パワーポイントをPDFデータに変換する方法とPDFを貼り付ける方法

LINEで送る
Pocket

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3ol

パワーポイントを便利に使えるようになることで、よりクオリティの高いプレゼン資料やPOPなどが作れます。ここでは「パワーポイントをPDFデータに変換する方法とPDFを貼り付ける方法」について紹介いたします。

パワーポイント⇔PDFの変換方法などが分からず困っていた方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.パワーポイントをPDFデータに変換する方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-4-09-22

出典:https://products.office.com/ja-jp/powerpoint
パワーポイントで作った資料などをPDFデータに変換したい場合は、下記の方法で行います。

  1. パワーポイントのファイルもしくはOfficeを開き「名前を付けて保存」を選択します。
  2. 「名前を付けて保存」画面が表示されますので、「ファイルの種類」をPDFに変更します。
  3. 画質を変更したい場合は「標準」から「最小サイズ」へ変更することも可能です。
  4. 保存後すぐに確認したい場合は「発行後にファイルを開く」にチェックを入れます。
  5. 保存ボタンをクリックします。

これにより、パワーポイントのデータをPDFに変換できます。この方法はパワーポイント2007以降で使えます。パワーポイント2003以前のバージョンの場合は、PDFに変換するフリーソフトを利用する必要があります。

1.PDFをパワーポイントに変換する方法

PDFをパワーポイントに変換して保存したい場合は、下記の方法で行います。

  1. 該当のPDFファイルを開き、ファイルから「その他の形式で保存」を選択します。
  2. 「MicrosoftPowerPointプレゼンテーション」を選択します。
  3. 「名前を付けて保存」画面が表示されますので、ファイルの種類が「PowerPointプレゼンテーション」であるのを確認して保存をクリックします。

これにより、PDFファイルをパワーポイントに変換して使うことができます。他にも、Adobeなどが提供しているソフトを使って、パワーポイントに変換する方法もあります。Adobeのソフトの場合は、パソコンからでもスマートフォンからでもPDFをパワーポイントへ変換でき、書式の再設定なども必要ありません。Adobeの「Adobe Acrobat DC」を使った変換方法は下記のとおりです。

  1. Acrobatで該当ファイルを開き、PDF書き出しツールを選択します。
  2. パワーポイントを書き出し形式にして、「書き出し」を選択します。
  3. パワーポイントファイルの名前を指定して、保存先を決めたら完了です。

その他にもパワーポイントに変換したいPDFファイルをドラッグ&ドロップするだけで、ファイルが変換されるSmallpdfなど、さまざまなソフトがあります。

2.パワーポイントにPDFを貼り付ける方法

1.PDFファイルを図としてパワーポイントに挿入する方法①

パワーポイントに貼り付けたいPDFファイルを1つの画像としてパワーポイントに挿入をする方法があります。操作方法は下記のとおりです。

  1. 該当するPDFファイルを開き、パワーポイントも開きます。
  2. パワーポイントの「挿入」の画像のなかから、「スクリーンショット」を選択します。
  3. ポインタが+になりますので、PDFファイルをドラッグし、パワーポイントに貼り付けたい範囲を選択します。
  4. スクリーンショットでの選択が終わると自動でコピーされていますので、パワーポイントに貼り付けます。

この方法のメリットは難しい知識や操作は必要なく簡単にできることと、パワーポイントに貼り付けたい範囲を自分で選択できることです。ただし、パワーポイントに貼り付けたPDFファイルの画像が粗いことが多く、画像の調節などが必要です。

2.PDFファイルを図としてパワーポイントに挿入する方法②

パワーポイントにPDFファイルを貼り付ける方法には、もう1つあり、1つのオブジェクトとして貼り付ける方法です。操作方法は下記のとおりです。

  1. パワーポイントの「挿入」から「オブジェクト」をクリックします。
  2. 「オブジェクトの挿入」画面が表示されますので、「ファイルから」にチェックをします。
  3. 「参照」から該当のPDFファイルを選択してOKをクリックします。

これにより、パワーポイントにPDFファイルをオブジェクトとして挿入し操作することができます。

3.パワーポイントで無料で使えるおすすめテンプレートサイト

ここでは、パワーポイントで使えるデザインが揃うテンプレートサイトを紹介します。

1.PowerPointFactory

PowerPointFactoryは、700点以上のイラストやテンプレートが揃うサイトです。主にビジネス系で使えるデザインが多く、シンプルデザイン、POPデザイン、ナチュラルデザインなどが揃います。なかには、可愛らしい動物イラストのテンプレートもあり、女性でも利用しやすいサイトです。テンプレートだけでなく、無料の素材も揃うので、プレゼン資料やPOP作りにも適しています。

2.KINGSOFT

KINGSOFTは、多くのジャンルの無料テンプレートを使えるサイトです。ビジネス、フォーマル、ポップ、メタリック、メルヘン、人物、医療、季節、宇宙、工業、愛情、生活、エスニック、シンプル、スポーツ、ナチュラルなど、幅広いジャンルが揃っています。

ビジネス向けプレゼン資料作りにも、広告やプライベートのイベント用ポップ作りにも役立つテンプレートがあります。どのテンプレートもデザイン性が高いため、クオリティ高い作品が作れます。

3.パワーポイントテンプレート

パワーポイントテンプレートは、ビジネス向けのテンプレートを揃えるサイトです。シンプルや日本、キュート、カラフルなどテーマはありますが、どのデザインも大人な印象ですので、ビジネス用のプレゼン作りにも使えるものばかりです。色もキレイでインパクトのあるデザインも多いので、聞き手の興味を惹いてくれる可能性があります。

4.PowerPointFreeDesign

PowerPointFreeDesignは、コールド、ホット、シンプルのジャンルに分かれたテンプレートが無料で使えます。女性ウケしそうなカラーリングにこだわったお洒落なデザインも多く、プレゼン資料にもPOPなどにも使えます。比較的シンプルなデザインが多いので、どんなテキストやオブジェクトも合わせやすいです。

5.PowerPoint119

クール、ナチュラル、ポップ、シーズンのジャンル分けがされたテンプレートが使えるサイトPowerPoint119。落ち着いたデザインが多く、シーンを選ばず使えるテンプレートが多いのが特徴です。1つのデザインに対してのカラーバリエーションも豊富なので、好きなデザインが見つかります。

6.bizocean

bizoceanは、ビジネスからプライベートまで使えるデザインテンプレートが豊富に揃ったサイトです。数が豊富で、デザインも幅広いため目的に合ったテンプレートが見つけやすいです。多彩なデザインから選びたい方におすすめです。

7.テンプレートBANK

テンプレートBANKは、500点近くのデザインテンプレートが揃うサイトです。ビジネス、和風、医療、介護、エコ、IT、工業、自然、結婚式、音楽、学校、健康、ファッションなど、さまざまなジャンルがあります。こだわりの強いデザインもありますので、用途に合わせて使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単な操作でパワーポイントをPDFに変換したり、PDFをパワーポイントに変換することができます。これにより、PDFファイルも効果的にパワーポイントへ取り込めますし、パワーポイントをPDFにすることで、印刷等もしやすくなります。活用してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です