Macで再生している音を録音する方法

LINEで送る
Pocket

Macで再生されている音声を録音したいと思ったことはありませんか?

Macには内臓マイクが搭載されていますし、音声入力端子に外部マイクや他の機器を接続して、それらから入力された音声を録音することはかんたんに行えます。しかし、Macで再生されている音声を、そのMac自身で録音するには一手間かける必要があります。

本稿ではMacで再生している音を録音する方法について説明します。

スポンサーリンク

Soundflowerのインストール

QuickTime Playerを用いると、Macの内臓マイクや外部機器を用いて音声を録音することがかんたんにできます。しかし、これはMacの外や外部機器で鳴っている音声を録音する機能であり、そのMacの中で再生されている音声を録音することは通常はできません。

そこで用いられるのが「Soundflower」です。SoundflowerはMacで再生している音声をマイク入力へバイパスする機能を持つオープンソースのカーネル拡張です。Soundflowerを用いることで、Macで再生している音声をかんたんに録音することができます。

Soundflowerの配布ページへ行き、「Downloads」セクションの「Soundflower-XXX.dmg」(XXXはバージョン番号。2015年11月11日時点では「Soundflower-2.0b2.dmg」)をクリックしてディスクイメージをダウンロードしてください。

00-download-soundflower

ダウンロードしたディスクイメージを展開するとインストーラがあるので、指示にしたがってSoundflowerをインストールしてください。

QuickTime Playerを用いて録音する

SoundflowerとQuickTime Playerを用いて録音するには、以下の手順にしたがってください。

  1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択します。
  2. 01-select-system-preferences-menu

  3. システム環境設定から「サウンド」環境設定をクリックします。
  4. 02-system-preferences

  5. サウンド環境設定の「出力」タブで「Soundflower (2ch)」を選択します。この時点でMacのスピーカから音は出なくなることに注意してください。
  6. 03-sound-preferences

  7. 「QuickTime Player」を起動します。QuickTime Playerは「アプリケーション」フォルダにあります。Spotlightで「QuickTime Player」と検索して起動することもできます。
  8. QuickTime Playerの「ファイル」メニューから「新規オーディオ収録」を選択します。
  9. 04-select-audio-recording-menu

  10. 「オーディオ収録」ウィンドウの録音ボタン脇の「⌄」をクリックし、「マイク」から「Soundflower (2ch)」を選択します。
  11. 05-quicktime-recording

  12. 「オーディオ収録」ウィンドウの録音ボタンをクリックすることで録音が開始します。録音したい音声を再生してください。
  13. 録音を終えるときは停止ボタンをクリックします。
  14. 録音を終えた後は、手順3で行ったサウンド環境設定の出力を元に戻します。

これでMacで再生している音声を録音することができます。

ただし、手順3で音声出力としてSoundflowerを選択した時点でMacのスピーカからは音が流れず、録音箇所を細かく指定しづらいという点に注意してください。録音した結果の音声ファイルはQuickTime Playerでかんたんにトリミングできるので、前後に余裕を持って録音し、後からいらない部分をトリミングすると良いでしょう。

録音を終えた後は、手順6の出力を元に戻す作業を忘れずに行ってください。出力をSoundflowerのままにしておくとMacからは音声が鳴りません。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではMacで再生している音を録音する方法について説明しました。カーネル拡張Soundflowerを紹介し、QuickTime Playerを用いて録音する方法を解説しました。

Macで再生している音を録音したいときは本稿を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です