Macの移行アシスタントを利用して新しいMacにコンテンツを移動する方法

LINEで送る
Pocket

古いMacのデータを新しいMacに簡単に移行する方法として、Macの標準装備の機能「移行アシスタント」ツールが用意されています。

この「移行アシスタント」には、Mac間でのデータ移行だけでなく、WindowsPCを利用してきたユーザが新たにMacを利用しようとするとき、WindowsPCに保存されている、連絡先、メールメッセージ、ドキュメントファイル等のさまざまなデータを一括して移行することもできます。

本稿では、Mac間のデータ移行の注意点とWindowsPCから新しいMacへ「移行アシスタント」を使って種々の設定・データを移行する方法について説明します。

スポンサーリンク

「移行アシスタント」利用上の注意点

移行アシスタントを使ったコンテンツの移動は万能ではありません。次に説明します幾つかの制限事項があります。これらの制限事項を加味して効果的なデータ移行手段を選択するようにしましょう。

既存のユーザアカウントに追加移行はできない

「移行アシスタント」を利用した場合、移行先のMacには新しいユーザアカウントが作成されて移行されます。複数のユーザアカウントで利用したくない場合は、新しいMacの最初の利用設定の段階で「移行アシスタント」を利用する必要があります。既にMacの最初の設定を済ませてしまった場合で、ユーザアカウントを変更したくない場合は、MacのOSをクリーン・インストールする必要があります。
ただし、1台のMacを複数のユーザアカウントで利用している場合、一つのユーザアカウントをそっくり新しいMacへ移行させたい場合は、有効な移行方法と言えます。

新しいOSから古いOSへの移行はできない

移行元と移行先のMacは同一バージョンのOSであるか、移行先のMacの方が新しいOSである必要があります。

WindowsPCからMacへ移行する場合は、移行元のWindowsPC側は、現在サポートされているWindows7からWindows10が対象となります。下記リンクからWindows用「移行アシスタント」をダウンロードしインストールする必要があります。
Windows パソコンから Mac にデータを移動する(Windows用移行アシスタントのダウンロード)

移行対象の選択は、フォルダ単位

「移行アシスタント」を利用したデータ移行では、一括移行以外に、ユーザアカウント単位、フォルダ単位で移行対象を選択することができます。ただし、フォルダ選択では第1階層までしか指定することができません。

001_targetfolder

また、WindowsPCからのデータ移行では、メールの設定、メッセージ、連絡先等を選択して移行することが可能です。

002_fromwindows

データ移行に多くの時間を要する場合があります

Mac同士でのデータ移行の場合はサンダーボルト・ケーブルやファイヤワイヤ・ケーブルで直結すれば比較的短時間での移行が可能です。同一ネットワークに接続する場合も移行は可能ですが、WiFi接続で移行する場合では大変時間がかかることがあります。この場合、データ移行時間を短くする対策としては、次のような設定の解除(移行中の一時的な停止)を行なっておいた方が良いでしょう。
(1) ファイアウォールの無効化
(2) アンチウイルス対策ソフトの停止
(3) スリープモード、スクリーンセイバーの解除
※ ネットワーク接続では、LANケーブルを直結させ他の機器と遮断することも有効な手段です。

その他の注意事項

移行元のMacでは、AppStore等で最新のアプリへのアップデートがあれば全て実行して最新の状態にしておいてください。

WindowsPCから移行を実施する場合は、移行に先立ち、Windowsアップデートを実行し最新の状態にしておくとともに、「チェックディスク」を実行し、ハードディスクに不良セクターがある場合は修復を行なってください。(「チェックディスク」のツールは、ハードディスクドライブの「プロパティ」の「ツール」タブの中にあります。利用方法については、Windowsのバージョンにより異なりますので、Windowsの解説書等を参考に実施してください。)

移行アシスタントの利用方法

古いMacまたはWindowsPCから新しいMacへデータ移行する場合の手順を紹介していきます。

移行元のMacまたはWindowsでの操作

(1) Macを移行元とする場合
[ユーティリティ]フォルダから「移行アシスタント」を起動します。

003_assistantstart

移行元のMacでは、画面一番下の「別のMacへ」を選んで「続ける」ボタンをクリックします。

(2) WindowsPCを移行元とする場合
インストールした「移行アシスタント」を起動し、「続ける」ボタンをクリックします。

004_assistantwin01

いずれの場合も移行先でのMacの操作を待ち、移行先からの操作により「パスコード確認」の画面が表示されましたら「続ける」ボタンをクリックします。

(パスコード確認:Mac側)

006_win2mac_002

(パスコードの確認:Windows側)

005_win_ikou_002

この後は、移行先のMacでの操作となります。

移行先のMacでの操作

(1) 移行アシスタントの起動
移行元のMacと同様に、[ユーティリティ]フォルダから「移行アシスタント」を起動します。
移行元がMacの場合は一番上を、移行元がWindowsの場合は、2番目の「Windows PCから」を選択し、「続ける」ボタンをクリックします。

007_assistantstart

(2) 移行元の選択
画面上部に、移行元で「移行アシスタント」が起動されている場合に対象機器が表示されます。移行元の機器を選んで「続ける」ボタンをクリックします。

008_selecttarget_01

移行元、移行先とも「パスコード確認」画面で同じ数字のパスコードが表示されていることを確認し、「続ける」ボタンをクリックします。

(3) 転送する情報を選択
転送対象となるデータ項目が画面に表示されます。ユーザアカウント、対象フォルダ等を選択することができます。各フォルダや項目については、対象となるデータの容量が表示されます。ここでは、転送の必要がないデータ、ユーザアカウントのチェックを外してください。

009_selectuser01

選択したデータの移行先は、データの種類によって異なります。移行元のデータと移行先の詳細については、Apple社のサイト(先に紹介したリンク先)で詳しく解説されていますので参照してください。

010_convertdata01

(4) 情報の転送
転送対象の情報の取捨選択が終わりましたら、「続ける」ボタンをクリックします。
情報の転送が開始されると、大まかな目安で所要時間が表示されますが、この表示時間はあまりあてにはなりません。

011_convertstart01

転送先のMacには、新しいユーザアカウントでデータが転送されますが、移行元と移行先で同じユーザアカウントが存在した場合は、次のような画面が表示され「新しい名前」の入力が必要となります。

012_newusermake

移行後の注意点

移行後は次のような課題がありますので、移行された新しいユーザアカウントでログインし必要な確認を行なってください。

(1) ライセンス認証が必要なアプリでは、改めてアクティベーション等を行う必要があります。古いMacでのアクティベーションの解除が必要となる場合があります。

(2) ゴミ箱の内容も転送されます。

(3) 移行元のフォルダが深い階層となっている場合はデータ転送されませんので、この場合は、USBメモリやネットワーク接続によりデータを移動する必要があります。

(4) 解除したファイアウォールの設定、アンチウイルスソフトによる保護の有効化、その他の移行に際して解除しておいた設定を元に戻すことを忘れずに実施しましょう。

(5) 転送時間が長く途中停止させた場合
転送対象のデータ量、移行元と移行先の接続状況によっては大変時間を要する場合があります。「移行アシスタント」は、移行元と移行先で「キャンセル」を実行することは可能です。ただし、移行先に新しいユーザアカウントが作成されている場合があります。この場合、不要なユーザアカウントであれば、「システム環境設定…」の「ユーザとグループ」から作成されたユーザを削除しておきましょう。
ただし、クリーンインストールされたMacの場合では、改めてクリーンインストールが必要となります。

まとめ

「移行アシスタント」によるコンテンツの移動方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。操作は簡単で一括してデータ移行が可能で便利なツールである反面、データの転送に時間がかかる、転送対象の選択が限定的といった欠点もあります。

このような場合は、TimeMachineや他のクラウドストレージを利用したデータ移行方法も検討してください。Mac同士でのユーザアカウントごと一括して転送する場合は、種々の設定を一つ一つ実施する必要がなく便利ではあります。移行に要する手間と所要時間を天秤にかけ「移行アシスタント」を効果的に利用してください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です