見守りサービスの選び方とおすすめ見守りサービス6選

LINEで送る
Pocket

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

今回は、見守りサービスの選び方とおすすめ見守りサービス6選について紹介いたします。高齢化が進むなかニーズの高い見守りサービスを、多くの業者がおこなっています。実際に、見守りサービスを利用したい場合は、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか?

ここでは、見守りサービスを選ぶ際のポイントとおすすめの見守りサービスについて解説いたします。ぜひ、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

見守りサービスとは

1人暮らしの高齢者が増えていることもあり、「元気に生活をしているか」「安否はどうか」などの確認を、家族に変わって企業や公共施設の職員やスタッフが見守るサービスのことです。見守りサービスには定期的に自宅を訪問して健康状態などを確認する訪問型や、人体検知や動作検知などを備えたセンサーを利用し状況確認するセンサー型、カメラの映像でリアルタイムに状態を知ることができるカメラ型など、いくつものサービスがあります。高齢化が進むなか、多くの企業が見守りサービスを始めています。

見守りサービスの選び方

ここでは、見守りサービスを選ぶ際のポイントとなる点について紹介いたします。

予算で選ぶ

見守りサービスは最初にかかる初期費用と毎月払う月額費用がかかります。サービス内容やオプションによって異なりますが、月額費用は2,000〜4,000円程度が多いです。予算の関係がありますので、サービスの充実度と費用のバランスを取ったうえで、最適な見守りサービスを利用するようにしましょう。

見守り方法で選ぶ

見守りサービスには、社員やスタッフが自宅を訪問して対象者の様子を確認し報告してくれる「訪問型」や、人感センサーなどを設置し一定時間動いている様子を確認できない場合に、スタッフが訪問する「センサー型」。食事を届けると同時に対象者の状況を確認する「配色型」。

カメラとマイクを設置し、パソコンやスマートフォンでリアルタイムで対象者の状況を確認することができる「カメラ型」など、さまざまなタイプがあります。対象者と家族から一番不安と負担のない方法を選ぶようにすると良いでしょう。

業者の実績で選ぶ

多くの業者が見守りサービスをおこなっています。必ずではありませんが、業者の実績が多くあるほうが、安心感を得られるものです。見守りサービスを選ぶ際のポイントの一つとして、実績のある業者から選ぶことも大事でしょう。

おすすめの見守りサービス6選

ここでは、おすすめの見守りサービスを紹介します。

ピクセラ Conteホームサービス

ピクセラ社のConteホームサービスは、見守りと防犯を備えた内容となっています。人感や温度、湿度や照度、UV、振動などのセンサーを設置しているため、見守り以外にもホームセキュリティとして使用することができます。スマートフォンやパソコンなどから確認することもできます。

HOME ALSOKみまもりサポート

大手ホームセキュリティ会社ALSOKの提供するHOME ALSOKみまもりサポートは、高齢者向けの緊急通報、相談サービスです。シンプルで分かりやすいホームコントローラーを使って、ボタン一つでALSOKのガードマンが駆けつけてくれます。

健康や介護、医療などに関する相談を24時間いつでもすることができ、相談ボタンを押すだけでALSOKヘルスケアセンターへ繋がるようになっています。あらかじめかかりつけの病院などを登録することができ、救急車による搬送が必要になった場合に救急隊員に情報の引き継ぎができるようになっています。ホームコントローラーは大きな文字ボタンや聞き取りやすい音声や警報音となっており、据え置き設置も可能なので座りながらでも使えます。

有料にてセンサーによる感知の有無を確認して正常でも異常があった場合でも通知してくれるようにすることもできます。HOME ALSOKみまもりサポートは、さまざまな機能と、月額2,400円(レンタルプランの場合)というリーズナブルな価格も魅力なサービスです。

SECOM高齢者見守りサービス

SECOM高齢者見守りサービスは、基本サービスにプラスしたオプションサービスで取り扱っています。ペンダントタイプの通報ボタンにより救急信号を送ることができるサービスや、生活導線にセンサーを設置して、一定時間動きが確認できない場合に信号を発信しセコムが確認するライフ監視サービス。

セコムスタッフが月1回電話連絡をし健康状態などを伺い、必要な場合は看護師とも健康相談できるお元気コールサービス、かかりつけ医や介護事業者に連絡をするセコムマイドクタープラスなど、さまざまなサービスをおこなっています。

健康確認や安否確認だけでなく、センサーを使った空き巣対策や、火災を感知した際にブザーと信号が発信される火災対策、ボタンを押すだけでセコムが対応してくれる押し売り対策などもおこないます。SECOM高齢者見守りサービスは、見守りだけでなく、さまざまなな犯罪などからも高齢者を守ってくれるサービスです。

全日警ハッピーガードみまもりプラン

全日警ハッピーガードみまもりプランは、1人暮らしの高齢者に特化したリーズナブルな見守りサービスとなっています。体の不調を感じたり、住居内で異常を感じた場合にはボタンを押すだけで通報され緊急対処してもらえます。

また、一定時間動きが確認できない場合は自動通報されて、緊急対処をしてくれます。365日24時間いつでも対応してくれますし、月額料金も機器買い取りプランで3,200円、機器レンタルプランで5,300円となっています。

日本郵便みまもりサービス

日本郵便のみまもりサービスは、郵便局社員が直接自宅を訪問し、生活の様子を確認して状況の報告をしてくれる見守りサービスです。直接、顔を合わせて会話をしますので、電話などでは分からない細かい困っている点や、不安な点、体調不良などに気付くことができます。また、毎日の電話連絡による「みまもりでんわ」サービスも日本郵便はおこなっています。毎日同じ時間帯に連絡をし、体調確認をするものです。体調確認の内容は、家族にメールで通知されます。

東急セキュリティ シニアセキュリティ

東急セキュリティのシニアセキュリティは、緊急通報、健康相談、安否確認、生活支援の4つのサポートをおこなう見守りサービスです。自宅で一定時間動きがない場合は、設置したセンサーが反応し、警備員が駆けつけたり、保健師・看護師などの専門■を持つ相談員が電話にて病院検索、介護相談にのってくれたり、緊急を要する場合に緊急ボダンを押すことで警備員が素早く駆けつけるサービスなどをおこなっています。

長谷工あんしん見守りサービス

長谷工あんしん見守りサービスは、人感センサーなどを使い、家族が日々の様子をスマートフォンやパソコンから確認することができる見守りサービスです。緊急通報やあいさつ通知、ごようききサービス、メールサービスなど、簡単に操作できるボタン通報機と人感センサーによって、家族とサポートセンターに連絡が届くようになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、見守りサービスの選び方とおすすめ見守りサービス6選について紹介いたしました。多くの見守りサービスがありますので、利用する際は、予算やサービス内容など最適なものを選ぶようにしましょう。おすすめの見守りサービスのなかで、気になるサービスがあれば、ぜひ詳細も確認してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です