Home / Google / Android / mineoを解約したい!解約前の4つの注意点と5つの解約ステップ

mineoを解約したい!解約前の4つの注意点と5つの解約ステップ

Pocket

では、mineoを解約して、次の契約におすすめの格安SIMをご紹介致します。

①料金の安さ重視なら「DMMモバイル」

docomo、au、Softbankで使える上、料金の安さで選ぶなら、DMMモバイルです。月1GBのプランもあるなど、料金プランも豊富です。 月250円のSNSフリープランで、SNS系アプリのデータ消費なしで使える、DMM光のインターネットとのセット契約で月500円引きなどのプランがあります。またデザリングも使えます。

ただし、2017年から開始したSNSフリーの通信速度が遅い、3ヶ月に延長することもあるが、ポイントの有効期間が1ヶ月など、致命的なデメリットもあります。

②速度の速さばつぐん!「UQ mobile」

格安スマホの登場時期から現在まで、テレビでも頻繁にCMを流しているUQモバイルなので、名前を知っているという人は多いでしょう。

速度の速さで選ぶならUQモバイル!と評判が高く、時間帯によっては大手キャリア並の速度が出ます。またターボ機能を使えば、データ消費がない、テザリングも使えるというのは嬉しいです。

料金は安く音声通話とデータが両方ついても2680円という安さで、無制限に使えます。ただし、料金プランが3GBと無制限の2種類しかありません。

他の格安スマホなら別料金のSMS機能が無料でつけられるというメリットもあります。ですがau系しか契約できないというデメリットもあります。留守電つきの電話パックやメール、端末補償サービスはオプションとなります。

選べるスマホの機種や3GBと500bpsしかないなど、料金プランが少ないなどのデメリットがありますが、多くの人がこのUQモバイルを選ぶため、格安スマホ会社としては最高評価です。

③老舗のビッグロープが提供で安心!「BIGLOBEモバイル」

インターネットの黎明期からある老舗会社であるBIGLOBEが格安スマホにも参入しています。

BIGLOBEモバイルは、auとdocomo向けで、料金はそれほど安くないけれど、比較的通信の質がよく安定しているのがBIGLOBEモバイルです。ただし、速度の点では若干遅いという評判です。

料金の点ではそれほど安くなく、速度もそれほど早くないという評判があります。しかし、キャッシュバックなどの、キャンペーンも頻繁にやっている点と、AbemaTVやYouTubeなど、動画をよく見る人には、月額480円のエンタメフリー・オプションで動画が無制限に見放題となるのでお得です。

モバイルWi-FiやBIGLOBE光との契約で料金が安くなるセットもあります。いずれにしてもインターネット業界の老舗会社の技術という輝かしい実績には安心感があります。

まとめ

auとdocomoの回線で契約できる、格安スマホMVNO業者である「mineo」(まいねお)についてご紹介致しましたが、いかがだったでしょうか?

mineoは、通信速度も早いほうですが、ライバル会社のUQなどに比べると速度がまだまだ遅い、解約にお金がかからない格安スマホも多い中、1年以内の解約はMNP(携帯電話番号ポータビリティー)の転出手数料が12,420円など、解約を考えてしまう要素が多いのも事実です。

また、たしかに月の料金は安いですが、auとdocomoしか契約できないという点もネックです。

次に契約する業者を考える時は、料金の安さに加えて、通信速度の速さ、使いやすいなどのポイントを踏まえた上で契約したいですね。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です