Macのスクリーンセーバを設定する方法

LINEで送る
Pocket

かつてディスプレイといえばCRT(ブラウン管)ディスプレイが主流でした。昔のCRTディスプレイは、長時間同じ内容を映し続けるとその映像が残像のように表示され続けてしまうという不具合が発生することがありました。これを「ディスプレイの焼き付き」などと言います。

ディスプレイの焼き付きを防ぐ目的で開発された機能がスクリーンセーバです。スクリーンセーバは、一定時間ユーザからの操作がなかった場合に起動し、何らかの動きのある映像をディスプレイに移すことで焼き付きを防止します。

CRTディスプレイの進化が進んだこと、今では液晶ディスプレイが主流なことから、現在ではディスプレイの焼き付きを心配する必要はないでしょう。それでもスクリーンセーバ機能は今でも搭載され続けています。今では焼き付き防止というよりは、エンターテインメント性を重視したアクセサリー感覚に使われる場合が多いようです。

本稿ではMacでスクリーンセーバを設定する方法を紹介します。

スポンサーリンク

スクリーンセーバを設定する

スクリーンセーバを設定するには、

1. メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定…」を選択する。

01-select-system-preferences

2. システム環境設定から「デスクトップとスクリーンセーバ」環境設定をクリックする。

02-system-preferences

3. デスクトップとスクリーンセーバ環境設定の「スクリーンセーバ」タブをクリックし、好みのスクリーンセーバを選択する。

03-screensaver

4. 「開始までの時間」を設定する。

ディスプレイのスリープを設定する

エンターテインメント性を無視して、ディスプレイの保護だけを考えるならば、ディスプレイのスリープ設定を用いるとよいでしょう。

ディスプレイのスリープ設定を用いることで、指定時間ユーザの操作がなかった時に自動的にディスプレイをスリープさせることができます。

1. メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定…」環境設定を選択する。
2. システム環境設定の「省エネルギー」環境設定をクリックする。

04-system-preferences

3. 省エネルギー環境設定の「ディスプレイのスリープ」でディスプレイをスリープさせる時間を設定する。

05-display-sleep

スクリーンセーバ、スリープ復帰にパスワードを要求する設定

スクリーンセーバ、ディスプレイのスリープからの復帰にログインパスワードを要求するように設定することもできます。

スクリーンセーバが起動していたり、ディスプレイがスリープしたりするということは、ユーザからの操作がまったくない状態が続いているということです。もちろん、Macの前にはいるけれど操作はしていないという状況はありえますが、不意の退席が長時間続いてしまっているという状況も当然ありえるでしょう。

スクリーンセーバ、ディスプレイのスリープからの復帰にログインパスワードを要求するように設定しておけば、そういう状況において第三者にMacを不正使用されてしまうかもしれない事態を防ぐことができます。

1. メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定…」を選択する。
2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」環境設定をクリックする。

06-system-preferences

3. セキュリティとプライバシー環境設定の「一般」タブを選択し、「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」にチェックを入れる。

07-password

4. 「開始後」でスクリーンセーバ、スリープが開始してどれだけ経ってからパスワードを要求するのかを設定する。

まとめ

いかかでしたか? 本稿ではMacのスクリーンセーバを設定する方法について説明しました。スクリーンセーバを設定する方法の他にもディスプレイをスリープさせる設定についても紹介し、それらから復帰する時にパスワードを要求する設定についても解説しました。

Macでスクリーンセーバを使用する際には本稿を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です