Home / Mac / Macと相性抜群のおすすめマウスランキング

Macと相性抜群のおすすめマウスランキング

Pocket

ノートブックタイプのMacでは、ポインティングデバイスデバイスは本体に装備されているトラックパッドが標準です。Macのほとんどの操作はトラックパッドでの操作が可能であり、MacのトラックパッドはWindowsPCでは比較にならないほど異次元の使いやすさです。

それでもデザイン作業でこまかな編集作業を行う時、Officeアプリでの編集作業を行う時、細かな位置取りするのに難しいなと感じている方は多いと思います。そのような時にはマウスを使うことをお勧めします。マウスが欲しいなと家電量販店へいっても非常にたくさんのマウスが売られています。さて、Macで利用する場合、どのようなマウスを用意すれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

Macのポインティングデバイス

iMacの場合

iMacはデスクトップ版のディスプレイ一体型のMacです。iMacのポインティングデバイスは、Bloutoothの無線に対応したMagic Mouse2が標準で添付していますが、Apple StoreやApple Onlineでは、オプションとしてMagic Trackpadへの交換、あるいは、両方を使用するという有料のオプションがあります。もちろんUSBポート(Type-A)がありますので、市販のマウスを接続することもできます。

MacBookシリーズ

ノートブックタイプのMacには、最上位からMacBookPro、MacBookAir、そしてMacBookがあります。このMacBookシリーズでは、買ってきたままでトラックパッドをそのまま使っている方が多くいます。MacBookシリーズでは、全機種Bloutooth機能があり、12インチのMacBook以外はUSBポート(Type-A)がありますので、純正、または、市販のマウスを接続することができます。

マウスとトラックパッド

トラックパッドとマウス、どちらを選ぶべきかは、使い方次第です。あるいは、使用するアプリによっても、向き、不向きがあると思います。例えば、Microsoft OfficeやAdobeのIllustratorとPhotoshopは、Windows製品との操作方法の共通化のため、どちらかというとマウスでも利用を前提に作られています。

ただ、MacBookProやAirのトラックパッドで使いにくいかというとそのようなことはありません。特にトラックパッドでは縦に長い文章では、トラックパッドで慣性力を効かせた操作を行った方が早くスクロールできる場合もあります。ただし、文章や表の中の特定の位置へ移動する場合、また、デザインなどの細かな作業で微妙な位置決めを行う操作時には、マウスの利用の方が楽な場合が多くあると思います。

さらに、ドラッグ・アンド・ドロップ操作はトラックパッドでもできないことはないですが、微妙な位置でもドロップ操作では指がつりそうになるといいう経験をされた方もいることでしょう。WindowsPCに比べ、Macのトラックパッドはとても使いやすいものになっていますが、微妙な操作を行う必要がある時は、是非ともマウスの利用も考えることをお勧めします。

作業効率を高めるためには、両者併用がお勧め

範囲指定してドラッグ&ドロップ、線・図形の描画は、どちらかというとマウスが得意な分野です。逆に、Mission ControlにExpose、トラックパッド右端の外から2本指で左側へスワイプして通知センターを開いたり、仮想デスクトップの切り替えはトラックパッドを使った方が効率的です。

MacBookAirを外出先で利用するような場合、操作スペースに余裕があるときに限られますが、トラックパッドとマウスを併用するのが作業効率が最もよくなる方法と言えます。

マウスの種類

Macで利用できるマウスには、Apple社の純正品、Microsoft社のマウス、そしてサードパーティー製のマウスと多くの製品が販売されています。そして、サードパーティ製は日々新製品が登場します。今回の記事では、入手可能なたくさんのマウス製品の中から、Macで利用する上でのタイプ別のお勧めランキングを紹介します。

第1位は、純正品のMagic Mouse2

1 2

スポンサーリンク

Check Also

macで画像編集~フリー画像編集・画像加工アプリ7選

macユーザーの皆さんは画像編 …

Facebookでのご購読が便利です