MacOS Xでアカウントのユーザ名を変更する方法

LINEで送る
Pocket

Macを最初に使い始める時には、まずアカウントを作成する手順があり、ユーザ名を決定する必要があります。ふだんはログインに使用するくらいであまり意識することはありませんが、アカウントのユーザ名はシステムと深く関わっている重要な事項です。たとえばユーザのファイルが保存されるホームフォルダは、アカウントのユーザ名と同じ名前になっていたりします。

システムの動作と深く関わっている事柄だけに、Macのアカウントのユーザ名を変更するのはかんたんにはいきません。しかし時には、あまりおすすめしませんが、ユーザ名を変更したいと思うこともあるでしょう。

本稿ではユーザ名を変更する方法について説明します。

スポンサーリンク

ユーザ名を変更する際の注意点

ユーザ名を変更する手順を誤ると、ログインできなくなったり、正常な動作ができなくなる恐れがあります。また、正常にユーザ名を変更できても、アプリケーションによっては不具合が出る場合があります。事前にシステム全体のバックアップを取っておくこと、バックアップからの復元方法をよく確認しておくことを強くおすすめします。

本稿の手順はOS X 10.11 El Capitanで確認した方法を記載します。別のバージョンのOS Xをお使いの場合は異なる手順になる可能性があります。

日本語のユーザー名と英語表記のユーザー名

Macアカウントのユーザー名には日本語表記のものと英語表記のものが多くあります。本記事で大きく取り上げるのは、システムとも深い関わりのある英語表記のものではありますが、時には日本語表記のものを変更したい場合があります。

日本語表記のユーザー名は、システムと大きな関わりがあるわけではないため、ある程度自由に変更を行うことができます。変更方法もとても簡単で下記の手順で行うことができます。
・「システム環境設定」を開く
・「アカウント」を開く
・左下の鍵マークをクリックしてパスワード認証を通す
・「パスワード」タブのユーザー名の内容を変更する
・保存する

日本語表記のユーザー名を変更したい場合は、上記手順で行いましょう。次からはシステムとの影響が大きい英語表記のユーザー名を変更する方法をご紹介します。実際に手順を行う際にはバックアップをとり、問題が生じた場合も元に戻せる様にしましょう。

英語表記のMacのユーザ名を変更する方法

ユーザ名を変更するには、変更したいユーザ以外の管理者ユーザがひとつ必要になります。変更したいユーザ以外の管理者ユーザがない場合は作成する必要があります。

管理者ユーザを作成する

管理者ユーザを作成するには、

1. メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定…」をクリックします。

01-select-system-preferences-menu

2. システム環境設定の「ユーザとグループ」環境設定をクリックします。

02-system-preferences

3. ユーザとグループ環境設定がロックされている場合は、ウィンドウ左下の錠のアイコンをクリックして管理者パスワードを入力し、ロック解除してください。

03-user-group

4. +ボタンをクリックします。

04-add-user

5. 「新規アカウント」は「管理者」を選択して、その他の情報を適切に入力し、「ユーザを作成」をクリックします。

05-add-user

これで新しい管理者ユーザが作成できました。

ホームフォルダ名を変更する

1. 変更したいユーザ以外の管理者ユーザでログインします。

2. 起動ドライブの「ユーザ」フォルダをFinderで開きます。ユーザフォルダを開くには、Finderの「移動」メニューから「フォルダへ移動…」をクリックし、「フォルダの場所を入力」ダイアログに「/ユーザ」と入力して「移動」をクリックします。

06-go-to-folder

07-go-to-folder

3. 変更したいユーザのホームフォルダの名前を、変更したいユーザ名にします。本稿ではユーザ名「taro」を「jiro」に変更してみます。フォルダの名前を変更するときパスワードの入力を求められるので、ログイン中のアカウントのパスワードを入力します。

08-user-folder
09-input-password
10-user-folder

ユーザ名を変更する

1. メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定…」をクリックします。

2. システム環境設定の「ユーザとグループ」環境設定をクリックします。

11-system-preferences

3. ユーザとグループ環境設定がロックされている場合は、ウィンドウ左下の錠のアイコンをクリックして管理者パスワードを入力し、ロック解除してください。

12-user-group

4. アカウントのリストから変更したいユーザを選択し(ここでは「taro」を選択)、右クリック(トラックパッドの二本指クリック、あるいはControl-クリック)でコンテキストメニューを出し、「詳細オプション…」をクリックします。

13-user-group

5. 「アカウント名」と「ホームディレクトリ」を前項で変更したホームフォルダ名と一致させ、「OK」をクリックします。本稿ではユーザ名「taro」を「jiro」に変更します。「フルネーム」は自由に変更できます。その他の項目は一切変更しないでください。

14-user-option

15-user-option

6. 現在の管理者ユーザからログアウトし、ユーザ名を変更したアカウントでログインします。

16-login

正常にログインできるか、ホームフォルダに元通りのファイルが存在しているか、アプリケーションが正常に動作するかなど、必要な事項をよく確認してください。

ホームディレクトリの移動をターミナルから行う

また、上記の方法以外にも、Macのターミナルからユーザーのホームディレクトリ名の変更を行うこともできます。ターミナルをメインに利用されるユーザーはこちらの方法の方が手間が少なく良いかもしれません。

・上記の方法で作成した管理者権限のユーザーアカウントでターミナルにログインする
・下記のコマンドを入力してホームディレクトリ名を変更する

sudo mv /Users/oldUserAccount /Users/newUserAccount

その後、変更をするユーザー名の変更を上記の方法と同様に「詳細オプション」から実行します。全ての変更ご、newUserAccountでターミナルからログインし、無事に設定が完了できているかを確認しましょう。

まとめ

本稿ではMacOS Xでアカウントのユーザ名を変更する方法について説明しました。ユーザ名の変更はシステムに与える影響が大きいので、必ず事前にバックアップを取っておいてください。

また、ユーザ名を変更するのではなく、新しいユーザを作成して必要なファイルをコピーする、という手法を検討してみてください。こちらの手法では、元のユーザアカウントは変更されないので、かんたんに元に戻せるという利点があります。

基本的にはユーザー名の変更を行うことはおすすめしませんが、どうしても変更する必要性が生じた際には、是非本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です