MacOSXに搭載されているセキュリティ機能について

LINEで送る
Pocket

セキュリティの高さと利便性を両立させることは困難です。安全性を求めればふだんの利便性は落ち、利便性を求めれば安全性は損なわれてしまいます。使用環境や扱うデータの機密性を鑑みながら、どこかでバランスをとる必要があります。

OS Xは標準で様々なセキュリティ機能が搭載されています。それらを適切に組み合わせることで、安全性と利便性を自分の環境に合わせてバランスよく運用していくことを考えなければなりません。

そこで本稿ではOS Xに搭載されているセキュリティ機能を紹介します。

スポンサーリンク

パスワードを要求する

セキュリティを高めるには、スリープやスクリーンセーバ、画面ロックの解除時にパスワードを要求する設定にしてください。パスワードを要求する設定をするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択してください。

01-select-system-preferences-menu

2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックしてください。

02-system-preferences

3. セキュリティとプライバシー環境設定の「一般」タブをクリックし、「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」にチェックを入れてください。

03-general-password

4. 「開始後」でスリープ等の開始後いつからパスワードを要求するかを選択してください。セキュリティを考えるのであれば「すぐに」が望ましいでしょう。

また、「自動ログインを使用不可にする」にチェックを入れることで、ログイン時の自動ログイン機能を抑制します。こちらにもチェックを入れておくべきでしょう。

04-general-auto-login

これで、Macを使用開始・再開する際には常にパスワードを要求する設定になります。

パスワードの要求はすべてのひとにおすすめできる設定です。

Gatekeeper

GatekeeperはOS X Lion 10.7.5以降に搭載されているセキュリティ機能のひとつです。Mac App Storeで配布されているアプリケーションはデジタル署名が付加されており、開発元を特定できます。Mac App Store以外でアプリケーションを配布する場合でも開発者はデジタル署名を付加でき、Appleはそれを推奨しています。

Gatekeeperはアプリケーション実行時にデジタル署名されているか、署名が改竄されていないか等を確認し、問題があるアプリケーションのインストールや実行をブロックします。

Gatekeeperを有効にするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択してください。
2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックしてください。
3. セキュリティとプライバシー環境設定の「一般」タブをクリックし「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から「Mac App Storeからのアプリケーションを許可」か「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」のどちらかを選択してください。

05-general-gatekeeper

Gatekeeperを有効にした状態で、デジタル署名が付いていないアプリケーションを実行しようとすると、アラートダイアログが表示され、実行できなくなります。

とは言え、デジタル署名されずに配布されているアプリケーションもまだ多数存在します。Gatekeeperを有効にした上でデジタル署名されていないアプリケーションを実行したい場合は、それの正当性を十分に確認した上で、以下の手順にしたがって操作してください。

1. Finderでアプリケーションを選択してください。
2. 右クリック(トラックパッドの二本指クリック、あるいはControl-クリック)のコンテキストメニューから「開く」を選択してください。
3. 実行確認のダイアログが表示されるので「開く」をクリックしてください。

上記手順を踏んだ場合、Gatekeeperが有効な状態でデジタル署名なしのアプリケーションを実行できます。

Gatekeeperの有効化はすべてのひとにおすすめできる設定です。

FileVault

FileVaultはMacに保存されるデータを暗号化するセキュリティ機能です。

Macが悪意ある第三者の手に渡ってしまった場合、ログインパスワードをリセットしたりディスクを別のコンピュータに接続することで、中のデータにアクセスできます。

そのような時にデータを保護できるのがFileVault機能です。FileVaultによってディスクは暗号化され、パスワードのリセットや別のコンピュータからのアクセスができなくなります。

その反面、パスワードを忘れてしまうと中のデータを取り出すことは不可能になるので、利便性とのトレードオフになります。業務上の機密情報を扱っており、Macを持ち歩くことが多い方はFileVaultを有効にすることを検討してみてください。FileVaultを有効にするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択してください。
2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックしてください。
3. セキュリティとプライバシー環境設定の「FileVault」タブをクリックし、「FileVaultを入にする…」をクリックしてください。

06-filevault

FileVaultで暗号化されたディスクを使用するには、ログインパスワードかiCloudアカウント(あるいは自動生成される復旧キー)が必要になります。どちらかのパスワードを忘れても残った片方を使えますが、両方を忘れた場合はそのディスクを使用できなくなるので注意が必要です。

ファイアウォール

外部からの予期しない接続をブロックするにはファイアウォールを有効にします。ファイアウォールを有効にするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択してください。
2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックしてください。
3. セキュリティとプライバシー環境設定の「ファイアウォール」タブをクリックし、「ファイアウォールを入にする」をクリックしてください。

07-firewall

「ファイアウォールオプション…」をクリックすることで、ファイアウォールの動作をカスタマイズできます。

08-firewall-option-button

「外部からの接続をすべてブロック」にチェックを入れると、基本的なサービス以外の外部からの接続をすべてブロックします。チェックを入れない場合は、各アプリケーションが接続を要求するたびに可・不可を選択するようになります。

「署名されたソフトウェアが外部からの接続を受け入れるのを自動的に許可」にチェックを入れると、前節で説明したデジタル署名がついたアプリケーションは自動的に接続許可されるようになります。

09-firewall-option

ファイアウォールはすべてのひとにおすすめできる設定です。

プライバシー

位置情報や連絡先、カレンダー、リマインダーアプリケーションの内容、Twitter等のSNSアカウントなど、プライバシーに関する情報へのアクセスはOS Xによって管理されています。

あるアプリケーションがプライバシー情報へ初回アクセスする際、OS Xはアクセスを許可するかどうかをユーザに確認します。許可を与えられなかったアプリケーションはプライバシー情報にアクセスできません。

現在どのアプリケーションがアクセス許可を持っているかの確認や、アクセスの可・不可を誤って設定してしまった場合、以下の手順にしたがってチェックおよび再設定を行ってください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択してください。
2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックしてください。
3. セキュリティとプライバシー環境設定の「プライバシー」タブをクリックし、アプリケーションの確認、アクセスの可・不可の設定を行ってください。チェックの付いているものがアクセスを許可されているアプリケーションです。

10-privacy

身の覚えのないアプリケーションや、プライバシー情報が必要とは思えないアプリケーションがアクセス許可を持っていた場合、チェックを外して様子をみてください。

身に覚えがないアプリケーション名でも、実は別のアプリケーションの補助アプリケーションでふだんは表に出てこないものかもしれません。あるいは、プライバシー情報が必要とは思えないアプリケーションでも、正当な機能としてプライバシー情報を必要としている場合もあるでしょう。

疑わしい時は一度チェックを外してアクセス許可を取り消し、マニュアル等から情報を収集してください。正当なアプリケーション/機能であれば、プライバシー情報が必要になった際に再度アクセス許可を求めるダイアログを表示されるので、改めてアクセス許可を与えてください。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではOS Xに搭載されているセキュリティ機能を紹介しました。本稿を参考にして、自分の環境に合わせて安全性と利便性のバランスが取れた組み合わせを選択し、システムを運用していってください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です