Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / PC基礎知識 / 高画質を保った圧縮設定とは?写真を圧縮するサイトとソフト3選

高画質を保った圧縮設定とは?写真を圧縮するサイトとソフト3選

Pocket

Webサイトなどに貼り付けられている綺麗な画像について、高画質な写真だからかなりのデータ量があるのだろうと感じられていても思いのほかレスポンスが早く、どうして高画質の写真(=データ量が多くWebページなどではレスポンスが遅くなる)なのにと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった写真は意外にもサイズが小さく圧縮されていて、これにはオリジナルの写真での高画質な状態を維持したまま圧縮させるというオンラインの画像圧縮サイトを利用している場合が多くあります。

本記事では、画像圧縮の基本情報から各種の環境にてどの様に圧縮する事が出来るのか、またオンラインにて高画質のまま画像圧縮を行う事ができるサイトのご紹介という流れでご説明させていただきます。

スポンサーリンク

写真圧縮時の基礎知識

写真の圧縮はいろいろな方法がありますが、単純にサイズを圧縮してしまうとオリジナルの写真よりデータ量が少なくなる事から写真が不鮮明になったりするので、Webページ等で綺麗な写真として利用出来なくなってしまいます。

これらの従来から存在している画像圧縮の欠点を技術的に補完したものが現在画像圧縮サイトなどで利用されている圧縮技術となり、圧縮前と圧縮後で画像を比較しても、それほど劣化に気づきにくいという優れた技術が手軽に利用することができます。

では、画像圧縮に関する基本的な情報を整理してご説明致します。

jpeg/png/gifの圧縮に関する特徴

画像圧縮の技術としては、以前より利用されているものと新しく開発されたものがありますので、その種別毎にご説明致します。

jpeg

広く利用されている画像圧縮技術となり、不可逆圧縮技術を利用して鮮明な写真といった大容量データを圧縮して小さいサイズにする事が可能です。

1670万色を再現可能であり、画像そのものを8ドット×8ドットの正方形として認識、その正方形(ブロック)を1色として元画像に近い色を付けて全体を再構成します。

この時に滑らかな色彩の変化がブロック状の変化となり、その部分のデータが捨てられてしまうので写真の画質は圧縮率が高くなると画質が低下するといった事が生じてしまいます。

png

webページで利用される写真でよく利用される画像圧縮技術となります。jpegと同じ1670万色での再現が可能であり、かつjpegとは異なる可逆圧縮技術を実装しています。

この可逆圧縮は圧縮データから元の画像データへの復元が可能となっており、背景透過という機能を持っていますのでより豊かな色彩情報を保持させる事が可能です。

1996年に公開された比較的新しい技術であり、Webページ等で多く利用されていますが、データ量がjpegより多い為、ファイルサイズもやや大きくなります。

gif

256色での再現となる為、写真等の再現性はjpegやpngに対して大きく劣る事となるのでロゴやイラストといったあまり繊細な色彩を再現する必要が無い場合に利用する圧縮技術となります。

可逆圧縮技術となり再現可能な色数がjpeg等と比較して少ない代わりに圧縮時のデータ容量が少ないという利点があります。

圧縮率とは

圧縮率とは、元のサイズと比較して変更した画像のファイルサイズがどの程度小さくなったのかを示す割合です。圧縮率を高くすることで写真データ自体のデータ量は少なくなりますので、Webページ等ではアクセス時のレスポンス時間に与える影響は少なくなります。

しかし、圧縮形式によっては部分的にデータを破棄する事も発生する事になり、元の写真データの再現性という観点ではやや難がある場合もあります。

画質と圧縮の関係性

画質と圧縮の関係性は、jpeg画像とpng画像によって異なります。

jpeg形式であれば写真データの圧縮率を高めてデータ量を少なくしていくことは、画像自体の色彩データが減少する事となりますので、圧縮効率を高める事は画質の低くなるという相関関係が生じます。

png形式であれば可逆性圧縮なので元のデータ量を減少させずに格納形式を変える圧縮となりますので画質の劣化は生じない事となりますが、圧縮効率をより高めることが出来なくなります。

office製品で写真を圧縮する

Microsoft社製の統合アプリケーションとなるofficeにて写真を圧縮する方法は下記の通りです。

  • 標準実装されている「図のツール」を選択
  • 図の圧縮を選択
  • 表示される画像の圧縮を実行

また、Office文書であれば、その文書に含まれる写真データを全て圧縮対象とするか、選択したものだけを圧縮するかの選択も可能です。選択できる圧縮効率は下記の4つがあります。

  • 印刷用(220ppi)
  • 画面用(150ppi)
  • 電子メール用(96ppi)
  • ドキュメントの解像度を適用

iPhoneのメールアプリで写真を圧縮する

iPhoneに標準で搭載されているメールアプリ「メール」において、写真を添付して送る際にも画像を圧縮して送る事が可能です。方法は下記の通りです。

  • メールを作成して文字入力欄を長押しする
  • 「写真またはビデオの挿入」を選択
  • メールに添付する写真データを選択
  • 「大」、「中」、「小」、「実際のサイズ」(無圧縮)のいずれかを選択

上記手順でiPhoneのメールアプリにおいて、画像を圧縮して送付することができます。

Androidのメールアプリで写真を圧縮する

Androidにて標準実装されているEメールアプリにおいても、下記の手順で画像を圧縮して送付することができます。

  • メール作成時に画面右上に表示されているクリップアイコンをタップ
  • 添付する写真データを選択
  • 添付する写真を選ぶと「画像サイズを変更」のメニューが表示される
  • 「元の画像」(無圧縮)、「中」、「小」のいずれかの圧縮率を選択

写真を圧縮できるウェブサイト3選

写真のデータをオンラインにて圧縮できるサービスを提供しているサイトがありますので。こちらでご紹介致します。

Optimizilla


出典:Optimizilla

このサイトでは圧縮したいファイルをサイトにドラッグ&ドロップすると自動的に圧縮されて、圧縮の前後の写真を比較表示してもらえます。

圧縮後の写真に関しても解像度をマニュアルにて変更できますので、使い勝手は良いのではないでしょうか。

参照先リンク  https://imagecompressor.com/ja/

画像を縮小する!


出典:画像を縮小する!

このサイトは1度に5ファイルまで圧縮ファイルを設定する事が可能となっていて、縮小する!というボタンを押す事で圧縮されたファイルがサイト下部に表示されます。

JEPGに変換するというチェックボックスがありますので、pngやgifファイルを圧縮と同時にjpeg変換も行う事が可能です。

参照先リンク  https://resizer.myct.jp/

iLoveIMG


出典:iLoveIMG

このサイトは圧縮するファイルを選択するかドラッグ&ドロップして、画像を圧縮するというボタンを押すと圧縮が行われます。

圧縮されたファイルがどの程度サイズダウンしたかが表示され、圧縮ファイルをダウンロードしてもらう事となります。

参照先リンク  https://www.iloveimg.com/ja

画像圧縮ソフトウェア3選

写真データのオリジナル画質を可能な限り維持しつつファイルサイズを縮小する圧縮ツールもいろいろと開発されています。

こちらでは無料で利用できる圧縮ツールを3つご紹介させていただきます。

縮小専用。

圧縮したいファイルをドラッグ&ドロップにて圧縮する事が可能な簡単な圧縮ツールです。

jpegの写真データをファイルサイズ指定して圧縮する事が出来る機能を持ち、彩度調節によりデジタルカメラの写真を綺麗に調整して最適化する事も可能な多機能な圧縮ツールです。

リサイズ超簡単!Pro


出典:freesoft10

圧縮時の設定値を任意に設定できる機能を持つ圧縮ツールとなります。

指定値は写真全体のパーセント設定の他縦横の比率指定でも圧縮可能となっており、jpeg/png他のファイル形式変換も行う事が可能です。

Caesium


出典:free soft100

オリジナルの画質を維持しつつ圧縮できる機能を持つツールです。

圧縮比率の数値指定の他ファイルの形式変換やリサイズ機能も持っており、圧縮前後の写真を比較できるプレビュー機能もあります。

まとめ

ファイル圧縮に関する情報と簡単に利用できる写真を圧縮できるサイトのご紹介、圧縮機能を持つアプリケーションのご説明をさせていただきましたが、お役に立つ項目はありましたでしょうか。

Webページ等に掲載する写真は鮮明でありかつデータサイズは小さくといった背反する条件となりますので、画質を維持しつつファイルサイズを抑える圧縮ツールを上手くご利用いただける様に当記事がお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

パソコンのGPUって何?GPUの役割と存在感をましている理由

パソコンの「GPU」というパー …

Facebookでのご購読が便利です