Macが充電できなくなってしまった時にすべき対応策

LINEで送る
Pocket

6b59e5c0266f383b398c5fda8ffe658a_s

今回は、Macが充電できなくなってしまった時にすべき対応策について紹介いたします。Macを長く使っていると何らかの理由で充電がうまくできなくなることがあります。充電ができなくなるとすごく困ってしまいMacが使い物にならなくなってしまいます。

そんな時におこなうべき対応策について紹介していますので、実際に同じような経験のある方や、これからMacを使っていく方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Macが充電できなくなってしまった時にすべき対応策

Macの充電がうまくできないときは、焦ることなく下記方法を試していきましょう。それぞれ簡単にできる対応策ですので、もしもの時のために把握しておくようにしましょう。

Macとコンセントから充電器を抜いて少し時間を置いて再度充電してみる

Macがうまく充電できない場合は、まずこの方法を試してみましょう。充電器を電源コンセントからもMacからも取り外し2~3分時間を置きます。時間が経ったら再度充電器をコンセントとMacに接続し充電を試みてみます。これにより通常通り充電ができるようになる場合もあります。

充電ができない場合は同じ方法で今度は1時間程度充電器をコンセントとMacから外して時間を置いてみましょう。不思議なことに時間を置くことで状況が改善される場合があります。1時間程度時間を置いた後にもう1度充電を試みてみましょう。この方法で状況が改善されない場合は他の方法を試していきましょう。

電源ポート・電源プラグを掃除して再度充電してみる

特に長年使用しているMacに起こりやすい問題です。電源ポートの部分にホコリなどの汚れが溜まってうまく接続できなく充電ができない可能性があります。電源ポートを確認して汚れや損傷がないかを確認してみましょう。

ホコリなどが溜まっている場合は、掃除をして汚れを取り除く必要があります。掃除する場合は、綿棒や毛先のやわらかい歯ブラシを使って優しく汚れを取り除きます。掃除をする際に綿棒や歯ブラシの繊維などが逆に電源ポートに残らないように気を付けましょう。

Mac本体の電源ポートと充電器の電源プラグをそれぞれ掃除をする際は、必ず充電器の電源をコンセントから外した状態でおこなうようにしてください。これらの掃除により通常通り充電ができるようになる場合があります。Macを使って長い場合はMacの電源ポートと充電器の電源プラグを確認してみてください。

Macを再起動してみる

Macの充電がうまくできない時に、Macを再起動することで状況が改善される場合があります。再起動以外にもフタを開け閉めしたりもしてみましょう。普段スリーブ状態にしている人はもう1度スリーブ状態にして電源を付けたり、シャットダウンしている人は電源を付けて再起動をしてみます。

再起動する場合は、メニューバーの中にあるAppleマークを選択するとメニューの中に再起動の項目がありますので、こちらを選択すれば再起動することができます。Mac側のシステムに何らかの異常があり充電がうまくできない場合はMacを再起動することにより、状況が改善され通常通り充電ができるようになる場合があります。Macを再起動する場合は充電器を取り外した状態でおこうなようにしましょう。

Macを気温の高い場所で充電してみる

Macは気温が低いところではうまく充電ができないことがあります。これは充電器もMacのバッテリーも動作温度が10℃~35℃となっているためです。そのため、これ以上に寒く温度が低い場所ではうまく充電ができない場合があります。

充電している環境の温度が低い場合は気温の高い場所に移動したり、暖房をつけたりするなどして気温の温かい場所で充電を再度試すようにしましょう。そうすることで通常通り充電ができるようになる場合があります。特に冬の朝方などは気温が原因で充電がうまくできない場合があります。

充電器を新しい充電器に交換してみる

充電がうまくできない理由に充電器が壊れている可能性というものもあります。充電器自体が非常にナイーブな製品でもあるため、使っているうちに不具合が出たり壊れたりする場合があります。充電器自体に異常はなくてもコードが断線したりしているケースも考えられます。

新しい充電器に変えることで通常通り充電ができるようになる可能性があります。ただし、何も考えずに新しい充電器を購入し、充電してもうまく充電できなかったら意味がありませんので、必ず充電器に問題があるのか確認をするようにしましょう。できれば友達などに充電器を借りて1度充電を試してみましょう。もし友達の充電器だとうまく充電ができる場合は、普段使っている充電器に問題がある可能性が大です。

友達がMacを使っていない場合はAppleStoreで充電を試させてもらいましょう。充電器に問題があると分かったら新しい充電器を購入するようにしましょう。純正の充電器AppleMagSafe電源アダプタは税別9500円と安くはありませんが仕方がありません。購入したがは良いが効果がなかったということがないように何度も別の充電器で充電を試してみるようにしてください。

IntelベースのMacはSMCをリセットしてみる

Macの充電がうまくできない場合にSMCをリセットすることで状況が改善される場合があります。これは、IntelベースのMacを使っている場合に適用できる方法になります。IntelベースのMacにはSMCというシステム管理コントローラが内蔵されています。このSMC設定をリセットすることで、通常通り充電ができるようになる場合があります。SMCをリセットする方法は、まずMacをシャットダウンします。

シャットダウンしたら充電器をMacに接続します。Macへの接続が済んだら、Shiftキー、controlキー、optionキーを一緒に押しながら電源ボタンを数秒間長押し続けます。そしてShiftキー、controlキー、optionキーと電源ボタンを同時にすべて離します。そしてMacを起動させればSMC設定のリセット完了です。

Appleカスタマーセンターに連絡しAppleStoreへ持って行く

上記の方法を試しても状況が改善されない場合はMac本体に異常がある可能性があります。Appleカスタマーセンターに連絡をしてみましょう。連絡をするといくつかの対応策を教えてくれる場合もありますが、多くの場合近くのAppleStoreへの持参を促進されますので、近くのAppleStoreへ持って行く準備をしておきましょう。

修理が必要な場合に向けて保証期間の確認はしておくようにしましょう。保証期間の確認はAppleの公式ホームページから確認することができます。近くにAppleStoreがない方は郵送にての修理になる可能性もあります。

まとめ

今回、Macが充電できなくなってしまった時にすべき対応策について紹介いたしました。どの対応策も簡単におこなうことができますので、万が一急に充電ができなくなったときのために方法を覚えておくと良いでしょう。

Mac本体や充電器自体の故障でない限り、充電器を購入したりAppleStoreへ持って行く前に状況が改善することが多いです。特にMacを使って長い方や、Macをこれから使い始める予定の方は、ぜひ、把握をしておいてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です