MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法

LINEで送る
Pocket

a5e6c80ab69e632f1cb269d0117384bb_s

今回は、MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法について紹介いたします。リモートデスクトップ接続することにより、Macで遠方のWindowsの画面を表示し操作することができます。リモートデスクトップ接続するにはどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、接続方法を中心に解説していますので、リモートデスクトップ接続をしようとしている方は、ぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

Microsoft Remote Desktop アプリを使いリモートデスクトップ接続する方法

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続するには、専用のアプリが必要となります。ここでは、専用アプリを使ったリモートデスクトップ接続方法について紹介しています。

Microsoft Remote Desktopをインストールする

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する場合、MicrosoftのMicrosoft Remote Desktopアプリが必要になります。Microsoft Remote Desktopアプリをインストールするには、Macの「AppStore」を開き、Microsoft Remote Desktopを検索します。

Microsoft Remote Desktopアプリが表示されたらアイコンの下にある「入手」をクリックし、「Appをインストール」をクリックします。Microsoft Remote Desktopアプリのダウンロードとインストールが実施されますので、インストールが完了したらMicrosoft Remote Desktopアプリを開きMacからWindowsへのリモートデスクトップ接続の作業に移ります。

リモートデスクトップを接続する

Microsoft Remote Desktopアプリのインストールが完了したら、MacからWindowsへリモートデスクトップを接続します。Microsoft Remote Desktopアプリを起動し、表示された画面のツールバーの左にある「New」をクリックします。

「Edit Remote Desktops」の画面が表示されますので、「Connection name」に任意の名前を入力します。「PC name」には、接続先のパソコンの名称もしくはIPアドレスを入力します。「Gateway」は、「No gateway configured」にし、「Credentials」の「User name」には、接続先のパソコンのユーザー名を入力し、「Password」にはパスワードを入力します。

「Resolution」「Colors」「Full screen mode」は、最初に設定されているままにし、設定が完了したら「Edit Remote Desktops」のウインドウを閉じます。新しい接続先が追加されますので、作成した接続先を選択しツールバーにある「Start」をクリックします。

「Start」をクリックすることで、リモートデスクトップのウインドウが表示されます。メッセージが表示されますので、「Continue」をクリックします。リモートデスクトップの接続が完了し、接続先のWindowsパソコンのデスクトップの画面が表示されます。

リモートデスクトップゲートウェイを利用する場合

リモートデスクトップゲートウェイを利用する場合は次の方法でおこないます。リモートデスクトップアプリの接続先の一覧に新しい接続先を追加するか、すでにある接続先を選んでツールバーの「Edit」をクリックします。「Edit Remote Desktops」画面が表示されますので、「Gateway」のドロップダウンリストを表示し「Add gateway」を選択します。

「Preferences」の画面が開きますので、「Gateway name」にリモートデスクトップゲートウェイの判別のための任意の名前を入力します。「Server」欄にリモートデスクトップのサーバー名、もしくはIPアドレスを入力します。「User name」には、リモートデスクトップゲートウェイにログインをするユーザー名を入力し、「Password」にはその際のパスワードを入力します。

入力が完了したら、「Preferences」の画面を閉じます。「Edit Remote Desktops」の画面に戻り、「Gateway」を開くと、ドロップダウンリストに新しく追加したリモートデスクトップゲートウェイが表示されますので選択します。「PC name」には、リモートデスクトップゲートウェイでアクセスをおこなうパソコンの名称、もしくはIPアドレスを入力します。

「User name」には、接続先のパソコンのログインユーザー名を入力し、「Password」には、ログインの際に必要なパスワードを入力します。入力が完了したらウインドウを閉じます。設定した分が新しく追加されていますので、選択をしてツールバーの「Start」をクリックします。

リモートデスクトップゲートウェイの証明書に関する表示がされますので「Continue」をクリックします。再度、メッセージが表示されますので、もう1度「Continue」をクリックします。接続先のWindowsの画面が表示され、リモートデスクトップゲートウェイ経由での接続が完了です。

Macのフォルダをリモートデスクトップにマウントする場合

Macのフォルダをリモートデスクトップにマウントすることもできます。マウントする方法は次の通りです。「Microsoft Remote Desktop」の画面表示の際に、設置を変更したい接続先を選択し、右クリックし「Edit」を選択します。

「Edit Remote Desktops」画面が表示されますので、ツールバーの「Redirection」をクリックします。クリックした後に、ウインドウ上部の「Enable folder redirection」のチェックを入れて「+」マークをクリックします。「Add Local Folder」という画面が表示されますので、「Name」にマウントする名称、「Path」はドロップダウンリストから「Browse…」を選択します。

ダイアログボックスが表示されますので、リモートデスクトップにマウントしたいフォルダを選択します。希望のフォルダを選択したら、「Choose」をクリックします。再度「Add Local Folder」画面に戻りますので、「OK」をクリックして進めます。

「Edit Remote Desktops」画面にマウントするフォルダが追加されていることを確認し閉じます。リモートデスクトップに接続して、エクスプローラーの「PC」を開きます。Macのドライブが表示されていますので、開くとフォルダがマウントされており受け渡しができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法について紹介いたしました。MacからWindowsへのリモートデスクトップ接続は、専用アプリを使うことで、素早く簡単におこなうことができます。

特に仕事関連や情報共有でリモートデスクトップ接続をおこなうと非常に便利ですので、興味がある方は、ぜひ1度試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です