MacでRARファイルを展開するためのアプリケーションと操作手順

LINEで送る
Pocket

RARは圧縮形式のひとつで、広く用いられている圧縮形式であるZipに比べて高い圧縮率を誇るフォーマットです。また、一定のサイズごとにファイルを分割して圧縮できるという特徴も持っています。

Zipにはない特徴を持ったRARファイルにも一定の需要が存在しますが、OS Xは標準機能でRARファイルを展開することができません。

本稿では、MacでRARファイルの展開するためのアプリケーションとその操作手順を紹介します。

スポンサーリンク

The Unarchiver

OS XでRARファイルを展開するには、RAR形式に対応した展開アプリケーションが必要になります。そこで用いるのが「The Unarchiver」です。

01-the-unarchiver-icon

The UnarchiverはRARファイルだけではなく、Zip、Tar-GZip、Tar-BZip2、7-zip、LhA、StuffIt形式など、多くの種類の圧縮ファイルを展開することができるアプリケーションで、OS Xでの定番アプリケーションのひとつです(The Unarchiverが対応している圧縮形式については「Supported formats」を参照してください)。

ひとつ注意が必要なのは、The Unarchiverは公式ウェブサイトで配布しているバージョンと、Mac App Storeで配布しているバージョンのふたつが存在しているということです。

どちらも基本的な機能は同じですが、Mac App Store版はOS Xのシステム保護機能であるSandboxの制約を受けているので、一部機能が制限されており、Sandboxの制約を受けない公式サイト版に比べて操作感が多少落ちます。Mac App Store版はアップデートが容易といったメリットもありますが、公式サイト版を用いるのが無難でしょう。

1. 公式サイトからThe Unarchiverをダウンロードし、インストールします。

02-the-unarchiver-download

2. The Unarchiverのアイコンをダブルクリックして起動します。

3. The Unarchiverの環境設定ウィンドウが開くので、「アーカイブ形式」タブを選択し、「RAR Archive」にチェックを入れます。これでThe UnarchiverでRARファイルを扱うことを指定できます。

03-the-unarchiver-formats

4. RARファイルをダブルクリックするとThe Unarchiverが起動してファイルを展開してくれます。

もし手順3を行ったにも関らず、RARファイルのダブルクリックでThe Unarchiverが起動しない場合、RARファイルを右クリック(トラックパッドの二本指クリック、あるいはControl-クリック)でコンテキストメニューを出し、「このアプリケーションで開く」から「The Unarchiver」を選択してThe Unarchiverを明示的に起動してみてください。

04-open-with

The Unarchiverはパスワード付きのRARファイルや、分割圧縮されたRARファイルを展開することもできます。パスワード付きのRARファイルをダブルクリックした場合はパスワードを入力するダイアログが表示されるので、そこにパスワードを入力します。分割圧縮されたRARファイルの場合、分割されたファイルのひとつをダブルクリックすると、残りのファイルも自動的に認識してファイルを展開してくれます。

まとめ

本稿ではMacでRARファイルを展開するためのアプリケーションとその操作手順を紹介しました。RARファイルを展開するアプリケーションとして「The Unarchiver」を紹介し、その操作方法について解説しました。

MacでRARファイルを展開する必要がある場合は本稿に参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です