Macを購入したら設定しておきたい初期設定

LINEで送る
Pocket

3636fe71656dbf99f97c188f732a257b_s

今回は、Macを購入したら設定しておきたい初期設定について紹介していきます。新しくMacを購入したら最初にやっておくと便利な初期設定を紹介しています。どの設定もMacを便利に使っていくにあたり重要なものばかりですので、これからMacを購入予定の方はぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

Macを購入したら設定しておきたい初期設定

Macを購入した際におこなう設定内容を紹介していきます。

バッテリー残量の%表示にする

バッテリー残量をバッテリーマークだけの表示だと具体的にあとどれくらいの残量があるかが分かりません。iPhoneやiPad同様、%表示にして具体的にあとどれくらいのバッテリー残量があるのか一目で分かるようにしておきましょう。

バッテリー残量を%表示にするには、画面右上にあるバッテリーマークをクリックするとメニューが表示されますので「割合(%)を表示」をチェックするとバッテリーマークの左側に%表示がされるようになります。これにより適時バッテリー状況を具体的に知ることができるようになります。

メニューバーに日付を表示させる

メニューバーに日付を常時表示させておくといつでも確認することができ「今日何日だっけな?」と迷うことがありません。メニューバーに日付を表示させる方法は、システム環境設定を開き「日付と時刻」を開きます。「日付と時刻」画面が表示されたら「時計」タブを選択します。日付のオプション欄にある「日付を表示」にチェックを入れれば、メニューバーの時刻表示の左側に「◯月◯日」と日付が表示されるようになります。

メニューバーの表示設定

メニューバーを表示させるかどうかを設定することができます。メニューバーを隠すことで画面をその分広く使うことができるようになります。特に11インチのMacなどを使っている場合は、メニューバーを隠して最大限画面を広く活用しても良いでしょう。メニューバーの表示設定の変更方法は、システム環境設定を開き一般を選択します。画面上部にある「メニューバーを自動的に隠す/表示」にチェックを入れればメニューバーを隠すことができます。

Dockの設定変更

Dockの設定も自分好みに設定することができますので、最初に設定をおこなっておきましょう。システム環境設定を開き、Dockを選択します。ウインドウのタイトルバーをダブルクリックすることでウインドウを拡大・縮小することやDockを自動的に隠す/表示設定をすることができます。

Macが11インチの場合はDockを自動的に隠す/表示設定にチェックを付けると良いでしょう。画面を少しでも広く使うことができるようになります。Macで作業などをよくする方は絶対に変更しておいた方が良いでしょう。

FileValutをオン設定にしてセキュリティを高める

FileValutをオン設定にすることで、ファイルを暗号化することができます。これによりセキュリティを高めることができますので、特に外出先でもMacを使う予定のある方は、購入後すぐにFileValutをオンにしておきましょう。FileValut設定を変更するには、システム環境設定を開き、「セキュリティとプライバシー」を開きます。「セキュリティとプライバシー」画面が表示されたら、FileValutタブを選択しオン設定に変更します。

ファイアウォール設定をオンにしておく

ファイアウォール設定をオンにしておくことで認証されていないアプリケーションやプログラム、サービスなどの外部からの接続を受け入れないようにすることができセキュリティを高めることができます。特に外出先で使用する方はファイアウォール設定は必ずオン設定にしておいた方が良いでしょう。

ファイアウォール設定を変更するには、システム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーを選択します。FileValut横のファイアウォールタブを選択し、ファイアウォールをオン設定に変更します。設定する際には画面左下のカギマークをクリックしてパスワードを入力する必要があります。

キーボード設定

常に使うキーボードの設定は必ず自分の扱いやすい設定にしておきましょう。システム環境設定を開きキーボードを選択します。キーボード画面が表示されキーのリピート速度や入力認識までの時間、ファンクションキーの設定を自分好みに簡単に変更することができます。ショートカット設定もできますので変更が必要な場合はおこないましょう。

トラックパッド設定

キーボードと同じく頻繁に使うトラックパッドの設定を早めにおこなうようにしましょう。システム環境設定のトラックパッドを選択すると画面が表示されます。ポイントとクリックタブでは、操作方法の設定と軌跡の速さを調整できます。

トラックパッドがあればマウスは不要ですので、しっかりと好みに合わせて設定するようにしましょう。軌跡の速さは最大がおすすめです。トラックパッドの操作方法も自分で選ぶことができますので、使いにくいものや不要なものは外しておきましょう。

通知設定をオフにしていく

iPhoneやiPad同様、Macはさまざまな更新情報などを通知してくれます。しかし、すべてを通知設定にしておくと便利ではあるのですが、目障りにもなってきます。各アプリなどの通知設定を最初の段階で設定変更しておきましょう。不要なものは通知オフにしておく方が良いでしょう。通知設定の変更はシステム環境設定の通知を選択し変更していくことができます。通知設定が多くなるほどバッテリーや容量にも影響してきます。

AppStoreの設定変更

AppStoreの設定確認や変更も最初の内にやっておきましょう。システム環境設定からAppStoreを開き各設定をおこないます。アップデートを自動的に確認することや、アプリダウンロード時のパスワード設定をすることができます。

アプリダウンロードのパスワードは無料と有料で分けて設定することができます。自分の使いやすいものにするのが良いですが、パスワードは適時要求した方がセキュリティを考えると良いです。多数のアプリを使用していきますので、早めにAppStoreの設定をしておきましょう。

Time Machine設定

Macには自動的にバックパックを取っていくTime Machineという設定があります。システム環境設定からTime Machineを選択すれば各設定をおこなうことができます。Time Machine設定をオンにしておくと定期的にバックパックを取ってくれますのでオン設定にしておきましょう。

保存先のディスクの用意をし保存先を確定させるだけでオン設定にすることができます。多少Macの容量を使ってしまいますが、万が一のことを考えるとTime Machineは使っていった方が良いでしょう。

まとめ

今回は、Macを購入したら設定しておきたい初期設定について紹介いたしました。Macを始めて購入した際は、上記紹介した内容の設定確認や変更はおこなった方が良いでしょう。当然、自分の使いやすいようにすることが大前提ですが、セキュリティを考え変更しておいた方が良い項目もあります。

今回紹介した内容はMacでいろいろとアプリやネットを使う前に設定変更などをするようにしましょう。全部設定を確認したり変更したりしてもそこまで時間はかかりませんので、すぐにMacを使った操作を始めることができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です