Home / Apple / Mac / MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法

Pocket

a5e6c80ab69e632f1cb269d0117384bb_s

今回は、MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法について紹介いたします。リモートデスクトップ接続することにより、Macで遠方のWindowsの画面を表示し操作することができます。リモートデスクトップ接続するにはどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、接続方法を中心に解説していますので、リモートデスクトップ接続をしようとしている方は、ぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

Microsoft Remote Desktop アプリを使いリモートデスクトップ接続する方法

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続するには、専用のアプリが必要となります。ここでは、専用アプリを使ったリモートデスクトップ接続方法について紹介しています。

Microsoft Remote Desktopをインストールする

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する場合、MicrosoftのMicrosoft Remote Desktopアプリが必要になります。Microsoft Remote Desktopアプリをインストールするには、Macの「AppStore」を開き、Microsoft Remote Desktopを検索します。

Microsoft Remote Desktopアプリが表示されたらアイコンの下にある「入手」をクリックし、「Appをインストール」をクリックします。Microsoft Remote Desktopアプリのダウンロードとインストールが実施されますので、インストールが完了したらMicrosoft Remote Desktopアプリを開きMacからWindowsへのリモートデスクトップ接続の作業に移ります。

リモートデスクトップを接続する

Microsoft Remote Desktopアプリのインストールが完了したら、MacからWindowsへリモートデスクトップを接続します。Microsoft Remote Desktopアプリを起動し、表示された画面のツールバーの左にある「New」をクリックします。

「Edit Remote Desktops」の画面が表示されますので、「Connection name」に任意の名前を入力します。「PC name」には、接続先のパソコンの名称もしくはIPアドレスを入力します。「Gateway」は、「No gateway configured」にし、「Credentials」の「User name」には、接続先のパソコンのユーザー名を入力し、「Password」にはパスワードを入力します。

「Resolution」「Colors」「Full screen mode」は、最初に設定されているままにし、設定が完了したら「Edit Remote Desktops」のウインドウを閉じます。新しい接続先が追加されますので、作成した接続先を選択しツールバーにある「Start」をクリックします。

「Start」をクリックすることで、リモートデスクトップのウインドウが表示されます。メッセージが表示されますので、「Continue」をクリックします。リモートデスクトップの接続が完了し、接続先のWindowsパソコンのデスクトップの画面が表示されます。

リモートデスクトップゲートウェイを利用する場合

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

まだ知らない人必見!パソコンをロックして快適に利用する方法2つ

パソコンをご利用されている方で …

Facebookでのご購読が便利です