Home / IT資格 / PMP資格の基礎知識と取得のメリット、難易度

PMP資格の基礎知識と取得のメリット、難易度

Pocket

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

PMP資格をご存知でしょうか。世界中で認知度の高い資格の1つでもあります。国際資格で、日本のビジネスマンでも取得する方は少なくありません。ここでは、「PMP資格の基礎知識と取得のメリット、難易度」について、紹介いたします。

PMP資格に以前から興味を持っていた方や、プロジェクトマネジメントのスキルを磨きたい方、自身のスキルアップやキャリアアップに活かせる資格を取得したい方など、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.PMP資格の基礎知識、概要

 

ここでは、PMP資格の基礎的な内容や試験概要について、紹介いたします。

1.PMP資格の内容

PMPはPMIが認定している国際資格です。PMPはProject Management Professionalの略です。PMPは、プロジェクトマネジメントに関する知識や理解度を測るための資格です。企業の生産性を高めたり、商品やサービスの品質を高水準で管理するには、プロジェクトマネジメントの力が非常に重要という考え方から、1984年に資格ができ普及しました。

2012年段階で世界で49万人超の人がPMP資格を取得しています。PMP資格がシステム発注条件に含まれている場合もあります。

2.PMIとは

PMIは、1960年代にプロジェクトマネジメントを専門職として企業や世の中に認めさせたくて結成された組織です。PMIは、Project Management Instituteの略です。PMBOK Guide(A Guide to project Management Body of Knowledge)という標準書などを発行しています。

3.PMP資格取得のメリット:①自身のスキルアップ

PMPの資格を取得することで、体系的にプロジェクトを進めていくための仕事が身に付くので、普段の仕事にもすぐに活かすことができ、効率が上がります。今までのプロジェクトマネジメントの方法を、専門知識を得ることで、実務的にも何が効果的でそうでないのか、検証、改善ができます。自身のスキルアップだけでなく、周囲の人のプロジェクトマネジメント能力も上がる可能性があります。

4.PMP資格取得のメリット:②自身のキャリアアップ

PMP資格は世界中で認知されているプロジェクトマネジメントの資格でもあります。PMP資格を取得していることで、日本だけでなく海外でも一定の評価を得られる可能性があります。プロジェクトマネジメント力という形になりにくいスキルを、一定水準有していることを証明できるため、転職や社内でのキャリアアップに活かせる可能性があります。

各業界多くの企業でプロジェクト管理技能者が不足しており、転職活動には大きく役立つ場合があります。PMPの資格取得後は、名刺に資格名称を記載することもできますので、取引先やクライアントなど、社外の人からの高い信頼を得れる可能性もあります。企業によっては、PMP資格の取得を推進する場合もあり、取得後は企業から一時金や資格手当などが出る場合もあります。

5.PMP資格取得のメリット:③社外の人脈が広がる

1 2

スポンサーリンク

Check Also

MOS資格の基礎知識と最短で合格するための勉強方法とおすすめ参考書

MOS資格をご存知ですか。国内 …

Facebookでのご購読が便利です