Macでスクリーンショットを撮る方法

LINEで送る
Pocket

5f218849888ceb20f46ebc1d0c940fa7_s

今回は、Macでスクリーンショットを撮る方法について紹介いたします。iPhoneなどスマートフォンで画面を簡単に写すことができるスクリーンショットですが、Macでもスクリーンショットを撮ることが可能です。

これにより、簡単に他の人と自分の見ている画面を共有することができます。Macのスクリーンショットはただ画面全体を撮影するだけでなく、様々なパターンで撮影することができます。それらの方法について紹介していきますので、特にMacを最近使い始めた方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

スクリーンショットを撮る方法

Macにはスマートフォンと違いいくつかのスクリーンショットのパターンがあります。いずれも操作方法は簡単ですので、用途に分けて使い分けると良いでしょう。

Macで画面全体のスクリーンショットを撮りたい場合

Macの画面に写っているすべてのものをスクリーンショットで撮りたい場合の方法です。画面全体が写しだされますのでアプリやメニュー、時間表示なども見ている画面がそのまま表示されます。画面全体のスクリーンショットを撮る方法は、commandキー押しながら、Shiftキーと3を一緒に押します。すると、画面全体のスクリーンショットがデスクトップに保存されます。デスクトップ以外にもDropboxなどのクラウドストレージに直接保存することも可能です。

Macで画面の一部分のスクリーンショットを撮りたい場合

Macの画面全体ではなく画面の一部分をスクリーンショットで撮りたい場合は、commandキーを押しながらShiftキーと4を一緒に押します。するとMac上のポインタが+マークに変わります。この+マークをスクリーンショットを撮りたい場所の始点に移動させ、スクリーンショットを撮りたい部分をそのままドラッグします。

そしてスクリーンショットを撮りたい部分を選択することができたら、トラックパッドから手をはなします。すると、デスクトップにスクリーンショット画像が保存されます。もし選択部分を取り消したい場合は、escapeキーを押します。

また、+マークを表示させた状態でさらにスペースキーを押すと、+マークがカメラマークに変わり、特定のウインドウなどをそのままスクリーンショット撮ることができます。次の項目でその方法について詳しく説明します。

ここで紹介した画面の一部分のみのスクリーンショットの方法により、画面全体を写す必要がなくなりますので、他の人には見せたくないファイルなどを開いていたり、見せたくない画面表示だったとしても、除外してスクリーンショットを撮ることができるので安心です。

Macで開いているウインドウのスクリーンショットを撮りたい場合

開いているウインドウのみをピンポイントでスクリーンショットを撮ることもできます。これにより、他の人と共有したい場合も無駄な情報を除外して共有することができるようになります。特定のウインドウのスクリーンショットを撮る方法は、commandキーを押しながら、Shiftキーと4を一緒に押します。

すると、カーソルが+マークになります、+マークになったことを確認したら、次にその状態でスペースキーを押します。すると、+マークがカメラマークに表示が切り替わります。カメラマークに切り替わったら、スクリーンショットを撮りたい開いているウインドウに移動させます。そして、そのウインドウでクリックします。すると該当のウインドウが選択されますので、トラックパッドをクリックします。

すると、該当ウインドウのスクリーンショットがデスクトップに保存されます。もしウインドウを選択した後に、選択を解除したい場合は、escapeキーを押すと解除されます。これにより、より詳細な状況を他の人と共有したりすることができるようになります。Finderのウインドウやアプリケーションのウインドウで使うことができる方法です。

Macで開いているメニューのスクリーンショットを撮りたい場合

Macでは、メニューのスクリーンショットを撮ることもできます。方法は簡単で、メニューをクリックして内容を表示させます。そして、commandキーを押しながら、Shiftキーと4を一緒に押します、これによりカーソルが+マークの表示に切り替わります。そして+マークをドラッグしてメニューを選択します。選択し終わったらトラックパッドから手をはずします。

すると、選択したメニュー部分のスクリーンショットがデスクトップに保存されます。スクリーンショット前に選択した部分を解除したい場合は、escapeキーを使います。また、タイトル以外のメニューのスクリーンショットを撮りたい場合は、メニューのスクリーンショットを撮る時同様に、メニューをクリックして内容を表示させます。

そして、commandキーを押しながら、Shiftキーと4を一緒に押します。すると、カーソルが+マークに切り替わります。ここで、スペースキーを押します。すると、今度は+マークがカメラマークに切り替わります。カメラマークをメニューのところでクリックし選択させます。そして、問題なければトラックパッドから手をはなせばタイトル以外のメニューのスクリーンショットがデスクトップに保存されます。選択した段階で、解除したい場合は同様にescapeキーを押すだけです。

その他のスクリーンショット撮影方法など

Macでスクリーンショットを撮る場合は、上記以外にも様々なキーボードショートカット方法が存在します。デスクトップ全体を撮影したうえでスクリーンショットの画像をクリップボードに転送する場合は、「Controlキーを押しながら、commandキーとShiftキーと3を一緒に押します」。

さらに、選択範囲をスクリーンショットで撮って、画像をクリップボードに転送したい場合は、Controlキーを押しながら、commandキーを押し、Shiftキーと4を一緒に押します。また、選択範囲を指定しスクリーンショットを撮る場合に、スペースキーを押し続けることで、選択した範囲を固定し、そのまま選択範囲を動かすことができるようになります。

同じように、Shiftキーを押し続けると、選択した範囲の縦か横のどちらか片方を固定させることができるようになります。Shiftキーとスペースキーを一緒に押し続けると、選択した範囲を固定し、縦か横の座標を固定したままで選択した範囲をそのまま動かすことができます。Optionキーを押し続けることで、選択した範囲を真ん中を中心に大きさを変更させることができるようになります。など、選択するキーボードの組合せによっては様々な変更などをすることができます。

まとめ

今回は、Macでスクリーンショットを撮る方法について紹介いたしました。今回紹介した方法により、簡単にMacの画面をスクリーンショットで撮ることができるようになり、他の人と共有したりすることができるようになります。iPhoneなどのスマートフォンよりもスクリーンショットのパターンも多く、より具体的で詳細な画像を写すことが可能です。

Macを使いは始めて間もない方など、スクリーンショットを多用し、どんどん共有を図ると良いでしょう。また、ビジネスなどでも多用することができます。ぜひ、試しにいずれかのスクリーンショットを撮ってみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です