Home / Apple / Mac / 学生からPTA役員まで!MacbookやiPadを学割で安く購入する方法

学生からPTA役員まで!MacbookやiPadを学割で安く購入する方法

Pocket

608e774a7abd3e29be6997d3d603b2fd_s

MacBook AirやMacBook Pro、iPadなどを購入する際、学割が使えることをご存知ですか?大学生や専門学生、学校の教職員など、幅広い人が学割を利用でき、通常価格よりもお得な価格でさまざまなApple製品を購入できます。

また、キャンペーン期間中などはさらにお得な特典も付くため非常にお買い得です。今回は、Appleの学割の利用対象者やメリット、購入方法、割引価格などについて紹介しています。

現在、学生の方、これから大学や専門学校などに進学する方、教職員やPTAの方は、学割制度を活用してApple製品を購入してみましょう。

スポンサーリンク

1.Appleの学割の特徴・メリット

Appleにはお得な価格でMacやiPadなどを購入できる学割制度があります。学割対象者であれば非常にお得に買い物ができますので、対象者はしっかりと活用しましょう。ここでは、学割対象者や学割で購入するメリットについて見ていきましょう。

学割の対象者が広い!

条件によっては親も対象になるなど、Appleの学割対象者は非常に幅が広いです。知っておくのと知らないのとではお得度が違ってきますので、しっかりと把握しておきましょう。下記の方がAppleの学割対象となります。

  1. 大学、高等専門学校、専門学校の学生
  2. 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
  3. 大学受験予備校に在籍する学生
  4. 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  5. PTA役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

最大12ヶ月も分割金利0%

Appleでは、2018年4月30日までクレジットカードカード分割払いまたはローンの利用で、最大12ヶ月金利0%で購入ができます。三井住友カードの場合はオンラインのみ、オリコローンの場合はオンラインとAppleStoreで利用ができます。

「一括だと厳しい」「分割にしたいけど手数料がもったいない」という方でも安心して利用できます。

Beatsヘッドフォンがついてくる

学生・教職員向けストアで対象のMacまたはiPad Proを購入すると、Beatsヘッドフォンもついてきます。対象のMacを買うとBeatsXイヤフォン、iPad Proを買うとBeatsEPヘッドフォンがもらえます。

どちらも1万円近くする製品であり、高音質な音楽を楽しむことができます。MacBookやiPadが割引価格で購入できるだけではなく、人気のBeatsヘッドフォンももらえるのは非常にお得です。※Beatsヘッドフォンがもらえるキャンペーンは2018年4月3日まで

2.学割を適用して購入する方法

46c44e147baed2df9dce0a4584a7ab50_s

学割を適用して購入したい場合は、以下のように「学生・教職員向けストア」から欲しい製品を購入するだけです。AppleStoreで購入する際も学割の旨を伝えて、身分証明証を提示すれば学割価格で購入できます。

①AppleStoreから「学生・教職員向けストア」にアクセス

学割でMacを購入したい場合は、まずAppleのサイトを開き「学生・教職員向けストア」にアクセスします。

②AppleCare Protection Planのページを開く

長く安心して使っていけるようにApple公式の保証プログラムである「AppleCare Protection Plan」に加入してMacを購入すると安心です。通常よりも安く購入できます。

③Macモデルを選択し購入

MacBookやMacBook Air、MacBook Pro、iMacなど、希望のMacモデルを選択して購入をします。

④送料無料で配送される

Appleでオンライン購入する際は、全国送料無料で最短で翌日に届きます。配送時間帯を指定することもできますし、注文して1時間後〜近くのAppleStoreで受け取ることもできます。

オンラインで購入する際、意外と送料がバカになりませんが、無料なので余計なコストがかかりません。

3.注意事項

Appleの学割を利用する際には注意点もあります。購入台数に上限があること、転売を禁止されていることなど、重要ですので必ず把握しておきましょう。

購入台数に制限あり

お得な学割制度ですが、1人あたりの購入台数には制限があります。4月1日〜3月31日までの1年間の間で購入できる台数は以下のように決まっています。

  1. Mac:年間各1台まで
  2. iPad:年間2台まで

転売は禁止

学割で購入した製品は購入後1年間は転売が禁止されています。また、学割対象者になりすまして購入をしようとしても、身分確認でバレてしまいます。

対象者でないのに購入していた場合は契約は解除されますし、損害金の請求や法的措置の可能性もあります。モラルのない行動は絶対にやめましょう。

4.学割を適用して購入できる商品とその割引価格

15fb2d168546dbbb6e53ee83ce75a258_s

学割が適用された場合はどれくらいの割引になるのでしょうか。ここでは、各モデルごとの割引価格について見ていきましょう。

Macbook

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac Pro、Mac miniが割引価格2,000円〜29,900円で非常にお得です。

Macbook

割引価格6,000円(142,800円→136,800円など)

Macbook Air

割引価格6,000円(98,800円→92,800円など)

Macbook Pro

割引価格6,000円〜11,000円(198,800円→187,800円など)

iMac

割引価格6,000円〜22,000円(164,800円→153,800円など)

Mac Pro

割引価格19,900円〜29,900円(298,800円→278,900円など)

Mac mini

割引価格2,000円(48,800円→46,800円など)

iPad

iPadシリーズは全モデル一律2,000円割引になります。

iPad Pro

割引価格2,000円(66,800円→64,800円など)

iPad mini4

割引価格2,000円(42,800円→40,800円など)

5.その他の割引でMacbookを購入する

通常の学割以外にもMacBookをお得に購入できる方法があります。特に整備済製品については、定期的に情報が更新されており、非常にお得な製品もよく載っています。

春のキャンペーンを利用する

Appleでは例年2月頃になると春のキャンペーンが実施されます。2018年に関しては「新学期を始めよう」キャンペーンが実施され、さまざまな特典が付くなどお得にApple製品を購入できます。

Mac整備済製品も見てみる

Appleの認定整備済製品を利用すればMacbookを安く購入できます。Appleサイトの「整備済製品&旧モデル新品」にアクセスすれば、MacBookやMacBook Air、iPadなど、さまざまな製品が通常よりも安い価格で購入できます。

このサイトでは、Apple Storeの展示品だった製品などを販売しているため価格が安いです。すべてAppleによるテスト後に販売されており、1年間の特別保証も付いています。

まとめ

MacBookやiPadなど、Apple製品が欲しい方は、学割対象かどうか確認をしましょう。学割対象であれば、割引価格が適用され、お得に購入することができます。学割対象の幅も広いためチャンスです。

また、Apple認定整備済製品でも安く購入できますので、学割対象ではなかった場合はこちらを利用してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

本人確認を手軽に便利に!Touch IDの設定方法とメリット4選

長年にわたり、iPhoneのセ …

Facebookでのご購読が便利です