Mac OS X上でWindowsを使用するための手段

LINEで送る
Pocket

普段はMacを使っていても、仕事の都合でどうしてもWindowsを使う必要が生じた場合、MacとWindows-PCの両方を用意するのは大変だと思いませんか?コストもかかるし、外出するときは重たくかさばります。Macの利点の一つに挙げられるのが、Macでは比較的簡単にWindowsを動かすことができることです。

最近では、MacもWindowsも両方使いたいという希望からMacを選択される方も増えてきました。

スポンサーリンク

MacでWindowsを動かす2つの方法

Bootcampを使う方法

Boot Campとは、Appleが提供するMacでWIndowsを動作させるためのソフトウェアです。Macのハードディスク(または、SSD)をパーティションで分割し、それぞれのパーティションにMac OS X、Windowsを分けてインストールすることで両方のOSを使えるようにします。

Bootcampのメリットは、一つのOSを動かすのに必要なメモリだけ搭載してれば良いのです。メモリリソースが少ないMacでもWindowsを利用できるというメリットがあります。

仮想化ソフト利用のおすすめ

Bootcampで、Mac OS XとWindows を切り替える時は、Macそのものを再起動して起動OSを選択する必要があります。MacでWindowsを利用する最大の利点は、Mac OS XとWindowsを別のデスクトップで同時に起動させ、3本指スワイプでデスクトップを切り替えて使えることです。Mac OS XとWindowsを瞬時に切り替えて操作できるようになります。ぜひ、仮想化ソフトを使ってWindowsを使えるようにしましょう。

仮想化ソフトを使う方法

仮想化ソフトとは、Mac OS XというホストOSの上にアプリケーションとして仮想のパソコンを作り、そこにゲストOSとして、WindowsやLinuxといったOSをアプリケーションのように動かすものです。

仮想化ソフトのメリットは、ゲストOSを起動する時に、Macを再起動する必要がないことです。さらに、メモリ量が許すのであれば、複数のゲストOSを動かすこともできます。

この便利な機能を享受するためには、複数のOSを動作させるのに必要となるメモリ量が搭載されていなければなりません。仮想化ソフトを使用する場合、Mac OS X El Capitanでは、搭載メモリは最低でも8GBは用意しておきましょう。(MacBook Airの場合、標準搭載メモリは4GBです。後からの増設ができないのでAppleShopでの注文時にオプションでメモリを増設しておきましょう。)

仮想化ソフトの種類

現在、Mac OS Xで利用できる仮想化ソフトとしては、次の3つがあります。
(1) VMware Fusion
(2) Parallels Desktop 11
(3) VirtualBox

最初の2つは有料のソフト製品で、3つめのVirtual Boxは、Oracle社が無料で提供しているフリーソフトです。

これらの仮想化ソフトでWindowsを動かすためには、まず、利用するWindowsのライセンスを既に保有しているか、または、新たに購入する必要があります。ただし、Windows10を利用するには、Windows7 / 8.1のライセンスを所有していれば、無償アップグレード期間中であれば、そのプロダクトキーを使ってWindows10をインストールすることができます。

有料版の仮想化ソフトの選定にあたっては、2つのソフトともお試し期間があります。お試しで使用してご自身が使いやすい方を選ぶことも一つの手です。また、Oracle社から提供されている無料のVirtualBoxは、無料ではありますが若干専門的知識が必要となります。ここでは、フリーソフトのVirtualBoxでWindows10を使う方法を解説します。

フリーソフトのVirtualBoxを使ってWindows10をインストール

現在、最も多い使い方であると思われる、MacでWindows10を使えるようにする手順を説明しましょう。

準備

最初に、VirtualBoxの本家サイトからVirtualBoxをダウンドードしてインストールします。VirtualBoxは、Oracle社から提供されており、現在の最新バージョンは、5.0台です。旧バージョンの4.3台のVirtualBoxも入手可能ですが、最新バージョンをダウンロードしましょう。

Downloads – Oracle VM VirtualBox

01

併せて、Extension Pack(機能拡張パッケージ)もダウンロードしておきましょう。

Windows10の入手

Windows10は、現在、Microsoftの公式サイトから、「Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード」から入手できます。

Windows 10 ISO

このISOファイルを使ってWindows10をインストールするには、別途、Windows10のライセンスを所有している必要があります。(2016年7月29日までであれば、Windos7 sp1、Windows8.1のライセンス(プロダクトキー)をお持ちの方を含みます。WindowsPCにプレインストールされていたプロダクトキーは使用できません。)ただし、Windows10製品の継続利用に必要となるプロダクトキーは、後から入力することも可能です。

VirtualBoxのインストールとExtension Packの導入

VirtualBoxのインストールは.dmgファイルを開きインストーラを起動させてインストールします。VirtualBox本体のインストールが終了したら、続けて機能拡張パッケージをインストールします。

最初にVirtualBoxを起動させておいて、ダウンロードしたExtension Packのファイルをダブルクリックするだけです。
02

Extension Packのインストール画面
03

VirtualBoxに仮想マシン(VM)を新規作成

VirtualBoxを起動した状態で、「新規」作成を行います。作成方法には、「ガイド付きモード」と「エキスパートモード」があります。どちらも設定する内容は同じですので、「エキスパートモード」で説明します。最初の画面では、「名前」、「メモリーサイズ」、「ハードディスク」を設定します。
04

「名前」の欄に 「Windows10」と入力すると、「バージョン」欄も自動的に変わります。次に「メモリーサイズ」を、例えば、4GB=4096MBとします。

また、「ハードディスク」は、最初に作成する場合は、真ん中の「仮想ハードディスクを作成する」を選択しましょう。「作成」ボタンを押します。新規作成の2画面目が表示されます。

05
ここでは、「ファイルの場所」、「ファイルサイズ」、「ハードディスクのファイルタイプ」、「物理ハードディスクにあるストレージ」を指定します。最初の「ファイルの場所」ですが、最初に表示されている「Windows10」をそのまま使いましょう。

次の「ファイルサイズ」は、Windowsを利用するハードディスク容量と考えてください。現在、Mac側での空き容量、今後の利用状況を考えてサイズを設定しましょう。後で変更することも可能ですが、その場合は、ターミナルを使ったコマンド操作となります。ターミナルが不慣れな方は、ここで必要な容量を確保しておきましょう。

ありがたいことに、ここで確保するファイルサイズの容量は、Macのハードディスクから強制的に確保されるわけではありません。例えば、100GB確保したとしても、WIndowsが実際に使用している容量が40GBだとすると、Mac側では100GB消費されるわけではなく、ファイルサイズ40GBほどになるだけです。

残りの2項目は、最初の作成時は「VDI」と「可変サイズ」を選択しておきましょう。「作成」ボタンを押すと終了です。この段階では、VirtualBoxで仮想マシンの箱が作られただけで、中にはWindowsはまだ入っていません。

Windows10のインストール

次は、先にダウンロードしておいた「ISOファイル」を使って、Windows10をインストールします。VirtualBoxの起動画面から「Windows10」を選び、「起動」ボタンを押します。

06

Windows10のディスクが要求されます。ここでは、下の選択メニューから、Windows10のISOファイルを指定し、「起動」ボタンを押します。
07
08

この先は、WindowsPCにクリーン・インストールするのと同じ要領です。(説明は省略します。)Windows10のインストールが終わると、Windows10を起動することはできますが、Macのウインドウを大きくしてもWindows10は画面サイズは固定されたままです。

09

Macのフルスクリーン、または任意のサイズのウインドウでWindows10を動作させるために、「Guest Additions」をWindows10からインストールする必要があります。

Gust Additionsのインストール

まずは、Windows10を起動させた状態で、VirtualBox VMのメニュー画面から[Devices]ー[Insert Guest Additions CD image…]をクリックしておいてください。

Windowsエクスプローラーを起動すると、左ペインの「PC」の中に、「CDドライブ(D:)VirtualBox Guest Additions」が見つかりますので、ドライブ内のアプリケーション「VBoxWindowsAdditions」を実行します。インストール完了後、システムからの要求に従いWindows10を再起動してください。

最後に、起動したWindows10のデスクトップで右クリックしてサブメニューを開き、「ディスプレイ設定」を実行すると、ウインドウの大きさに従った自由なサイズの画面でWindows10を実行することができるようになります。これで、VirtualBoxとWindows10の基本的な設定は完了です。

より使いやすくするための設定

これまでの設定だけでもゲストOSとしてWindows10を利用することは可能ですが、より使いやすくするために、以下の設定を行うことをおすすめします。

VirtualBox VMメニューの日本語化

VirtualBox VMメニューのPreferences(環境設定)を起動し、Language(言語)で日本語を選んでおきましょう。
10

この設定は、VirtualBoxを最初にインストールした後に直ぐに設定変更しておくと良いでしょう。

キー設定の変更

VitrualBoxのゲストOS画面の切替等には、ホストキーというものが使われます。初期値は左commandキーが設定されていますが、Macでショートカットキーを多用している方は誤操作防止のために、普段あまり使われない右commandキーにしておいた方が良いでしょう。

VirtualBox VMメニューのPreferences(環境設定)を起動し、Input(入力)で、「ホストキーの組み合わせ」の右側の欄で、右commandキーを押すと切り替えられます。
11

USBポートの設定

USBメモリをWindowsで使用したい時に注意しなければならないのは、ゲストOSを起動した状態でUSBメモリをセットしても、Windows側には認識されずMac側にマウントされます。デスクトップのUSBマウントアイコンを右クリックで「”***”を取り出す」としてアンマウントしておきましょう。(抜かないでください)

起動しているWindows10のVirtualBox VMメニューから[デバイス]ー[USB]と進み、セットしたUSBメモリ名を選択しましょう。Windows10のエクスプローラー画面にUSBメモリがドライブ装置として表示され読み書きができるようになります。
12

ネットワークの設定

ゲストOS作成時にインターネットに接続した状態でインストール処理を行った場合は、ネットワーク設定を変更することなくそのまま使用することができますが、MacBook等にゲストOSを作成した場合で、外へ持ち出してインターネットへ接続する予定がある場合は、以下の画面で、「割り当て」を「ブリッジアダプター」に変え、「名前」の部分を、外部環境での接続時(外出時)にEthernet又はWi-Fi(AirPort)へ変更することでインターネット接続方法を変更することができます。
13

メインメモリーの変更、プロセッサーのコア数の変更

Macで利用する処理内容とWindows10の処理内容等を考慮の上、メモリ容量の割り当て、CPUのコア数の割り当てを自由に変更することができます。Windows10を起動する前に、歯車アイコンの「設定」から「システム」ー「マザーボード」を選び、メインメモリーの値を簡単に変更できます。
14

ご利用のMacがクアッドコア製品の場合で、Windows10により負荷の高い処理を行わせたい場合は、プロセッサー数を1から4までの間で自由に割り当てを変更することができます。同じように「設定」から「システム」ー「プロセッサー」を選び、プロセッサー数を変更することができます。
15

クリップボードの共有とドラッグ&ドロップの設定

MacとWindowsが簡単に切り替えて使えるようになると、次は、MacとWindowsの間で、コピペをドラッグ&ドロップで実行したくなります。この初期設定は両方とも「無効」となっています。特に問題がなければ、VirtualBox VMメニューから[デバイス]ー[クリップボードの共有]または[ドラッグ&ドロップ]のメニューから「双方向」を選んでおきましょう。MacアプリとWindowsアプリの間でのコピペ等を行うことができるようになります。片方向での利用設定も可能となっています。

VirtualBoxの注意点と市販の仮想化ソフト

MacでWindowsが利用できるようになると、軽いMacBookAirをどこへ持っていってもWindowsとMac OS Xの両方が使えるようになり、WindowsPCの必要性を感じなくなります。しかし、VirtualBoxでも若干注意を要する部分があります。グラフィックボードはソフトウェアでエミュレートしますので、Windowsでの高速な画像処理には向いていません。また、アプリでショートカットキーを使えない場合も生じます。

このような場合には、製品版の仮想化ソフトの利用も考えましょう。先に紹介したように、 VMware Fusion と Parallels Desktop 11は、有料ですがそれぞれに優れた機能があります。両者を無償体験版で比較して、自分のつかやすいものを選ぶようにしましょう。両者のWebサイトを紹介しておきます。

・VMware Fusion
VMware Fusinon

・Parallels Desktop for Mac
Parallels Desktop for Mac

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です