業界標準!マイクロソフトのオフィスについて

LINEで送る
Pocket

マイクロソフトは、パソコン用のOSが最も有名ですが、企業ではオフィスの知名度も優れています。
総合的なパッケージ製品オフィスの特徴は、企業内で高まるニーズから生まれ、今も進化を続けている点にあります。

ただ、過去の様々なバージョンの中でも、2010は非常に完成度が高いです。

本記事ではマイクロソフトのオフィスの特徴とオフィス2010の魅力を紹介いたします。

%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

スポンサーリンク

今も進化する業界標準のマイクロソフトオフィス

マイクロソフトのオフィスの変遷

1989年に登場した当初は、文章作成ソフトのワードのみで、そこから機能の拡充が行われています。

日本では、1993年に初登場して以来、20年以上実績を積み重ねているのが特徴的です。
英語圏とは違い、日本は日本語と英語が入り交じる文化なので、文章機能の扱いは本国と大きく異なります。

しかし、マイクロソフトは現地に法人を作ったり、幅広くニーズを汲み取ることによって、地域に合った製品作りに成功しています。

勿論オフィスもその一つで、日本でも成功していると評価出来ますし、今も業界標準なのは変わりありません。

例えば、コスト削減を理由に互換性のある無料の製品に乗り換えても、使い勝手が異なるのでマイクロソフトオフィスに戻した、という事例が少なからずあります。

これは、費用に見合う価値があることを意味しますし、互換ソフトでも完全な互換性を実現していないことが分かります。

何より、マイクロソフトの製品は今でも数多くあるオフィス互換ソフトを牽引する程パワフルですから、他社の製品が追い付くことは難しいと考えられます。

マイクロソフトのオフィスの魅力

当然ながら、無料の互換製品であったり、商用の互換ソフトも含めて選択肢に加わります。
ただ、製品を選ぶのはユーザーですし、対等に比較して選択出来ますから、比較的費用が高くても選ばれている事実は客観的な評価に結び付きます。

常に進化が期待されるマイクロソフトの製品は、オンラインベースの提供に移行を行い、環境を選ばず快適に使えるようになっているのが魅力です。

従来は、パッケージのライセンスを購入したり、端末毎に契約を結ぶのが一般的でした。
現在では、ユーザー単位で契約可能ですから、必要な分だけ料金を支払い、何処からでも快適に機能にアクセスすることが出来ます。

オフィスを代表するワードは製品を代表する顔で、進化が注目されますから、特に力を入れて開発されています。

シンプルな画面は今も健在ですが、パワフルな機能と安定性も変わらず、従来バージョンから乗り換える人も安心して使えます。

表計算ソフトのエクセルは、ワードと同じ位重要なソフトに位置付けられているので、こちらも安心かつ快適に使うことが可能です。

互換ソフトとの比較では、ワード以上にシビアな側面がありますから、表示や動作を重視するならマイクロソフト製一択となるでしょう。

競争が激しい互換ソフトの中には、本家に限りなく近い動作を行う物も登場していますが、それでも古いバージョンに追い付くので精一杯なのが実情です。

無料のソフトはコスト面こそ優位に見えますが、業務の安定性と効率が求められる現場ではそうとも限りません。

互換ソフト上でファイルを作り、それが一見して正常な表示に見えても、ファイルを渡した相手の環境で正しく表示されなければ問題です。

ファイルを渡してやり取りする、こういったことが業務では発生しますから、互換性を軽視しないで導入するソフトウェアを検討することが肝心です。

個人用途であれば、無料の互換ソフトでも目的に合致しますし、問題に直面するリスクが少ないので導入の判断は容易です。

逆に、企業は一つの選択が広範囲に影響を与えたり、長期的に影響を残す場合もあるので、慎重に判断して選択する姿勢が求められます。

信頼性はやはり、長く積み重ねてきたものに加えて、業界を牽引する勢いがある企業や製品に集まります。
一社が強い状態は価格の高止まりを引き起こすので、競争力のある互換ソフトの開発に期待感はありますが、まだまだ本家の力が強く今の状態は暫く続くでしょう。

今でも使えるマイクロソフトのオフィス 2010

パソコン②

2010が完成形との声も

マイクロソフトのオフィスは定期的に新しいバージョンが登場していますから、数年単位で乗り換えを検討するという意味でも有名です。

一方では、必ずしも乗り換えるケースばかりではなく、古いバージョンを長く使い続ける場合も少なくありません。

しかし、オフィスは既に完成度が高く、オフィス 2010位のバージョンであれば、殆ど完成形と見て間違いないでしょう。

現在、この製品の最新バージョンはオンラインで提供されているので、完全なオフライン環境では使えない、という根本的な問題があります。

更に、古いOSでは動作しない可能性もありますから、こういった場合に古いバージョンのニーズが高まります。

マイクロソフトとしては、セキュリティーや互換性、あるいは機能的な意味で最新バージョンを推奨していますが、実際には古いバージョンでも問題なく使えるケースが大半です。

勿論、常時オンライン環境で、最新に限りなく近いPCスペックであれば、なるべく最新バージョンへの更新を検討するのが理想的です。

所が、誰もが何時でもPCを買い換えられる予算があるとは限りませんし、まだまだ古い環境で作業が必要になることもあるでしょう。
このような時は、マイクロソフトが心配しているセキュリティーに配慮しつつ、オフィス 2010を導入して活用することが出来ます。

オフィス2010が使える理由

オフィス 2010の特徴は、今でも色褪せない機能が豊富にあること、そして古いPCでも快適に使える軽さがある二つです。

オンライン認証対応の製品なので、その点はオフラインで使う場合の気掛かりとなりますが、解決策は用意されているので安心です。

電話認証の選択を行なえば、一切オンラインに繋がなくても認証可能ですし、その後は使用中に認証が求められることもなくなります。

完全なオフラインな環境でも、オフィス 2010の認証を行ったり使い続けられるので、マイクロソフトが心配しているような、古い環境でのセキュリティー問題はまず発生しません。

むしろ、インターネットとは物理的に切り離せますし、しつこく認証が求められることもないので、業務そのものに集中出来る点が魅力となります。

互換性は気になるポイントですが、マイクロソフトの製品は基本的に新旧で互換性がありますから、大抵の環境では問題なくファイルを表示することが可能です。

新しいバージョンが出る度に乗り換える、これは最新の機能を活用したり、安全かつ快適に使用する意味で理想的でしょう。

ただ、毎回乗り換えるのはコストの増加に繋がりますから、使用中のバージョンが極端に古くなっていなければ現状のまま使い続ける、といった結論に結び付くのは必然的です。

つまり、オフィス 2010を使い続けても恥ずかしくはありませんし、それは多くのケースにとって自然な選択だと考えられます。

使い方に気を付けよう!

それでも、古いバージョンにはやはり安全に関する懸念がありますから、出来るだけマイクロソフトが推奨する使い方を行い、安全を確保してから活用することが大切です。

PCを買い換えたばかりで、ソフトウェアに費やせる予算もある場合は、最新バージョンに乗り換えるのが得策です。

逆に、PCが古くソフトウェアを乗り換える余裕もないなら、安全に使える方法を前提として上手く使うことをおすすめします。

オフィス 2010のメインサポートは終了しているものの、幸い延長サポートは2020年まで約束されているので、それまでは今まで通り使い続けることが出来ます。

OS自体が古い場合は、こちらのサポート期限切れも心配ですが、PCを物理的にインターネットから切り離しセキュリティー上のリスクを取り除いておけば、まだまだ現役で使えます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は主にオフィス2010を紹介しましたが、最新のものまで様々なバージョンがあります。

それぞれの特性を理解しつつ、最適なオフィス環境づくりに活用しましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です