パワーポイントの基本的なアニメーションの設定方法と効果

LINEで送る
Pocket

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s

パワーポイントの特徴の1つでもあるアニメーションを設定することで、より魅力的なプレゼン使用ができあがります。今回は、「パワーポイントの基本的なアニメーションの設定方法と効果」について紹介しています。パワーポイントを使い始めて間もない方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.パワーポイントの主なアニメーションの種類

ここでは、パワーポイントで使えるアニメーションの種類について紹介します。

1.「開始」アニメーション

指定した図形や文字がシートに登場する際のアニメーションを設定できます。説明と同時に登場させることにより、注目を集めることができます。写真や文字などをフェードインさせたり、ターンして画面に登場させたりできます。開始アニメーションは、アピール、フェード、スライドイン、フロートイン、スプリット、ワイプ、ズーム、バウンドなどから選べます。

2.「強調」アニメーション

プレゼンテーション中に特定の図形や文字を強調したい際に使うことがあります。最初から表示されていて、説明のタイミングに合わせてアニメーションが作動することで、見ている人がどこに注目したらいいのか分かります。急に文字を明るくしたり、写真がスピンしだしたり、図形が拡大したりできます。強調アニメーションは、パルス、スピン、シーソー、ウェーブ、拡大/縮小、透過性などがあります。

3.「終了」アニメーション

終了アニメーションとは、その名のとおり、選択した動きをしながら文字や図形が消えていくアニメーションのことです。長時間見せる必要がないものや、プレゼンテーションにハリを持たせるために使う場合があります。

文字をフェードアウトさせたり、写真を縮小させたりなどして画面から消せます。クリア、フェード、スライドアウト、ズーム、ターン、ワイプ、フロートアウトなど、さまざまな終了パターンを選べます。説明が終わるタイミングに合わせて消すことも可能です。

4.「アニメーションの軌跡」

アニメーションの軌跡は、図形や文字などを指定の動きで移動をさせ、注目させる効果があります。アーチ状に移動したり、写真がターンしたり、文字が画面上をループするように移動したりなどできます。直線、アーチ、ターン、図形、ループなどから選択することができます。特定の文字や図形がそれぞれの線と同じ動きをします。

2.アニメーションの設定方法

文字や図形にアニメーションを設定したい場合は、下記の方法で行います。

  1. アニメーションを設定したい文字やテキストを選択します。
  2. 「アニメーション」タブを選択し、「その他」を選択します。
  3. アニメーションのアイコン一覧が表示されますので、設定したいアニメーションアイコンをクリックすれば設定完了です。

アニメーション設定した文字や図形に、追加で別のアニメーションを設定することも可能です。
その際は、「アニメーション」の「アニメーションの追加」をクリックして、追加で設定したいアニメーションアイコンを選択します。さらに、「効果のオプション」を選択すると、設定したアニメーションの「方向」や「連続」を選択できます。左からフェードインするように設定したり、下からズームしたりなど、好みやシチュエーションに合わせて自在に設定可能です。

1.アニメーションを確認したい場合

設定したアニメーションがどう動くかすべてのシートを確認することができます。アニメーションを確認したい場合は、メニューの中にある「スライドショー」をクリックするか、アニメーションウインドウの中にある「再生」をクリックすれば、見ることができます。

2.回転のアニメーションを設定したい場合

特定の文字や図形に回転のアニメーションを設定したい場合は、次の方法で行います。

  1. アニメーションを設定したい図形や文字を選択します。
  2. 「アニメーション」の中から、「強調」の「スピン」を選択します。
  3. 「アニメーション」の「スピンダイアログボックス表示」を選択し、「スピン」画面を表示します。
  4. 「効果」タブを選択し、「量」欄でどれくらいスピンさせるかを細かく設定できます。
  5. 「タイミング」タブでは、スピンする時間や継続時間を設定します。
  6. 設定が完了したら、希望のスピンアニメーションを実行するようになります。

3.アニメーションの順番を変更したい場合

設定したアニメーションの順番を変更することも可能です。変更したい場合は、下記方法で行います。

  1. 順序を変更したいアニメーションのあるスライドを選択し、アニメーションを選択します。
  2. 画面右にあるアニメーションウインドウで順序を変更したいものを選択します。
  3. 「順番を早くする」「順番を遅くする」どちらかをクリックすることで、順番の変更ができます。

これにより、アニメーションを確認する中で、順番を変えたくなったらすぐに変更できます。

4.アニメーションの動くタイミングを設定したい場合

アニメーション効果をどれくらい継続させるか、どんなタイミングで登場させるかなど、好みに合わせて設定することができます。設定方法は下記のとおりです。

  1. 継続時間などの設定をしたいアニメーションを選択します。
  2. 「開始」のアニメーションを設定したい場合、開始方法も設定ができます。「クリック時」「直前の動作と同時」「直前の動作の後」から希望の開始方法を選択します。
  3. 継続時間時間を設定したい場合は、アニメーションを選択し、メニューの中から「継続時間」を選択し、▼▲ボタンを押し希望の時間に変更できます。
  4. アニメーションを少し遅らせて実行したい場合は「遅延」ボタンをくりして、▼▲ボタンで出遅れる時間を調整できます。

これらの方法により、アニメーションの実行タイミングを自由に変更できます。

3.パワーポイントで使える簡単小技

ここでは、パワーポイントでプレゼン資料などを作成する際に役立つ小技を紹介します。

1.画像圧縮機能

プレゼンテーションに使う画像を大量に載せてしまうと、ファイルサイズが大きくなりすぎて、パソコン動作が重くなってしまうことがあります。そんな時は「画像圧縮機能」を使うことで、ファイルサイズを小さくすることができます。

  1. サイズを小さくしたい画像を選択します。
  2. 「図ツール」の中から「書式」を選択し「図の圧縮」を選びます。
  3. 「画像の圧縮」画面が表示されますので、「解像度の選択」欄の「ドキュメントの解像度を適用」にチェックを入れてOKを選択します。

この操作を行うことで、画像のサイズを小さくすることができ、ファイルのサイズも抑えれます。パソコン動作が重くなることも防げる可能性があります。

2.スライド中に使えるショートカットキー

スライド中にマウスで操作しなくても、ショートカットキーでページ切り替えができます。

  1. 前のページに戻る・・・「BackSpace」
  2. 次のページに進む・・・「Enter」
  3. 特定のページに移動・・・「Enter」+「移動したいページ番号」

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「パワーポイントの基本的なアニメーションの設定方法と効果」について紹介いたしました。アニメーション効果を入れることで、パワーポイントで作った資料を、見ている人に、より魅力的に訴求することができます。たくさんの種類の中から、好みやシチュエーションに合わせて、簡単にアニメーションを設定できますので、使ったことがない方は、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です