Home / Apple / Mac / Macの動作が重い時の対策方法

Macの動作が重い時の対策方法

Pocket

Macを使用していて動作が重くなったことはありませんか? アプリケーションを立ち上げすぎているとか、一部のアプリケーションが重い処理をしているといった理由から、Macの動作が重くなってしまいます。

本稿ではMacの動作が重くなった時の対策方法について説明します。

スポンサーリンク

動作が重くなった時の対策方法

ウェブブラウザで不要なタブを閉じる

近年のウェブブラウザではタブブラウジングを行うのが主流です。ブラウザ自体はひとつ(あるいは少数)のウィンドウしか開きませんが、その中でタブを切り替えながら複数のウェブページを閲覧します。

各タブでウェブページを保持し、時には動画や音声などを再生し、スクリプトが動作しています。ひとつひとつは問題にならなくとも、いくつものタブが積み重なることで多くのマシンリソースの消費します。

必要がなくなったタブはこまめに閉じる習慣をつけましょう。

不要なアプリケーションを終了する

アプリケーション自体も、当然マシンリソースを消費します。使い終わったアプリケーションはこまめに終了してください。OS Xはウィンドウをすべて閉じたとしても、アプリケーションが終了するとは限りません。

アプリケーションを終了するときは、メニューバーのアプリケーションメニューから「XXXを終了」(XXXはアプリケーション名)を選択するか、Command-Qのショートカットを用いてください。

アクティビティモニタで調べる

Macの動作が重くなった時の原因として考えられるのが、CPUパワーの消費とメモリの消費です。時にはアプリケーションに問題があり、CPUパワーやメモリを使い尽くしているかもしれません。

「アクティビティモニタ」を用いることで、現在どのアプリケーションがどれだけのマシンリソースを消費しているかを調べることができます。アクティビティモニタでマシンリソースの消費状態を調べるには、以下の手順にしたがってください。

    1. アクティビティモニタを起動します。アクティビティモニタは「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダの中にあります。Spotlightで「アクティビティモニタ」と検索して起動することもできます。
    2. ツールバーのタブから「CPU」を選択すると、CPUの消費状態を調べることができます。

01-activity-monitor-cpu

    1. ツールバーのタブから「メモリ」を選択すると、メモリの消費状態を調べることができます。

02-activity-monitor-memory

アクティビティモニタの中で赤字で表示されているものがあった場合、そのアプリケーションはフリーズ、または暴走している可能性が高いでしょう。その場合は、赤字の項目を選択し、ツールバーから「×」ボタンをクリックしてアプリケーションを強制終了してください。

不要なログイン項目を削除する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

本人確認を手軽に便利に!Touch IDの設定方法とメリット4選

長年にわたり、iPhoneのセ …

Facebookでのご購読が便利です