Home / 地デジ / パソコン用地デジチューナーの商品比較

パソコン用地デジチューナーの商品比較


パソコン用の地デジチューナーは、多くのメーカーから様々な製品が販売されています。

インターフェイスはUSB2.0やPCI、ワイアレス方式など複数のタイプがあるようです。

ノートパソコン用、デスクトップパソコン用とで使えるタイプが異なるので、使用しているパソコンのタイプに合わせて購入したいところです。

ここでは、各メーカーから販売されている地デジチューナーの製品をピックアップして、比較しながら紹介していきます。

スポンサーリンク

地デジチューナーとは

地デジチューナーは地上デジタル放送の電波を受信する機器のことで、テレビやパソコンでデジタル放送の番組を視聴するために必ず必要となる機器になります。

発売しているテレビのほとんどが地デジチューナーを内臓しており、特に意識せずとも地デジ放送を視聴することができます。

しかし、パソコンやスマートフォンでテレビを視聴したいときには、パソコンやスマートフォンに対応している地デジチューナーを購入し、地上デジタル放送の電波を受信することが必要になります。

地デジチューナーを選ぶ際には、メーカーごとに商品を比較することをおすすめします。それでは、早速見ていきましょう。

人気のパソコン用地デジチューナー製品が多いピクセラ社

ピクセラ社には、人気の売れ筋製品となっている地デジチューナーが多くあります。

需要に応じて機能性に富んだタイプやリーズナブルなタイプなど、ニーズに応じた複数の製品が受けて、上位の製品として人気があるようです。

XIT-STK100

XIT-STK100」は、WindowsとMacでテレビ視聴ができるようになるテレビチューナーです。

USB端子タイプの製品で、パソコンのUSB端子にXIT-STK100を接続するだけで、すぐに地上波の視聴を楽しむことができるようになります。

XIT-STK100が地上波デジタルを直接受信するため、インターネット回線も不要です。

録画機能などは不要で、テレビの視聴を気軽に楽しめるようにしたいという方は、XIT-STK100が一番おすすめです。

XIT-AIR110W

XIT-AIR110Wは、地上波・BS・CSの3波対応のテレビチューナーです。

家のネットワークルーターとアンテナ端子に本製品を接続すれば、家のネットワークに接続されている全ての端末からテレビ視聴ができるようになります。

また、外付けHDDを接続すれば録画機能も利用可能になり、外出先からテレビのリモート視聴を楽しめるなど、テレビライフが充実するおすすめ製品です。

XIT-BRK110W

XIT-BRK110Wは、Windows/Mac向けのテレビチューナーです。

地上波・BS・CSの3波対応となっており、内部に1TBのHDDを搭載しているため、1,500時間程度のテレビ番組を録画することができます。

BDやDVDへの書き出し機能もあるため、テレビ番組を録画することが多い方は、XIT-BRK110Wの利用をご検討ください。

PIX-DT295

こちらの製品は生産が終了となっています。

PIX-DT295はUSB接続タイプのテレビチューナーです。特にWindowsPCをお持ちの場合はこちらの製品がおすすめです。

USB接続で地デジチューナーを差し込むだけで、テレビを視聴できるほか、同一のネットワーク回線でつながっている端末であれば、スマートフォンやMac環境からでも地上デジタル放送を視聴することができます。

また、視聴だけでなく録画もPIX-DT2951台で対応することができます。WindowsPCをお手元にお持ちの方は迷わずこちらの製品に決めてしまっても良いでしょう。

PIX-DT300

こちらの製品は生産が終了となっています。

PIX-DT300は外出時にテレビを視聴する機会が多い人に最適化された製品です。

地デジチューナーはどの製品も基本的にある程度のサイズがありますが、PIX-DT300はUSBサイズまでコンパクト化されており、外出時も負担なく使用することができます。

また、ご家庭でもアンテナ端子に接続することで、安定して地上デジタル放送を視聴することができます。

前出のPIX-DT295もUSBポートに差し込むタイプではありますが、DT300と比較をするとサイズは大きめになります。

現在はWindows、Androidの端末で使用が可能です。お使いの端末がどちらかのOSに対応している場合は、こちらの地デジチューナーと一緒に外出時でもパソコンやスマートフォンでテレビを視聴できるようにしましょう。値段も安く、視聴だけで十分な人にはちょうど良い製品です。

PIX-DT350-PL1

こちらの製品は生産が終了となっています。

iPhone や iPad をお持ちの方には、PIX-DT350-PL1 がピッタリです。

さきほどのDT300と同様、この製品も外出時にテレビを視聴する機会が多い人に最適化された製品です。

iPhone 5 や iPad mini with Retina Display 以降のiOS製品についているLightningと呼ばれるコネクターに接続することで、地上デジタル放送を快適に視聴することができます。

PIX-DT460

こちらの製品は生産が終了となっています。

PIX-DT460は、パソコンのテレビ視聴環境にこだわりたい方に最もおすすめした商品です。こちらはデスクトップパソコンンのPCIに接続する、内蔵型地デジチューナーです。高機能型で、追っかけ再生や、ダブル録画といった痒い所に手が届く機能を備えています。

ハイビジョン画質で地デジ、BS、CSの放送を受信することができます。また、本製品と同様にPCIに接続するタイプの地デジチューナー(ピクセラ社製品)とを2枚同時に併用することができ、その場合4番組を同時に録画することができます。

プロ野球中継を全ての番組で録画したい、また、録画したい番組が複数重なってしまっている場合にはこちらの製品をWindowsに組み込むことで、理想的なパソコンでのテレビ視聴環境を手にすることができるでしょう。

安価な製品が人気のKEIAN

KEIANは、安い製品が人気のラインナップに入っているメーカーです。

性能面ではいまいちと評価されてはいますが、値段の安さからみると及第点の製品であるとの声もあります。

KEIANの地デジチューナー

KTV-FSUSB2/V3
ワンセグと地デジが視聴可能で、価格が4000円台という手ごろな製品です。機能面での不足する点はあるものの、視聴だけなら問題ないレベルと評価されています。

KTV-TWPCIE
MediaCenter専用と使用できる環境が限定されていますが、地デジのほかにBSやCSも視聴可能なチューナーです。安価で購入可能なので、使える環境であればおすすめの製品になっています。

安定性にやや難があるIO-DATA

IO-DATAは、パソコン業界ではおなじみのメーカーになっていますが、地デジチューナーにおいてはあまり評判がよくありません。

安定して性能を発揮できる環境が制限されているようで、不適合の環境の場合は、思うような視聴ができないようです。

IO-DATAの地デジチューナー

GV-MVP/XS3W
値段の割に十分な性能を発揮できないと評されている製品です。相性の問題のせいか、視聴できる環境が限られています。

テレキング GV-MVP/FZ2
PCとの相性が極端に制限されているようで、安定性に関してはあまりいいとは言えないようです。適合すればそれなりの視聴環境を実現できます。

どれを選ぶか、明確な基準を決める

いかがでしたでしょうか?パソコンでテレビを見たい時には地デジチューナーが必要になりますが、初めて購入する時にはどの製品が良いか迷ってしまいますよね。

業界をリードするピクセラ社の製品であれば、使い心地、品質、サポートどれをとっても心配ありません。あなたのニーズに合わせた商品ラインナップが用意されていますので、是非一度オンラインショップを覗かれてはいかがでしょうか?

製品を比較すると、優れている点や難点があるものがありますが、機能としてこれを使いたいというものを決めておくと候補を絞りやすいでしょう。あなたの求めている地デジチューナーが見つかるよう願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

地デジアンテナの方向を調整する方法

地デジアンテナを設置する時に方向を調べる方法

家庭用の地デジテレビアンテナの …

Facebookでのご購読が便利です。