Home / Microsoft / Windows / MicrosoftExpressionEncoderの使い方

MicrosoftExpressionEncoderの使い方

Pocket

撮影した動画のエンコードと聞くと特に初心者の方には難しい印象がありますが、Windowsを利用している方の場合は、「Microsoft Expression Encoder」を利用すれば比較的簡単に実行することができます。

「Microsoft Expression Encoder」とは、マイクロソフト製のビデオエンコードソフトのことです。様々な形式の動画を、汎用性の高いWindows Media Player形式(.wmv)に変換することができます。また、「Microsoft Expression Encoder」には、デスクトップのキャプチャーをキャプチャーして、パソコンの操作動画などが作成できる「Microsoft Expression Encoder Screen Capture」が同梱されています。

ここでは、「Microsoft Expression Encoder」及び「Microsoft Expression Encoder Screen Capture」の使い方を説明します。まずは「Microsoft Expression Encoder」を、Microsoft Download Centerから入手することから始めましょう。

スポンサーリンク

「Microsoft Expression Encoder」での動画のエンコード方法

1.「Microsoft Expression Encoder」を起動します。
2.「トランスコードプロジェクト」をクリックします。
ExpressionEncoder_kidou
3.「インポート」をクリックし、エンコードしたい動画ファイルを選択します。
Encoder_import
4.右側の「エンコード」にてエンコード形式の詳細、「クリップ」にてエンコードする動画の開始(終了)時間、
「出力」にて出力先のフォルダ等を選択します。
*わからなければ初期設定のままでもかまいません。
5.「エンコード」をクリックします。
Encoder_encode
6.「終了」をクリックします。
「終了時」にジョブを保存するか聞かれます。ジョブを保存しておくと、作業を改めて再開することもできます。保存しなくてもかまいません。

「Microsoft Expression Encoder Screen Capture」でのパソコン画面のキャプチャ方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

prt scより使いやすい!snipping toolの3つの機能

スクリーンショット用のソフトと …

Facebookでのご購読が便利です