Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / 安心システムで取引可能!メルカリ入金までの流れと振込申請方法3つ

安心システムで取引可能!メルカリ入金までの流れと振込申請方法3つ

Pocket

売上金の振込申請方法

出品者は売上金を指定の口座へ振込みしたい場合は、売上金の振込申請が必要です。振込申請方法は非常に簡単ですので覚えておきましょう。

1.振込申請をする

振込申請をする方法は下記のとおりです。

  1. メルカリアプリを開き画面左上の「設定」を開きます
  2. メニューが表示されるため「設定」を選択します
  3. 「設定」画面が表示されますので「売上・ポイント・クーポン」欄にある「売上・振込申請」を選択します
  4. 「現在の売上金」があることを確認したうえで「振込申請して現金を受け取る」をタップします
  5. 「振込先口座の指定」画面で必要情報を入力します(2回目以降は入力不要です)
  6. 「振込申請金額を入力」画面で希望金額を入力して「確認する」をタップします(211円〜)
  7. 振込申請内容を確認して問題がなければ「振込申請をする」をタップすれば申請完了です

2.振込スケジュールの確認

振込申請をする際は、事前に振込スケジュールを確認しておきましょう。振込スケジュールを確認しておけば、「◯日までに振込申請をすれば、△日に振込みされる」ことを把握できます。

振込スケジュールの確認方法は下記のとおりです。

  1. メルカリの画面左上の「設定」から、メニューの「設定」を選択します
  2. 「売上・振込申請」をタップして「振込申請履歴」の下にある「振込申請とスケジュール」をタップします

これにより、振込申請日と振込日の具体的なスケジュールを把握できます。

3.手数料について

振込申請で気をつけたいのが手数料です。メルカリでは、申請金額が1万円未満の場合は210円の手数料がかかってしまいます。

そのため、振込申請する売上金が少ない場合は振り込まれる金額もかなり少なくなってしまいます(振込申請500円−手数料210円=振込み290円など)。

振込申請の金額が1万円を超える際には手数料がかかりませんので、振込申請した金額がそのまま指定口座へ振り込まれます。手数料がかかることを考慮したうえで、振込申請をするかどうか判断しましょう。

入金以外の売上金の使い方

売上金は必ず振込申請しなければならないわけではありません。メルカリで商品を購入する際に使用することも可能です。

メルカリで商品を購入するのに使う

商品を購入する際に売上金を使用できるため、購入したい商品がある場合は振込申請せずに購入代金に充当してもいいでしょう。特に、売上金が1万円未満の場合は手数料がかかるため、そのまま購入代金に充てた方が手数料分お得になります。

出品商品が売れた後に購入したい商品がある場合は、充当して使う方法をおすすめします。充当金額は「購入手続き画面」の「売上金使用」欄で自由に設定が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。メルカリでは購入者がメルカリに購入代金を入金したことを確認した後、出品者は商品を発送します。そして、購入者が受け取ったことを確認したうえで、メルカリから出品者へ売上金の入金があります。

売上金は商品購入代金に充てることもできれば、振込申請により指定口座へ振込みすることも可能です。ただし、1万円未満の振込申請の場合は210円の手数料がかかりますので、注意しましょう。

早速、メルカリを始めて出品や購入をしてみましょう!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ビジネスの効率がグッと上がる!チャットワーク機能紹介と使い方ガイド

「メールのやり取りだとメッセー …

Facebookでのご購読が便利です