Mac miniにSSDを取り付ける理由と手順について

LINEで送る
Pocket

パソコン③

今回は、Mac miniにSSDを取り付ける理由と手順について紹介いたします。
非常にコストパフォーマンスの高い製品でもあるMac miniですが、標準搭載はHDDとなっており、軽快な動作を行うためにSSDを取り付ける人が多いです。

SSDを搭載する場合、新型に関してはAppleStoreに依頼、旧型は自身でカスタマイズが必要です。旧型モデルのMac miniを使っていて不便さを感じている方、SSDの取り付けを検討しているが方法が分からなくて困っていた方など、興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

Mac miniにSSDを取り付ける理由と手順について

ここでは「Mac mini各モデル」「SSDとは」「Mac miniにSSDを取り付ける理由」「Mac miniにSSDを取り付ける手順」について紹介していきます。

Mac mini各モデル

ローモデル 500GBハードドライブ
●プロセッサ:1.4GHz。1.4GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MBオンチップ共有L3キャッシュ ●ストレージ:500GB(5,400rpm)ハードドライブ ●メモリ:4GB 1,600MHz LPDDR3メモリ ●グラフィックス:Intel HD Graphics 5000

ミドルモデル 1TBハードドライブ
●プロセッサ:2.6GHz。2.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MBオンチップ共有L3キャッシュ オプション:3.0GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)、4MBオンチップ共有L3キャッシュに変更可能 ●ストレージ:1TB(5,400rpm)ハードドライブ ●メモリ:8GB 1,600MHz LPDDR3メモリ、オプション:16GBに変更可能 ●グラフィックス:Intel Iris Graphics 

ハイモデル 1TB Fusion Drive
●プロセッサ:2.8GHz。2.8GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、3MBオンチップ共有L3キャッシュ オプション:3.0GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)、4MBオンチップ共有L3キャッシュに変更可能 ●ストレージ:1TB Fusion Drive ●メモリ:8GB 1,600MHz LPDDR3メモリ、オプション:16GBに変更可能 ●グラフィックス:Intel Iris Graphics

SSDとは

SSDとは、フラッシュメモリを記憶媒体とした記憶装置です。HDDのように金属ディスクがないので、シーク時間や待ち時間がありません。ランダムアクセス時の読込性能にも優れいています。そのため、OSやアプリケーションの立ち上げや動作が軽快になります。HDDと比べて値段が高いですが、壊れにくく、スピードアップし、消費電力も少なく発熱も少ない、更に静かなことが特徴です。とにかくHDDと比べるとデータ転送速度が速いため、全ての動作が快適になります。

Mac miniにSSDを取り付ける理由

Mac miniにSSDを取り付けることで、処理速度が格段に速くなります。OS、アプリケーションの立ち上げも速くなります。HHDのMac miniは、連続した動作などをしていると、すぐに動作が遅くなったりします。SSDを取り付けることにより、遅くなることが改善され、快適に使えるようになります。HHDに比べると費用は高くなりますが、動作性が全く異なります。

Mac miniにAppleStoreでSSDを取り付けるカスタマイズをすると3万円前後のオプション費用がかかりますが、自身でカスタマイズする場合は、2万円前後で行うことができます。ただし、Mac miniにSSDを取り付ける場合、新型モデルは自身で取り付けることはできません。SSDを取り付けたい場合は、購入時にAppleStoreにカスタマイズしてもらう必要があります。旧型に関しては、メモリ増設同様、底面カバーを取り外して、自身でカスタマイズすることができます。

Mac miniにSSDを取り付ける手順

まず、Mac miniを裏返しし、底面カバーを外します。底面カバーは反時計回りに回すことでロックが解除されます。ロックを解除し、底面カバーを取り外します。底面カバーを取り外したら、中央部分にあるファンを取り外します。3つのネジで固定されているため、1つずつネジを外します。ネジを外すと、ファンを持ち上げることができます。しかしまだコードが繋がっている状態ですので、強く取り外さないように注意する必要があります。そして、コネクタを外します。基盤に傷をつけないよう、また断線しないよう丁寧にコネクタを外します。

次に、ファンの左にあるカバーを外します。1本ネジを外すと右側へスライドさせることができ、カバーを外すことができます。次に、小さな穴がたくさん空いているアミのようなものを外します。4本のネジで固定されてあるので、まず4本のネジを外して、手前に引きながら外します。先ほどのファン同様、コードが繋がっているので、断線しないよう、慎重に取り外します。そして、HDDを取り外します。まず、HDDの下にある四角いコネクタを持ち上げるように取り外します。

次に、マザーボードを取り外します。マザーボードに付いているネジと本体にも付いているネジを外します。ネジを外すと、マザーボードに空いている2つの穴に細いものを差し込んで、マザーボードが動き出すところでとめます。電源と赤外線モジュールコードを外します。電源コードは引っ張るだけで簡単の外すことができます。赤外線モジュールは引っ張って取り外します。これらのコードを外し終えたらマザーボードを外します。

次に、電源ユニットを取り外します。まずは、本体と電源ユニットをとめているネジを外します。次に電源コネクタの下に付いているピンを引き抜きます。ピンを外した後は、電源コネクタを反時計回りに回して本体にある溝から取り外し、引き抜きます。次に、フレームを取り外します。フレームに付いているネジを外し、フレームを取り外します。そしてフレームにSSDを取り付けます。SSDを取り付けた後は、あとは取り外してきた逆の手順でMac miniを組み立てていきます。

まとめ

今回、Mac miniにSSDを取り付ける理由と手順について紹介いたしました。処理速度などの快適さを考えるとSSDを取り付けた方がメリットは多く、HDDとの差は歴然です。新型Mac miniに関してはAppleStoreにカスタマイズしてもらう必要がありますが、旧型Mac miniに関しては自身でカスタマイズを行います。AppleStoreで行うより費用は安くすみ、且つ、簡単に取り付けることができます。HDDのMac miniに不便さを感じている人は、ぜひ、SSDを取り付けて使用してみると良いでしょう。HDDの頃に比べてはるかに快適に作業を行うことができるようになります。今のMacBook AirやMacBook Proなども、SSDですので、同じような快適さの中、パソコンを使うことができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です