Macでスクリーンショットを撮る方法

LINEで送る
Pocket

5f218849888ceb20f46ebc1d0c940fa7_s

Macのスクリーンショットは画面全体を撮影するだけでなく、スクリーンショットを撮影したい範囲を指定して取得するなど、様々なパターンでの撮影が可能になっています。Macでのスクリーンショットのショートカットを覚えておくことで、自分が見ている画面を人と共有したい時など、手早くスクリーンショットを撮影することができるようになります。

本記事ではMacでスクリーンショットを撮影する方法についてご紹介していきます。スクリーンショットを撮影する機会は意外にも多いので、Macユーザーの方はぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

Macでスクリーンショットを撮影する方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-04-05-2-44-13

Macにはスマートフォンと違いいくつかのスクリーンショットのパターンがあります。いずれも操作方法は簡単ですので、用途に分けて使い分けると良いでしょう。Macのスクリーンショットの撮影パターンには主に下記のものがあります。

・画面全体のスクリーンショットを撮影する
・画面の一部を指定して撮影する
・特定のウィンドウのスクリーンショットを取得する
・開いているメニューのスクリーンショットを撮影する

それぞれの方法について具体的に見ていきましょう。

Macで画面全体のスクリーンショットを撮りたい場合

73ff1fc298673737154f19a8d3af8871_s

Macの画面に写っているすべてのものをスクリーンショットで撮りたい場合は次のキーボードショートカットを利用します。

command + Shiftキー + 3

画面全体のスクリーンショットが撮影されますので、アプリやメニュー、時間表示なども見ている画面がそのまま表示されます。撮影したスクリーンショットの画像はデスクトップに保存されます。

スクリーンショットの保存先をデスクトップから別の場所へ変更する手順

97fc8876ebf268c26ad8f2232746a9e7_s
スクリーンショットで取得した画像ファイルは、デスクトップ以外にもDropboxなどのクラウドストレージに直接保存することも可能です。変更についてはMacの「ターミナル」にてコマンドを実行します。ターミナルを起動させ、下記の手順で保存先を変更させましょう。

下記のコードでは、スクリーンショットを撮影した場合の保存先を「~/Pictures」フォルダに変更しています。
$ defaults write com.apple.screencapture location ~/Pictures/

保存先の変更をしたら、下記のコマンドを実行して設定を反映させます。
$ killall SystemUIServer

また、やはりスクリーンショットの画像の保存先をデスクトップに戻したい場合は、下記のコマンドを実行することで戻すことができます。
$ defaults delete com.apple.screencapture location
$ killall SystemUIServer

スクリーンショットの画像保存先を変更したい場合は上記の方法で変更するようにしましょう。

スクリーンショットの保存画像のファイル形式を変更する

293fc6307c0350a330d42febaeeb1467_s
スクリーンショットで保存した画像はデフォルトではpngファイルの形式で保存がされますが、この保存形式も変更をすることが可能になっています。設定方法保存先の変更と同様にMacの「ターミナル」から下記のコマンドを実行することで変更します。ここではpng,jpg,pdfファイルの変換について見ていきましょう。

pngファイルに変更するコマンド

$ defaults write com.apple.screencapture type png
$ killall SystemUIServer

jpgファイルに変更するコマンド

$ defaults write com.apple.screencapture type jpg
$ killall SystemUIServer

pngファイルに変更するコマンド

$ defaults write com.apple.screencapture type pdf
$ killall SystemUIServer

ファイル形式を指定してスクリーンショットを撮影したい場合などには、上記の方法を参考に指定のファイル形式へ変更してください。

Macで画面の一部分のスクリーンショットを撮りたい場合

48b6c098151c291373a7eb09d6ab6132_s
Macの画面全体ではなく画面の一部分をスクリーンショットで撮りたい場合は、下記のキーボードショートカットを利用します。

command + Shiftキー + 4

上記ショートカットを実行すると、Mac上のポインタが+マークに変わります。この+マークをスクリーンショットを撮りたい場所の始点に移動させ、スクリーンショットを撮りたい部分をそのままドラッグします。そしてスクリーンショットを撮りたい部分を選択することができたら、トラックパッドから手をはなします。これでデスクトップにスクリーンショット画像が保存されますので確認しましょう。もし選択部分を取り消したい場合は、escapeキーを押します。

ここで紹介した画面の一部分のみのスクリーンショットの方法により、画面全体を写す必要がなくなりますので、他の人には見せたくないファイルなどを開いていたり、見せたくない画面表示だったとしても、除外してスクリーンショットを撮ることができるので安心です。

Macで開いているウインドウのスクリーンショットを撮りたい場合

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-04-05-2-52-40

開いているウインドウのみをピンポイントでスクリーンショットを撮ることもできます。特定ウィンドウのスクリーンショットを撮影するには、下記のキーボードショートカットを実行します。

command + Shift + 4

すると、カーソルが+マークになります、+マークになったことを確認したら、次にその状態でスペースキーを押します。すると、+マークがカメラマークに表示が切り替わります。カメラマークに切り替わったら、スクリーンショットを撮りたい開いているウインドウに移動させます。そして、そのウインドウでクリックします。すると該当のウインドウが選択されますので、トラックパッドをクリックします。

該当ウインドウのスクリーンショットの画像がデスクトップに保存されますので確認しましょう。もしウインドウを選択した後に、選択を解除したい場合は、escapeキーを押すと解除されます。これにより、より詳細な状況を他の人と共有したりすることができるようになります。Finderのウインドウやアプリケーションのウインドウで使うことができる方法です。

Macで開いているメニューのスクリーンショットを撮りたい場合

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-04-05-2-53-40

Macでは、メニューのスクリーンショットを撮ることもできます。方法は簡単で、メニューをクリックして内容を表示させます。そして、commandキーを押しながら、Shiftキーと4を一緒に押します、これによりカーソルが+マークの表示に切り替わります。そして+マークをドラッグしてメニューを選択します。選択し終わったらトラックパッドから手をはずします。

すると、選択したメニュー部分のスクリーンショットがデスクトップに保存されます。スクリーンショット前に選択した部分を解除したい場合は、escapeキーを使います。また、タイトル以外のメニューのスクリーンショットを撮りたい場合は、メニューのスクリーンショットを撮る時同様に、メニューをクリックして内容を表示させます。

そして、commandキーを押しながら、Shiftキーと4を一緒に押します。すると、カーソルが+マークに切り替わります。ここで、スペースキーを押します。すると、今度は+マークがカメラマークに切り替わります。カメラマークをメニューのところでクリックし選択させます。そして、問題なければトラックパッドから手をはなせばタイトル以外のメニューのスクリーンショットがデスクトップに保存されます。選択した段階で、解除したい場合は同様にescapeキーを押すだけです。

その他のスクリーンショット撮影方法など

e9b2d5047b349bde0c440bd93c37aa31_s
Macでスクリーンショットを撮る場合は、上記以外にも様々なキーボードショートカット方法が存在します。デスクトップ全体を撮影したうえでスクリーンショットの画像をクリップボードに転送する場合は、「Controlキーを押しながら、commandキーとShiftキーと3を一緒に押します」。

さらに、選択範囲をスクリーンショットで撮って、画像をクリップボードに転送したい場合は、Controlキーを押しながら、commandキーを押し、Shiftキーと4を一緒に押します。また、選択範囲を指定しスクリーンショットを撮る場合に、スペースキーを押し続けることで、選択した範囲を固定し、そのまま選択範囲を動かすことができるようになります。

同じように、Shiftキーを押し続けると、選択した範囲の縦か横のどちらか片方を固定させることができるようになります。Shiftキーとスペースキーを一緒に押し続けると、選択した範囲を固定し、縦か横の座標を固定したままで選択した範囲をそのまま動かすことができます。Optionキーを押し続けることで、選択した範囲を真ん中を中心に大きさを変更させることができるようになります。など、選択するキーボードの組合せによっては様々な変更などをすることができます。

まとめ

今回は、Macでスクリーンショットを撮る方法について紹介いたしました。今回紹介した方法により、簡単にMacの画面をスクリーンショットで撮ることができるようになり、他の人と共有したりすることができるようになります。iPhoneなどのスマートフォンよりもスクリーンショットのパターンも多く、より具体的で詳細な画像を写すことが可能です。

Macを使いは始めて間もない方など、スクリーンショットを多用し、どんどん共有を図ると良いでしょう。また、ビジネスなどでも多用することができます。ぜひ、試しにいずれかのスクリーンショットを撮ってみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です