Home / Windows / パワーポイントのスライドショーの基本操作と効果

パワーポイントのスライドショーの基本操作と効果

Pocket

5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_s

今回は、「パワーポイントのスライドショーの基本操作と効果」について紹介いたします。今まで作ったスライドをスライドショーとして表示してみましょう!イメージどおりになっているか、プレゼンテーション内容とマッチしているかなど、一つひとつ確認していきましょう。パワーポイント初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.スライドショーの基本操作と効果

1.スライドショーの開始

1

パワーポイントのスライドをすべて完成させたら、スライドショーをいつでも実行できます。スライドショーを開始する方法は下記のとおりです。

  1. 「スライドショー」タブにある「スライドショーの開始」の中にある、「最初から」もしくは「現在のスライドから」ボタンを選択します。
  2. 「最初から」を選択するとスライドの1ページ目からスライドショーが実行されます。
  3. 「現在のスライドから」を選択すると、現在開いているスライドからスライドショーが実行されます。

また、最初からスライドショーを実行することや、現在のスライドからスライドショーを実行することは、ショートカットキーを使っても行えます。

  1. 最初からスライドショーを実行・・・「F5」
  2. 現在のスライドからスライドショーを実行・・・「Shift」+「F5」
  3. スライドショーの終了・・・「Esc」

これにより、スライドの頭から全体の流れを見たり、作成途中でどのように映るか途中のスライドからスライドショーを実行することが可能です。本番だけでなく、練習中・準備中の方がスライドショーを見ることは多いので便利な機能です。

2.スライドショー中にページを変えたい場合

スライドショー実行中にスライドを素早く次のスライドへ進んだり、前のスライドに戻りたい場合は、下記の方法で行えます。

  1. 次のスライドへ進む・・・「Enter」
  2. 前のスライドに戻る・・・「BackSpace」
  3. 指定したスライドへ移動する・・・移動したいスライド番号を押して「Enter」

スライド移動はマウスでもできますが、ショートカットキーを使った方が素早く操作できます。スライドショーで各スライドを見直したい場合に、目的のスライドにいち早くアプローチできる方法です。

3.スライドに書き込んだり・消したい場合

スライドにペン機能を使って書き込んだり、書き込んだものを消したりすることができます。方法は次のとおりです。

  1. ペン機能の表示・・・「Ctrl」+「P」
  2. 消しゴム機能の表示・・・「Ctrl」+「E」
  3. 開いているスライドのペンの書き込みを消す・・・「E」

これにより、素早く強調部分や修正部分をペンで書いたり、消したりすることができます。

4.レーザーポインターを表示したい

2a185e3dfd1106366c433716e6668270_s

本物のレーザーポインターを持っていなくても、パワーポイントであれば、マウスを使ってレーザーポインターをスライド上に表示しプレゼンテーションすることが可能です。見ている人により分かりやすく説明するためにも、レーザーポインター機能を使ってみましょうレーザーポインターを表示したい場合は、「Ctrl」を押しながらマウスの左クリックを押し続けます。押している間は、レーザーポインターが表示されます。

5.画面を真っ黒・真っ白にする

2cac692778251671b5bd67abbcdc28db_s

スライドの途中やスライドショーが終わってなど、スライドよりも発表者に注目してもらうために、画面を真っ黒・真っ白にすることができます。画面が付いたままでも良いですが、見ている人も画面に気が取られてしまうかもしれません。発表者に注目して欲しいタイミングでは、意図的にスライドの表示されている画面を真っ黒・真っ白に変更しましょう。

  1. 画面を真っ黒にしたい場合/解除したい場合・・・「B」
  2. 画面を真っ白にしたい場合/解除したい場合・・・「W」

6.スライドショーにBGMを入れたい場合

8b27abb9d6acdb3f598fa4da0704187e_s

状況によっては、スライドショーにBGMが入っていることで、より見ている人に関心を持ってもらえることがあります。スライドショーにBGMを入れる方法は下記のとおりです。

  1. 「挿入」の「オーディオ」の中の「ファイルからオーディオ」を選択します。
  2. 「オーディオの挿入」画面が開きますので、BGMにしたい音楽を選択します。
  3. スライド上にオーディオのマークが表示されますので、再生ボタンを押して音楽が流れるか確認します。
  4. メニューの「オーディオツール」の中から「再生」を選び、「スライドショー実行中にサウンドのアイコンを隠す」と「停止するまで繰り返す」、「再生が終了したら巻き戻す」にチェックをします。
  5. 「開始」欄を「スライド切り替え後も再生」にし、設定完了です。
  6. 1度、最初からスライドショーを流してみてBGMが流れるかを確認しましょう。

プレゼンテーション前までにBGMのボリュームなども確認しましょう。大きすぎたり小さすぎたりすると逆効果になる場合があります。

7.スライドに音楽を貼り付ける場合

パワーポイントのスライドに音楽を貼り付けることもできます。方法は下記のとおりです。

  1. 「挿入」の「オーディオの挿入」を選択します。
  2. 「オーディオの挿入」画面が表示されますので、貼り付けたい音楽ファイルを選び「挿入」をクリックします。
  3. スライドにオーディオマークが表示されます。
  4. オーディオマークをクリックした後、再生ボタンを押せば音楽が流れます。

8.音声を自動再生したい場合

パワーポイントでは、スライドを開くと音声が再生するように自動再生設定することもできます。自動再生設定方法は下記のとおりです。
まず、スライドに音楽を貼り付けます。

  1. 「挿入」の「オーディオの挿入」を選択します。
  2. 「オーディオの挿入」画面が表示されますので、貼り付けたい音楽ファイルを選び「挿入」をクリックします。
  3. スライドにオーディオマークが表示されます。
  4. オーディオマークをクリックした後、再生ボタンを押せば音楽が流れます。

次に、自動再生設定を行います。

  1. スライドに表示されているオーディオマークをクリックし、再生ボタンを押します。
  2. 「オーディオツール」内の「再生」の「開始」欄を「自動」に変更します。
  3. 「スライドショーを実行中にサウンドのアイコンを隠す」にチェックをします。

これにより、希望の音声を自動再生することができます。

9.スライドの背景を変えたい場合

スライドの背景は白色だけでなく、自分好みやプレゼンテーションの内容に合わせてカスタマイズすることもできます。背景を変えたい場合は、次の方法で行います。

  1. 「デザイン」タブを選択して「テーマ」の中から使いたいものをクリックします。
  2. 選択したテーマの背景がスライドに反映されます。
  3. 適用されたテーマの背景を別の色に塗りつぶしたい場合は、「デザイン」の「背景の書式設定」を選択します。
  4. 「背景の書式設定」画面が表示されますので、「塗りつぶし」を選び、希望の条件に変更し閉じます。

これにより、背景色をテーマにも変更できますし、テーマを元にオリジナルの背景にカスタマイズすることもできます。あまり濃い背景にしてしまうと、文字色を変えないと見えづらくなることもあるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「パワーポイントのスライドショーの基本操作と効果」について紹介いたしました。スライドショーの実行方法や、基本操作など、実際に1度操作してみると大抵のことはマスターできます。しっかりと万全の状態を行い、良いプレゼンテーションができるようにしましょう!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e23cddedba00c063db7feb19728aee7e_t

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …

Facebookでのご購読が便利です