Macユーザーなら覚えておきたい便利なショートカット

LINEで送る
Pocket

Macは一般向けのコンピュータとしてマウスを中心としたGUI操作を確立した歴史があり、ふだん操作するときはマウスやトラックパッドを中心に使っている方も少なくないでしょう。

しかし、マウスやトラックパッドでメニューを選択する、ボタンをクリックするという基本的な操作方法以外にも、キーボードショートカットと呼ばれる操作方法があります。メニューの選択やボタンクリックの代わりに、キーボードで各種操作を実行するのです。

ショートカット操作は、どのキーを押せばどの操作が実行されるのかを最初に覚えなければならないというデメリットはありますが、一度覚えてしまえば、たとえばキーボードで文字入力をしながら、その場で手をほとんど動かさずに各種操作が実行可能になるなど、大きなメリットも存在します。

本稿では、多くのアプリケーションで共通して使える便利なショートカットの紹介と、ショートカットキーの確認方法について説明します。

スポンサーリンク

編集操作

01-edit-control

編集操作の基本、コピー・カット・ペースト・すべて選択・取り消す・やり直すのショートカットは以下のようになります。

操作 ショートカット
コピー Command-C
カット Command-X
ペースト Command-V
すべて選択 Command-A
取り消す Command-Z
やり直す Command-Shift-Z

これらよく使う編集操作のショートカットはキーボードの左下、Commandキー周辺に集まっているのでまとめて覚えましょう。

「コピー」されたものはその場に残り、「カット」されたものはその場から消えます。コピー・カットしたものを「ペースト」で別の場所へ貼り付けます。「すべて選択」は対象領域の選択可能項目をすべて選択状態にします。「取り消す」は直前の操作をなかったことにします。「やり直す」は「取り消す」でキャンセルした操作を再び実行します。

これらのショートカットは主にテキスト編集の場面でよく使われますが、それ以外の多くの場面でも有効です。たとえばFinderでファイルを選択して「コピー」、他の場所へ「ペースト」したり、名前の変更やゴミ箱へ捨てる操作を「取り消す」ことができます。

ウィンドウ操作

02-window-control

操作 ショートカット
閉じる Command-W
しまう Command-M

「閉じる」はウィンドウを閉じます。基本的にはウィンドウを閉じるだけで、そのアプリケーション自体が終了するわけではありません。一部アプリケーションでは閉じる操作がそのままアプリケーションの終了になる場合もあります。

「しまう」はウィンドウをDockへしまいます。一時的にウィンドウを退避させたい場合に有効です。Dockのアイコンをクリックすると元に戻ります。

アプリケーション操作

03-application-control

操作 ショートカット
保存 Command-S
環境設定 Command-,
終了 Command-Q

「保存」は開いているファイルを保存します。「環境設定」はアプリケーションの環境設定ウィンドウを開きます。「終了」はアプリケーションを終了します。

ショートカットの確認方法

前項までで紹介したショートカットは、多くのアプリケーションで共通している、よく使うショートカットでした。それ以外にも様々なショートカットは存在します。自分がよく使うアプリケーションのショートカットを覚えると作業効率が上がります。

ショートカットを確認するかんたんな方法は、メニューバーの各種メニューを開いてみることです。通常、メニューから操作を選択して実行しますが、操作名の脇にそれを実行するショートカットが表示されています(ショートカットからはデフォルトでは実行できない操作もあります)。

たとえばFinderのメニューを開くと以下の画像のようになります。
04-shortcuts

「環境設定」や「ゴミ箱を空にする…」などの操作名の右に記号や英数字が表示されており、これがショートカットを表しています。英数字はそのままですが、見慣れない記号類(⌘など)はCommandキーなどの修飾キー、その他特殊なキーを表しています。以下によく出てくるキーと記号の対応をまとめます。

記号 キー
Command
Shift
Control
Option
Return
Escape
Tab
Delete

また、メニューを開いている時にOptionキーを押すと、ふだんは隠れているメニューが表示されることがあります。そちらも確認してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではMacを扱う上で覚えておきたいショートカット、およびショートカットの確認方法について説明しました。

最初は戸惑うかもしれませんが、一度覚えてしまえばマウスやトラックパッドに触らず様々な操作を瞬時に実行できるので、作業効率が上がります。

本稿を参考にしてぜひショートカット操作に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です