OpenStackとは?OpenStackのアーキテクチャの特徴とメリット

LINEで送る
Pocket

30b453985347d2b851dc8344e335c1db_s

OpenStackという言葉はご存知ですか。近年注目されているソフトウェアです。ここでは、「OpenStackとは?OpenStackのアーキテクチャの特徴とメリット」について紹介いたします。言葉は聞いたことがあるけど、イマイチ中身に関して理解できていないという場合は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.OpenStackとは

fa0feae628068335f3aa0af110588f5d_s

OpenStackは、infrastructure as a Service(IaaS)の環境を構築するために使う、オープンソースのソフトウェアです。2010年にNASAとRackspaceHostingのプロジェクトとして誕生しました。物理サーバを仮想化技術を使い、複数の仮想マシンに分けます。IaaS環境の構築の際には、ネットワークやストレージ、サーバを仮想的に利用できるようにします。

EucalyptusやCloudStackと同じように、クラウドOSのソフトウェアとして扱われます。多数のサーバを一体として運用、ITインフラを構築です、プライベートクラウドを構築して自社のシステムを運用したり、パブリッククラウドを構築して抱える顧客に自社のクラウドサービスを提供することができます。OpenStackを構成するモジュールは、仮想化基盤の制御を担うOpenStack Compute(Nova)、仮想マシンイメージなど保存できるオブジェクトストレージのOpenStack Object Storage(Swift)、

仮想マシンイメージ管理を行うOpenStack Image Registry and Delivery Service(Glance)、利用者の認証やアクセス権限の管理、統合認証機能を提供するOpenStack Identity(Keystone)、モジュールの動作状況や操作ができ、ユーザー、管理者用のウェブダッシュボード機能のOpenStack Dashboard(Horizon)、

ネットワークの仮想化、管理を行うOpenStack Netwoking(Neutron)、仮想マシンのブロックストレージを制御するOpenStack Block Storage(Cinder)、システムの使用量や使用状況の記録と計測を行うOpenStack Telemetry(Cliometer)、

アプリケーション環境の構築を自動化するOpenStack Orchestration(Heat)などがあります。特に利用される中心的な機能は、OpenStack Compute(Nova)とOpenStack Object Storage(Swift)です。

2.OpenStackのアーキテクチャの特徴とメリット

1.プライベートクラウドにもパブリッククラウドにも対応

OpenStackを利用すると、自社のシステムでもAWSのようにIaaS基盤のを作ることもできます。これにより、外部へ向けてパブリッククラウドの提供者として事業を行うことも可能です。サードパーティとの連携も可能で、IaaS基盤のAPIを公開することもでき、プライベートクラウドにもパブリッククラウドにも対応できます。

2.モジュールが独立しているので必要な機能のみ利用できる

OpenStackは、それぞれのモジュールが独立していますので、必要な機能だけを利用することができます。そのため、システムを柔軟に構成することが可能です。

  1. OpenStack Compute(Nova)
  2. OpenStack Object Storage(Swift)
  3. OpenStack Image Registry and Delivery Service(Glance)
  4. OpenStack Identity(Keystone)
  5. OpenStack Dashboard(Horizon)
  6. OpenStack Netwoking(Neutron)
  7. OpenStack Block Storage(Cinder)
  8. OpenStack Telemetry(Cliometer)
  9. OpenStack Orchestration(Heat)

など、各モジュールの環境ごとに必要な機能、利用したい機能だけを使えます。

3.自動化対応

OpenStackは、マルチテナント型のセルフサービスを軸としたクラウドコンピューティングの環境を構築することができます。APIを使いツール同士を連携することによって、管理ツールを使ってステップを踏む作業もすべて自動化することができます。

2.おすすめクラウド

ここでは、おすすめのクラウドサービスを紹介します。

1.AWS(amazon web services)

クラウドサービスのなかでも多くの企業が利用しています。ストレージオプション、ネットワーク、データベースなど、多くのインフラストラクチャサービスがあります。50以上のサービスがあり、セキュリティはオンプレミスよりも優れていると認められています。プライベートクラウドとパブリッククラウドのハイブリッドクラウドにも対応していてので、安全に低コストで運用できます。

クックパッド、KDDI、KIRIN、docomo、ファーストリテイリング、ガンホー、SmartNews、ローソン、資生堂など多くの国内企業もAWSを導入しています。コストパフォーマンスに優れた利用料金で、サーバは1時間2円〜、ストレージは1ヶ月1GB10円〜です。オンラインストレージサービスは、使用容量分だけの利用料金となるため安く抑えることが可能です。

2. Google Cloud Platform

Googleが企業で使いノウハウの蓄積されたインフラやテクノロジーをサービスとして提供するGoogle Cloud Platform。Google検索やYouTube、Gmailと同じインフラを低コストで利用できます。

使用量に応じてスケールアップ、ダウンができ、料金は使った分だけになります。数千マイルの光ファイバーケーブルやSDNなどを利用しているため、安定した環境で使用できます。仮想マシン、ビッグデータ分析、ブロックストレージ、BLOBストレージ、MySQLデータベースなど各サービス機能が充実しています。

3. Microsoft Azure

JavaScript、Python、PHP、Java、.NET、Node.jsなどのプログラミング言語やツール、フレームワーク、オペレーティングシステムなど幅広いサポートを行っています。従量課金制のため使った分しか料金がかからず運用コストを抑えることが可能です。

ストレージサービスだけでなくRDBサービスも提供しています。クラウドプライバシーに関する国際基準ISO27018も採用されています。ハイブリッドクラウドにも対応していて、複雑さとコストの両方を軽減できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「OpenStackとは?OpenStackのアーキテクチャの特徴とメリット」について紹介いたしました。さまざまなシステムやソフトウェアが次々と開発されるなかで、一つひとつの言葉の意味や内容、システムなどを理解していくのは大変ですが、理解することで、既存のサービスなどに対して新たな見方ができるようになる場合があります。

OpenStackを初めて聞いた方や、名前だけ知っていたという方は、これを機に、さまざまなシステムやソフトウェア、サービスを調べてみるとおもしろいかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です