スライドマスター」から修正が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。テンプレートを活用すればわかりやすい資料作りができることが分かってもらえたのではないでしょうか。

本記事を参考にテンプレートを活用していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

仕事が劇的に変わる!無料で使えるoffice onlineアプリの導入のススメ

Microsoft社が提供して …

Facebookでのご購読が便利です