Home / Mac / Macユーザーなら覚えておきたい便利なショートカット

Macユーザーなら覚えておきたい便利なショートカット

Pocket

「Mac」こと米Apple社のMacintoshコンピュータは「お母さんでも使える、専門家のためのものではなく、一般向けのコンピュータ」としてマウスを中心とした「GUI操作」を確立して作られたという歴史があり、ふだん操作するときはマウスやトラックパッドを中心に使っている方も少なくないでしょう。

しかし、マウスやトラックパッドでメニューを選択する、ボタンをクリックするという基本的な操作方法以外にも、キーボードショートカットと呼ばれる操作方法が存在しています。これはメニューの選択やボタンクリックの代わりに、キーボードで各種操作を実行するやり方となります。

ショートカット操作は、どのキーを押すと、どの操作が実行されるのかを最初に覚えなければならないというデメリットはありますが、それを一度覚えてしまえば、たとえばキーボードで文字入力をしながら、その場で手をほとんど動かさずに各種操作が実行可能になるなど、結果的には大きなメリットも存在します。

こちらでは、多くのアプリケーションで共通して使える便利なショートカットのご紹介と、各ショートカットキーの確認方法について説明します。

スポンサーリンク

編集操作

01-edit-control

Macで使うショートカットキーの中には、「編集操作」で使うもの、「ウィンドウ操作」で使うもの、そして「アプリケーション操作」で使うものがあります。編集操作のショートカットは有名ですが、ウィンドウ操作やアプリケーション操作で使うものまでが存在しているというのは、あまり意識しておられなかった人も多いのではないでしょうか?

ここでは編集操作の基本、コピー・カット・ペースト・すべて選択・取り消す・やり直すのショートカットをご紹介します。

編集操作では、以下のようなショートカットキーを使います。

操作 ショートカット
コピー Command-C
カット Command-X
ペースト Command-V
すべて選択 Command-A
取り消す Command-Z
やり直す Command-Shift-Z

 

これらよく使う編集操作のショートカットはキーボードの左下、花びらのマークのような「Commandキー」の周辺に集まっているのでまとめて覚えましょう。この「Commandキー」は、ウィンドウズで言えば、Ctrl(コントロール)キーとなります。

コマンドキーを使って「コピー」されたものはその場に残っていますが、「カット」されたものはその場から消えます。さらにコピー・カットしたものを「ペースト」で別の場所へ貼り付けることができます。

また、「すべて選択」は対象領域の選択可能項目をすべて「選択状態」にします。マウスでドラッグしながら対象領域を選択せずともコマンドキーとAだけで選択することができるので、とても便利です。

さらにCommandとzを押すことで「取り消す」となり、直前の操作をなかったことにします。Command-Shift-Zの「やり直す」は「取り消す」でキャンセルした操作を再び実行します。

これらのショートカットは主にテキスト編集の場面でよく使われますが、それ以外の多くの場面でも有効です。たとえばFinderで広範囲にマウスをドラッグすることなくファイルを選択して「コピー」、他の場所へ「ペースト」したり、ファイルの名前の変更やそれらをゴミ箱へ捨てる操作を「取り消す」ことができます。

ウィンドウ操作

 

02-window-control

次に「ウィンドウ操作」には次のようなものがあります。

操作 ショートカット
閉じる Command-W
しまう Command-M
アクティブウィンドウを隠す Command-H
全ウィンドウを閉じる Command-Option-W

 

Command-W 閉じる

「閉じる」は、CommandとWを押すだけで一瞬にして、ウィンドウを閉じます。基本的にはウィンドウを閉じるだけで、そのアプリケーション自体が終了するわけではありませんので、例えば会社で電話が鳴ったとか、来客があったなどの一時的にMacでの作業を中断する時に便利です。ただし、一部アプリケーションでは閉じる操作がそのままアプリケーションの終了になる場合もありますので注意が必要です。その場合でも終了になる場合には必ずアラートは出現します。

Command-M しまう

CommandとMを同時に押す「しまう」はウィンドウをDockへしまってくれます。例えば一時的にウィンドウを退避させたい場合に有効です。Dockのアイコンをクリックすると元に戻ります。あまり一般に浸透していない機能ですので慣れるまでが少し大変ですが、使い出すとやめられない機能になります。

Command-H アクティブウィンドウを隠す

また、CommandとHを同時に押すことで、アクティブウィンドウを隠してくれる機能があります。Macのウィンドウをいくつも同時に開いて作業している人も多いと思いますが、このキーだけで瞬時に閉じることができるので、電話や来客など、とっさの対応に便利です。また、このCommand+Hにオプションを加えると、そのアプリケーション以外のウィンドウを隠すことができます。

Command-Option-W 全ウィンドウを閉じる

CommandとOption、そしてWを同時に押すと、全ウィンドウを閉じることができます。ひとつひとつ閉じていくとかなり面倒ですが、瞬時にして閉じることができるのでかなり便利だと言えます。

アプリケーション操作

03-application-control

「アプリケーション操作」には次のような機能があります。

エイリアスを生成するCommand-L

操作 ショートカット
保存 Command-S
環境設定 Command-,
終了 Command-Q
アプリケーションの切り替え Command-tab

Command-S 保存

「保存」は開いているファイルを保存するショートカットです。これは有名なショートカットなので使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

Command-, 環境設定

また、「環境設定」はちょっとレアなショートカットで、知る人ぞ知るショートカットかも知れません。Commandと,でアプリケーションの環境設定ウィンドウを開いてくれます。環境設定というと、いちいち内部の設定画面を開いて設定しないといけないという頭がありましたが、ここで環境設定を変えたいというときに、一瞬にして環境設定を変えることができるのはかなり便利です。

Command-Q 終了

また、Command+Qの「終了」も有名なショートカットですが、これを押すだけで、アプリケーションを終了してくれます。

Command-L エイリアスを作成する

Mac独特の表現で「エイリアス」という言葉があります。Windowsで言うと、いわゆるアイコンのコピーのことを指します。このアイコンのコピーがCommandとLを同時に押すことで作ることができます。

特に会社などでは、階層の深い共通フォルダなどを扱うことが多いため、アイコンのコピーを作ると便利な時がありますが、このショートカットはそんな時にも便利です。

Command-tab アプリケーションの切り替え

さらにCommandとtabのキーを同時に押せば、アプリケーションを切り替えることができます。Macユーザーでは、複数のアプリケーションを同時に立ち上げて作業をしている人も多いと思います。ひとつのアプリケーションで作業してそのファイルを他のアプリケーションで加工しようとする時などには、いちいち閉じたり開いたりを手動で行うよりも、Commandとtabを使ったショートカットが便利です。

ショートカットの確認方法

上記までで紹介したショートカットは、多くのアプリケーションで共通している、よく使うショートカットでした。しかし、Macにはそれ以外にも便利なショートカットがたくさん存在しています。自分がよく使うアプリケーションのショートカットを覚えると作業効率が上がりますので、是非使うことをおすすめします。

ショートカットを確認する簡単な方法は、メニューバーの「各種メニュー」を開いて見ることです。通常、アプリケーションを使っている時、メニューから操作を選択して実行しますが、操作名の脇にそれを実行する「ショートカット」が表示されています(ただし、ショートカットからはデフォルトでは実行できない操作もあります)。

たとえばMacのFinderのメニューを開くと以下の画像のようになります。
04-shortcuts

「環境設定」や「ゴミ箱を空にする…」などの操作名が表示されている横には、右側に記号や英数字が表示されており、これが各操作のショートカットを表しています。

英数字はそのままですが、見慣れない記号類(⌘など)はCommandキーなどの修飾キー、その他の特殊なキーを表しています。以下によく出てくるキーと記号の対応をまとめています。

よく見るといつも使っている機能には、これらの記号が割り振ってあります。普段は何気なく使っていてわからない人も多いかも知れませんが、親切にショートカットキーまで書いてあったのですね。

記号 キー
Command
Shift
Control
Option
Return
Escape
Tab
Delete

また、メニューを開いている時にOptionキーを押すと、ふだんは隠れているメニューが表示されることがあります。そちらも確認してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ここではMacを扱う上で覚えておきたい、編集操作、ウィンドウ操作、アプリケーション操作などのショートカット、およびショートカットの確認方法について説明しました。

使い慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、一旦これらのショートカットを覚えてしまえばマウスやトラックパッドに触らず、様々な操作を瞬時に実行できるので、作業効率が格段に上がります。また、マウスやトラックパッドの長時間の連続使用は、思いの外、手首やひじなどの疲労を起こしており、腱鞘炎などの原因になります。

ショートカットはただ、作業時間を軽減させたいという狙いだけではなく、身体的な負担も軽減してくれますので、こうしたショートカットを巧みに取り入れることで、それらの危険性をも軽減させることができます。

以上を参考にしてぜひショートカット操作に挑戦してみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です