Macの「写真」アプリで写真管理を行う方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneをはじめとしてスマートフォンが広く普及してきました。スマートフォンのほとんどにはカメラが内蔵されており、いまや誰もがデジタルカメラを常に携帯していると言っても過言ではなく、多くの人が日常的に写真撮影を楽しんでいます。

Macには写真を管理するための「写真」アプリケーションが付属しています。このアプリケーションを用いることで、たくさんの写真を効率よく管理したり、写真に編集を加えることができます。本稿では写真アプリケーションの使い方を説明します。

スポンサーリンク

写真アプリケーションを起動する

写真アプリケーションは「アプリケーション」フォルダの中にあるので、ダブルクリックして起動します。Spotlightで「写真」と検索して起動することもできます。

写真を読み込む

1. iPhoneなどのiOSデバイスやデジタルカメラをMacと接続します。デジタルカメラを接続する時は、カメラの電源を入れ、写真の読み込みを行うモードになっているかを確認してください。写真の読み込みを行うモードへの設定方法は、お使いのカメラのマニュアル等を参照してください。

2. 写真アプリケーションのツールバーにある「読み込み」をクリックします。サイドバーが開いている場合は、サイドバーの「読み込み」にあるデバイス名をクリックします。「読み込み」はiOSデバイスやカメラ等をMacに接続した場合にのみ表示されます。

01-import-photos-toolbar

02-import-photos-sidebar

3. 接続したデバイスに入っている写真がアプリケーションに表示されます。

4. 「すべての新しい写真を読み込む」をクリックすると、表示されている写真の中で、まだ写真アプリケーションに読み込まれていないものすべてを読み込みます。表示されている写真をクリックで選択し「選択項目を読み込む」をクリックすると、選択した写真のみを読み込みます。読み込み後にデバイスから写真を削除したい場合は「読み込み後に項目を削除」にチェックを入れます。

03-import-photos

5. デバイスを次に接続した時に自動的に写真アプリケーションを起動させたい場合は「このデバイスを接続したときに”写真”を開く」にチェックを入れます。

04-open-automatically

写真アプリケーションに読み込んだ写真は、「お気に入り」にしたり、アルバム(iTunesで言うところのプレイリスト)を作ったり、編集したりすることができます。

写真を編集する

写真アプリケーションを使用して、写真に編集を加えることができます。

写真を編集するには、編集したい写真をサムネイルからダブルクリックで表示し、ツールバーの「編集」ボタンをクリックします。

05-edit-photo

ウィンドウが黒ベースの見た目に変わり、右側に編集ツールが表示されます。

06-edit-tools

編集ビューで「M」キーを押すと、押している間オリジナルの写真が表示されます。写真に編集を加えながら、適宜オリジナルと比較し、修正を重ねることが可能です。

ツールバーの「オリジナルに戻す」をクリックすることで、すべての編集操作を取り消し、元の状態に戻すことができます。編集を終える時は、ツールバーの「完了」ボタンをクリックします。

07-edit-revert-end

ここでは編集ツールの中からいくつかのツールをかんたんに紹介します。

自動補正する

編集ツールから「補正」をクリックすると、ホワイトバランスの自動調整などが行われ、ワンクリックで最適な見た目に補正することができます。

90度回転する

編集ツールから「回転」をクリックすると、写真が反時計回りに90度回転します。写真の縦横の向きが誤っている場合はこの「回転」ツールを用いることで、素早く修正することができます。

トリミングする

編集ツールから「トリミング」をクリックすると、写真のトリミングと傾きの補正、左右の反転、アスペクト比の変更を行うことができます。

08-trimming

フィルタを適用する

編集ツールから「フィルタ」をクリックすると、モノトーンフィルタなど8種類のフィルタを適用することができます。ワンクリックで写真全体の雰囲気を変更することができるので、いろいろなフィルタを試してみてください。

09-filter

レタッチする

編集ツールから「レタッチ」をクリックすると、写真のレタッチを行うことができます。レタッチをすることで、細かい汚れやゴミなどを周囲の色に溶け込ませ、取り除くことができます。

レタッチツールを選択して、写真の中の取り除きたい汚れ等の箇所をドラッグしてみてください。周囲の色と溶け込みあい、汚れ等を取り除くことができます。

ここでは缶の下部に描かれている文字部分をレタッチツールでなぞってみます。

10-retouching

文字が周囲の水色に溶け込み、不要な箇所を取り除くことができました。

11-retouched

まとめ

いかがでしたか? 本稿では写真アプリケーションの使い方を説明しました。写真の読み込み方法、および編集ツールの使い方を紹介しました。

写真アプリケーションを用いることで、たくさんの写真を効率よく管理することができます。本稿を参考にして写真アプリケーションを試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です