Home / Mac / 今さらきけない・・・Macのターミナルコマンドの基本を教えます

今さらきけない・・・Macのターミナルコマンドの基本を教えます

Pocket

パソコン②

今回は、Macのターミナルコマンドについて紹介していきます。始めて聞いた人も多いと思います。使っている人は非常に便利に使うことができますが、始めて聞く人からすると抵抗しか出てこないと思います。慣れるまでは大変ですが、使い方を覚えていけば素早くコンピュータ内に命令を出すことができるようにり、操作することができます。今回は、「ターミナルコマンドとは」「ターミナルの使い方」「基本的なコマンド」について説明していきます。興味がある方は、お時間ある際にでもゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

ターミナルコマンドとは

AppleのMacOSに標準で搭載されているUNIX系端末エミュレータです。UNIXコマンドを実行したり、UNIXコマンドの実行を自動かしてくれるTermファイルを作成したり、実行したりもできます。特別な文字命令をすることで、マウスの操作等では出来ないコンピュータの細かい設定や、特別な操作をできるようになります。

ターミナルの起動方法は、Finderを開き、アプリケーション→ユーティリティ→ターミナルで起動させることができます。起動すると画面が表示されますので、ターミナルコマンドを入力していきます。

ターミナルの中ではシェルというアプリが動いています。ターミナルに打ち込んだ文字命令をコンピュータに理解させてくれるのが、このシェルの役割です。ターミナルコマンドを使うことで、マウスを使わずにきめ細かい命令をすることができます。また、コンピュータ内のファイル等に一括で操作を行うことができ、作業効率を上げることができます。

ターミナルの使い方

アプリケーションフォルダ内からターミナルを開いたら、真っ白な画面が表示されます。そして少し待つと画面にログイン日時、コンピュータ名、ディレクトリが表示されます。ディレクトリ部分には、Macのユーザー名が表示されます。ターミナルの設定は、通常のアプリケーションと同様で、上部メニューバーのターミナル内にある環境設定から行うことができます。

環境設定のプロファイルの中から文字色や背景も変更することができます。プロファイルの左下にある+ボタンから、配色を自分の好きな色にカスタマイズすることができます。

基本的なコマンド

基本的なコマンでもある、「cd」「ls」「mkdir」「rm」「mv」「cp」「pwd」「man」「find」「clear」「ssh」「touch」「vim」「sudo」「chmod」「chown」「exit」についてそれぞれ紹介していきます。

cd

ディレクトリ間を移動する場合に使用します。【cd ディレクトリ名】で使い、例えばcd〜/Documentsを実行すると、カレントディレクトリがDocumentsに移動します。もし入力したディレクトリが存在しない場合は、【No such file or directory】というエラーが表示されます。現在のディレクトリよりも1つ上のディレクトリへ移動する場合は、【cd../】と入力します。ディレクトリ名は連続で入力することもできます。Cdは、change directoryの略語になります。

ls

現在のディレクトリ内にある、ディレクトリやファイルを表示する際に使用します。Lsのみで使用し、横並びで表示されます。隠しファイルやファイルの情報を表示したい場合は【-a】を付けて入力します。リスト形式で表示する場合は【-l】を付けて入力します。cdでディレクトリを移動するは、lsで事前に移動したいディレクトリがあるとかを確認することもできます。

mkdir

ディレクトリを作成するために使用します。【mkdir hoge】で新規にディレクトリを作成することができます。【mkdir folder】でフォルダを作成することができます。このように【mkdir+ディレクトリ名】で入力します。

rm

rmはファイルを削除する際に使用します。Removeの略語で、ディレクトリと中身をまとめて削除する場合は、【-r】というオプションを入力します。削除したとしてもデータは完全には削除されません。

mv

ファイルやディレクトリの名前変更や移動の際に使用します。【mv A B】のように入力して実行します。AとBはファイルやディレクトリの名前になります。

cp

copyの略語で、コピーする際に使用します。ディレクトリとその内容ごとコピーする際は、【-r】というオプションを入力します。

pwd

今いるディレクトリを表示してくれます。ターミナル上では、pwdのコマンドで場所確認をします。Print working directoryの略語です。Pwdのみで入力使用します。

man

コマンドのマニュアルを開くために使用します。【man+マニュアルを開きたいコマンド名】で実行します。マニュアルは全て英語表示になります。マニュアル終了する場合は、【q】を入力します。

find

ファイルを検索する際に使用します。検索結果を表示する場合は【-print】のオプションを付けて入力します。検索だけでなく、他コマンドと組み合わせて検索したファイルに処理を実行したりもできます。

clear

ターミナル画面をクリアし、表示された文字を全て消去します。全て取り消される訳ではありません。【clear】のみで使用実行することができます。一旦、ターミナルを見やすくする場合などに使用します。

ssh

リモートでサーバーにログインする場合に使用します。ログインユーザー指定の場合は【-l】、公開鍵のファイルを指定する場合は【-i】、ポートを指定する場合は【-p】のオプションを入力します。

touch

空のファイルを生成する場合に使用します。ファイルの最終アクセス時刻や変更時刻を更新する際にも使用します。

vim

ファイルを編集する場合に使用します。主にCUI上で利用するエディタのことになります。

sudo

権限がないファイルに対して、何かを実行するときに使用します。sudoでコマンドを実行するとパスワードが必要になりますが、PCログイン時のパスワードで問題ありません。

chmod

ファイルやディレクトリのパーミッションを変更する場合に使用します。change modeの略語です。【-R】オプションを付けて入力することで、ディレクトリとその中身にまとめて実行することができます。

chown

ファイルの所有権を変更するコマンドです。change ownerの略語です。インストールした際の設定などで所有権変更が必要な際は、このコマンドを使用します。【-R】オプションを付けて入力することで、ディレクトリとその中身にまとめて実行することができます。

exit

ログアウトする場合に使用します。【exit】のみで使用実行します。【logout】コマンドでも同様にログアウトすることができます。

まとめ

今回は、「ターミナルコマンドとは」「ターミナルの使い方」「基本的なコマンド」について紹介いたしました。ターミナルコマンドは使い慣れるとマウスを使わずに非常にスムーズにパソコンを操作することができるようになります。初めは見慣れないコマンドばかりで全く意味が分からなかったりしますが、使っていく内にだんだんと覚えていき、扱えるようになっていきます。今まで使ったことがない人は、よほど意識しないと使うことがないとは思いますが、時間がある際に、遊び感覚で1度、やってみると良いでしょう。おもしろく感じハマりだすかもしれません。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です