パワーポイントで動画・アニメーションを活用しよう

LINEで送る
Pocket

powerpointはWindowsのOSの開発会社が開発しているプレゼンテーションソフトのことを指します。
元々はMac用に開発されたものですがもちろんMacOSやiOSにも対応しています。

オフィスの一連の作業には必要とされる数種類の中のソフトにも位置付けられており、
2010年以降は,ソコンにオフィス用のソフトウェアとしてプレインストールされるケースも多くなって来ているようです。

他に単体として使用期限付きのパッケージも販売されているとされます。

機能としては企画書の作成やプレゼンテーションの資料を効率的に作成することができ、それらを使って説明する際にも色々な要素と連携して作業を行うことが可能になっています。

表やグラフ、図表を使って視覚的にアピールすることができテンプレートとなるデザイン要素も多く用意されています。

企画やアイデアなどの発表も対面式の説明は勿論のこと大きなプロジェクターを使った説明も行うことが出来ます。

効果的な使い方を覚えて、ぜひより良いプレゼンテーションを行いましょう。

7ca81096a5d6890fca0629997f12f049_s

スポンサーリンク

powerpointで動画を利用するには

powerpointはスライドを作製できる機能がありこれに従ってイラストやデジカメで撮った写真や表計算ソフトで作成した図表やグラフなどを貼り付けることができ、大きなスクリーンに投射して説明することも出来ます。

又、静止画に留まらず動画や音声も埋め込むことができてバックグラウンドミュージックを背景に流すことも可能なものです。

文字やオブジェクトには移動したり途中から現れるような効果を持つアニメーションも設定することが出来ます。

オフィスツールは全部同一の会社が開発したものとも言え、1つのソフトの操作方法を覚えるとあとは同じような感覚で作業を行えるといった性質を持っているので覚えやすい一面もあります。

動画でより分かりやすくしよう

2010年版では動画の編集作業も行えるようになっていて動画の先頭部分と末尾のトリミングが1コマごとに行え、最適な長さに調整することが出来ます。

再生される動画のある場面を使ってその表紙にすることも出来、これによって配布される資料も何の資料かよくわかるようになります。

ビデオの余分な部分をカットしたい場合には再生タブでビデオのトリミングボタンをクリックすることで再生位置の設定も行えます。

ビデオに枠を付けたり傾ける設定を行うことも出来ます。その為に多くのビデオスタイルがテンプレートとして用意されています。

編集作業が終わるとスライドショーのモードに替えれば確認でき再生ボタンで再生が始まります。

インターネットでプレゼンテーションを共有できるようになり、スライドのリンクを送信したりリンク会議を開始して音声とメッセージを共有することもできるようになりました。従って出席する人は色々なデバイスを使いながら会議に参加することができます。

powerpointへ動画を埋め込むには画面において適当なファイルを選択します。それから挿入ボタンをクリックするとスライド上で再生や編集が行えるようになります。

埋め込みの場合にはファイル容量は大きいものの元ファイルの影響を受けませんが、リンクの場合は容量は軽くなるものの削除された場合には再生できません。

プレゼンテーションが魅力的になるpowerpointのアニメーション機能

3636fe71656dbf99f97c188f732a257b_s

より伝わるプレゼンのために

プレゼンテーションを行うなら、単に文字やグラフを羅列するよりも、動きや演出を採り入れた方が分かりやすくなります。

powerpointは、プレゼンテーション作成の定番ソフトウェアですが、ただ説明したい情報を並べるだけでは、本来の価値は引き出せていないと考えられます。

価値とは、プレゼンそのものの効果であったり、powerpoint自体の使いこなしも含みます。
効果的なプレゼンテーションを学び、もっと分かりやすく人々の記憶に残したいのであれば、アニメーションを習得することがおすすめです。

アニメーションといっても、パラパラ漫画のように手間が掛かるものではなく、ボタン一つで動きを付けられるのが特徴です。

勿論、イラストを複数枚作成して、これをアニメーション素材に活用することも出来ます。

しかし、プレゼンは時に作成のスピード勝負で、手間を掛けることが目的ではありませんから、簡単に効果的なアニメーションを実現するのが理想的です。

powerpointには、標準で強力な機能が備わりますから、一つずつ試行錯誤して覚えたり、本番で使いこなせるようになるのが良い所です。

どのようにアニメーションを加えるのか

powerpointでは、文章やグラフ、イラストの一つずつをオブジェクトと呼び、オブジェクト単位で効果を設定することが出来ます。

移動しながらフェードインする演出は、これから説明する内容をリストアップしたい場合に最適です。

ちょっとした工夫ですが、プレゼンテーションの現場では当たり前に採り入れられているので、何時でも使えるように身につけることが大切です。

設定でオブジェクトに動きを付けた、でも何だかインパクトに欠けて物足りないなら、音声を付けて演出を強めるのが有効です。

音声は、適用出来る効果の中から、予め用意されているサウンドを選択するだけと設定が簡単です。

音を効果的に採り入れると、意識が他に向いている人の興味を惹き付けられるので、再びプレゼンテーションに引き戻すことが出来ます。

当然ですが、頻繁に同じやり方の多用を行なえば、見ている人はマンネリを感じて飽きてしまいます。

大きな効果は、ここぞという時にインパクトを生むので、適材適所を考えながら演出を検討することがポイントとなります。

今説明している項目を教えて、プレゼンテーションから取り残される人を出したくない時は、現在地をさり気なく教えるアニメーションが役立ちます。

オブジェクトにターンを付けると、その場で回転するようになりますから、項目を説明する文章にアイコンを付けて、これをターンするように設定すると効果的です。

一方、似た効果にグローとターンもありますが、これは使いこなしがやや難しいといえます。
理由は簡単で、そのまま適用するだけだとチープに見られたり、むしろ一気に説得力が低下してしまうからです。

powerpointにおいて、プレゼンテーションを左右するのはどの機能も使いこなし次第ですが、効果が薄かったり、逆効果になる機能はなるべく避けた方が無難でしょう

チープ感を意図していれば、あえて積極的に使うやり方もありますが、通常は一通り使い方を覚えるまで控えておくのが得策です。

アニメーションは動きに過ぎませんが、使い方によっては説得力が増しますし、成功率が高められる可能性に繋がります。
リアルタイムで画面に演出効果を加えたり、タイミング良くボタンを押して効果音を鳴らす、こういった方法もあるにはあります。

上手に使いこなす

基本的に、powerpointは予め作成したページをめくり、画面の変化に沿ってプレゼンテーションを行います。

事前に効果を設定しておくと、プレゼンの担当者は求めるタイミングで欲しい効果が得られるので、目の前の説明に集中出来るようになります。

使いこなしにある程度の学習時間は必要ですが、今後も使えるテクニックとなりますから、上手い人を手本にしながらあれこれ試してみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。

多すぎるのは良くないですが、うまくアニメーションや動画でスライドに視覚的に彩りをつけることでプレゼンテーションは非常に伝わりやすくなります。

ぜひ、活用してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です