Home / IT資格 / ネットワークエンジニアが取得したい資格一覧とメリット、難易度

ネットワークエンジニアが取得したい資格一覧とメリット、難易度

Pocket

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s

既にネットワークエンジニアとして働いている方も、これからネットワークエンジニアとして働きたい方も、資格を取得することで、自身のキャリアに活かせることもあります。ここでは「ネットワークエンジニアが取得したい資格一覧とメリット、難易度」について、紹介いたします。

ネットワークエンジニアとして取得しておくのが基本的な資格もあれば、自身のスキルを証明し高く評価されるものもあります。取得しておいて損することはありませんし、転職する際の役に立つ可能性もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. ネットワークエンジニアが取得したい資格一覧

7c886f1693dd084b876d29dc17896220_s

ここでは、ネットワークエンジニアが取得することで、スキルアップやキャリアアップに活かせる資格を紹介いたします。

1.ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、平成28年度の合格率が15.4%と難易度の高い国家資格です。ネットワークスペシャリストの資格を持つことで、業界内から高く評価を受け、転職やキャリアアップなどに役立ちますし、自身の大きなスキルアップにも繋がります。

エンジニアとして応用的な知識やスキルを有することを証明できる資格です。国内のネットワークエンジニアの資格のなかでも最上位に位置づけられています。テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系のそれぞれから、コンピュータ構成要素やソフトウェア、マルチメディア、ネットワーク、セキュリティ、システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術、サービスマネジメント、ビジネスインダストリなど、さまざまな知識が求められます。

ネットワークスペシャリストの資格を持つことで、最適な情報システムの開発や運用、保守、要件定義などで中心的な役割や技術支援を行える技能があることを示します。

2.情報セキュリティスペシャリスト試験

情報セキュリティスペシャリスト試験は、ネットワークエンジニア業界で評価の高い資格の1つです。国家資格になり、平成28年度で合格率14.9%と難易度は高いです。情報セキュリティスペシャリストの資格を取得することで、サイバーセキュリティ対策の分析や調査、評価を行ったり、安全な情報システムの開発、設計、企画、運用などの支援や助言が行えるようになります。

企業活動や法務、経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメントなどの知識も必要です。アルゴリズムとプログラミング、システム構成要素、システム開発技術、サービスマネジメント、システム監査、セキュリティ、ヒューマンインタフェース、データベースなど幅広い知識が求められます。

3.シスコ技術者認定

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【入門編】SAPとは?基礎知識とおすすめの勉強方法まとめ

業務が拡大すると財務管理や在庫 …

Facebookでのご購読が便利です