Home / Apple / Mac / Macで使える無料オフィスアプリケーション

Macで使える無料オフィスアプリケーション

Pocket

パソコンの用途として少なくない割合を占めるのが、ワープロ文書や表計算などのオフィス文書の閲覧、編集作業です。

そのオフィス文書の編集アプリケーションとしてデファクトスタンダードの地位を得ているのがMicrosoft社のOfficeです。Windows PCであれば最初からOfficeがバンドルされていることも珍しくありませんが、MacでMicrosoft Officeを使いたければ自分で購入しなければなりません。

しかし、Microsoft Officeは決して安価な製品ではなく、手が出にくいという方もいらっしゃるでしょう。そこで本稿では、Macで使える無料のオフィスアプリケーションを紹介します。

スポンサーリンク

LibreOffice

LibreOfficeはオープンソースで開発されているオフィススイートです。OS X/Windows/Linuxのマルチプラットフォーム対応なので、様々な環境で同じ機能、インターフェイスを使用できます。

LibreOfficeには以下のアプリケーションが付属しています。

アプリケーション 機能
Writer ワープロ
Calc 表計算
Impress プレゼンテーション
Draw ベクタ画像編集
Base データベース
Math 数式エディタ
Charts グラフ作成

LibreOfficeはMicrosoft Officeと互換性があり、相互にファイルのやり取りが可能です。ただし完全ではないので、レイアウトが崩れたりマクロが動作しない可能性があります。

インストール

LibreOfficeをインストールするには、以下の手順にしたがってください。

1. LibreOfficeのダウンロードページから「ダウンロードバージョン XXX」(XXXはその時のバージョン番号)をクリックしてディスクイメージをダウンロードします。同時に「翻訳されたユーザーインターフェース」をクリックして日本語言語パックのディスクイメージもダウンロードします(日本語言語パックは次項の日本語化のとき用います)。

01-download-libreoffice

2. ディスクイメージにLibreOfficeのアプリケーションが入っているので、「アプリケーション」フォルダにドラッグ&ドロップしてインストールします。

日本語化

LibreOfficeは初期状態では英語版で起動します。前項でダウンロードした日本語の言語パックを用いて日本語化するには、以下の手順にしたがってください。

1. ダウンロードしたディスクイメージに入っている「LibreOffice Language Pack.app」を起動します。OS Xのセキュリティ機能によってダブルクリックで起動できないときは、右クリック(トラックパッドの二本指クリック、あるいはControl-クリック)のコンテキストメニューから「開く」を選択して起動してください。

02-select-open

03-open-alert

2. インストーラが起動するので「インストール」をクリックします。

04-lang-pack-install

3. インストールが完了したら「はい」をクリックします。

05-lang-pack-finish

4. LibreOfficeを起動します。
5. メニューバーの「LibreOffice」メニューから「Preferences…」を選択します。

06-select-libreoffice-preferences

6. ウィンドウ左「Language Settings」の「Language」を選択し、「User Interface」で「Japanese」を選択します。

07-preferences-language

7. LibreOfficeを終了します。

これで次回から日本語でLibreOfficeが起動します。

Office Online

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

MACのタスクマネージャー代わりは?アクティビティモニタの操作

WindowsからMacに乗り …

Facebookでのご購読が便利です