Macで自分のIPアドレスを調べる方法

LINEで送る
Pocket

インターネットや家庭内ネットワークにおいて、接続されている機器を識別するために用いられるのが「IPアドレス」です。IPアドレスには大きく分けてふたつ種類があり、たとえば家庭内でルータに繋がったパソコン等に個別に振られるような「ローカルIPアドレス」と、インターネット接続に使用される「グローバルIPアドレス」があります。

IPアドレスは通常、ドット付き十進表記、またはドットアドレスと呼ばれる、0〜255までの数字4組をドットでつないだ記法で表記されます(「192.168.100.101」など)。

ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互変換することで、ひとつのインターネット回線契約で、家庭内の複数の機器が個別にインターネット接続することが可能になります。

家庭内ネットワークを構築するときや、自宅サーバを立ち上げたい時など、自分が使用している機器が持つIPアドレスを確認したい場合があるでしょう。本稿ではそれらのIPアドレスをMacから確認する方法を紹介します。

スポンサーリンク

MacでローカルIPアドレスを確認する

ローカルIPアドレスを確認するには「システム環境設定」にある「ネットワーク」環境設定を見るのがかんたんです。

1. システム環境設定を開く

システム環境設定は画面上部のメニューバーからアップルメニューを開き、「システム環境設定…」をクリックします。

01-select-system-preferences

2. システム環境設定から「ネットワーク」環境設定をクリックします。

02-system-preferences

3. ネットワーク環境設定から確認したいインターフェイスを選択すると(ここでは有線Ethernetを選択)、ローカルIPアドレスを確認することができます。

03-network-preferences

ターミナルの使用に慣れている方であれば、ターミナルを起動して(OS X標準のターミナルアプリケーションは「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダの中にあります)、

$ ifconfig

とコマンドを実行してみてください。Macの各ネットワークインターフェイスが使用しているIPアドレスを確認することができます。

グローバルIPアドレスを確認する

グローバルIPアドレスを確認する一番かんたんな方法は、インターネットのIPアドレス確認サイトを使用することです。

IPアドレス確認サイトはたくさんありますが、たとえば「確認くん」にウェブブラウザでアクセスすると、「現在接続している場所(IPv4)」という箇所にグローバルIPアドレスが表示されます。

04-kakuninkun

また、インターネット接続にルータを介している場合、製品によってはグローバルIPアドレスを確認できるものがあります。使用中のルータの取扱説明書や設定画面をよく見てみるのも良いでしょう。

ターミナルの使用に慣れている方で「curl」がインストール済みであれば、

$ curl ipecho.net/plain; echo

とコマンドを実行するとグローバルIPアドレスを確認することができます。「ipecho.net」は前述の「確認くん」同様、グローバルIPアドレスを確認できるサイトです。このサイトにウェブブラウザからアクセスすることでも、「確認くん」同様にグローバルIPアドレスを調べることができます。

まとめ

本稿では「ローカルIPアドレス」および「グローバルIPアドレス」の確認方法を紹介しました。ローカルIPアドレスの確認方法として「ネットワーク環境設定」を用いる方法とターミナルから「ifconfig」コマンドを用いる方法を紹介し、グローバルIPアドレスを確認する方法として「確認くん」というサイトを用いる方法、ターミナルから「curl」コマンドと「ipecho.net」を用いる方法を紹介しました。

MacのIPアドレスを確認しなければならない機会があれば、本稿を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です