Home / Apple / Mac / ターミナルのコマンドでアクセスできるMacの隠し機能

ターミナルのコマンドでアクセスできるMacの隠し機能

Pocket

OS Xは通常、GUI操作を行うことで、システムの様々な動作をカスタマイズすることができます。しかし、機能によっては設定を行うためのGUIが用意されておらず、通常の方法ではアクセスできない——いわば隠し機能が存在します。

そのような隠し機能を設定するには、ターミナルで「defaults」コマンドを使用する必要があります。本稿ではターミナルのコマンドでアクセスできるMacの隠し機能について説明します。

スポンサーリンク

ターミナルを起動する

defaultsコマンドはターミナルを用いて実行します。ターミナルは「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダの中にあります。Spotlightで「ターミナル」と検索して起動することもできます。

ターミナルにdefaultsコマンドを入力することで以降の設定を行います。

defaultsコマンドを使用する

Finderのタイトルバーにパスを表示する

Finderが現在表示しているパスをタイトルバーに表示します。

$ defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -bool YES && killall Finder

01-path-titlebar

元に戻すには以下のコマンドを入力してください。

$ defaults delete com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle && killall Finder

隠しファイルを表示する

通常は非表示になっている隠しファイルをFinderで表示するには、以下のコマンドを入力してください。

$ defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles -bool YES && killall Finder

02-show-hidden-files

元に戻すには以下のコマンドを入力してください。

$ defaults delete com.apple.Finder AppleShowAllFiles && killall Finder

ヘルプの最前面固定を解除する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

MACのタスクマネージャー代わりは?アクティビティモニタの操作

WindowsからMacに乗り …

Facebookでのご購読が便利です