Macで画面キャプチャの方法と使い分け

LINEで送る
Pocket

Macの画面のスクリーンキャプチャを撮ろうと思った時に、使いやすいアプリをネットの評判を参考にしようと考えている方が多いと思います。ネットでアプリを探す前にチェックしておいて欲しいことがあります。

Macでは標準の機能としてスクリーン・キャプチャを撮る機能が3つ備わっています。その3つとは、ショートカット・キーを使う方法、ユーティリティの「グラブ」を使う方法、そして、アプリの「プレビュー」を使う方法です。それでは、それぞれの機能と使い方を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ショートカット・キーを使ってキャプチャを撮る方法

Macでは、ショートカット・キーを使って画面をキャプチャしたファイルを作成することができます。キャプチャできる画面は、全画面、画面の選択範囲、アクティブ・ウインドウの3種類です。

001_sc_bygrab01

画像ファイルの形式、保存場所と影の有無については、「ターミナル」を使って設定を変更することができます。最初はデフォルトの設定状況での機能を説明し、その後、設定の変更方法を紹介します。

全画面キャプチャの方法

command + shift + 「3」キーを押した瞬間に、画面全体をキャプチャしたpng形式のファイル「スクリーンショット.png」がデスクトップに作成されます。続けてスクリーンショットを撮ると、「スクリーンショット1.png」、「スクリーンショット2.png」と数字が付加されたpngファイルが作成されます。

002_screenshotdef01

画面の一部をキャプチャする方法

command + shift +「4」キーを押すと、マウスポインタは十字形に変わります。次に、スクリーンショットの撮影範囲とする始点から終点までマウス(トラックパッド)をドラッグしマウス(トラックパッド)を離すと指定範囲がキャプチャされます。

なお、撮影範囲の終点を決定するためのドラッグ中に、shiftキーを押すと高さを決定した状態で横幅の調整ができ、optionキーを押すとキャプチャの中心を固定して大きさの調整ができ、spaceキーを押すと大きさを固定して上下左右への移動が可能になります。この場合も、前の説明と同じく「スクリーンショットn.png」のpngファイルがデスクトップに作成されます。

アクティブ・ウインドウをキャプチャする方法

この場合も、画面の一部をキャプチャする時と同じように、command + shift +「4」キーを使います。マウスポインタが十字形に変わったところで、キャプチャしたいウインドウへマウスポインタを移動させ、spaceキーを押します。

マウスポインタは、カメラアイコンに変わります。同時にキャプチャする対象のウインドウは水色で表示されます。キャプチャしたいウインドウを選択する際、指定するウインドウは、画面の最上位に表示されていなくても、見えているウインドウの一部にマウスポインタを移動させるだけです。

カメラアイコンが表示された状態で、トラックパッドをクリック(またはマウスの左クリック)すると、同じように「スクリーンショットn.png」のpngファイルがデスクトップに作成されます。

Touch Bar をキャプチャする方法

2016年後期に発売された新しいMacBook Proに搭載されたタッチバー(Touch Bar)の表示内容もショートカット・キーを使ってスクリーンキャプチャーできるようになっています。キャプチャーしたいTouch Bar を表示させておいて、command + shift + 「6」キーと入力するだけです。デスクトップに「Touch Barショット.png」というファイルが作成されます。

003_touch-bar%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88

クリップボードへキャプチャする方法

これまでのショートカットキーの使い方は、キャプチャした結果をファイルに保存していましたが、クリップボードに一時保存し他のアプリで貼り付けることも可能です。

クリップボードへキャプチャを保存するには、最初に紹介した command + shift に加えて control キーを押すことです。command + shift + control + 「3、または、4」キーを押します。他のアプリでクリップボードに保存された画像を貼り付ける場合には、アプリの所定の位置へ移動した後、command + V キーを押すことでスクリーンショットが貼り付けられます。

スクリーン・キャプチャの設定変更

Macに具備されているのキーボード・ショートカットによるスクリーン・キャプチャでは、デフォルトでは、ファイル形式はpngでファイル名は「スクリーンキャプチャ + n(数字)」、ファイルの保存場所はデスクトップ、ウインドウ指定のキャプチャでは影付きとなります。

これらの設定変更は、「ターミナル」からコマンド入力で実行します。なお、macOS SierraやEl Capitan等、現在サポートされているOSでの動作は確認しておりますが、今後のアップグレードによっては、コマンドが変更される可能性もあります。

(1) ウインドウの影を消す
ターミナルを起動し、次のように入力します。
 defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -boolean true
続けて、設定変更を有効にするため、
 killall SystemUIServer
と入力します。(以下、設定を変更するコマンドを入力したのち、この決まり文句のコマンドを必ず入力してください。)
元の影付き状態に戻す場合は、
 defaults delete com.apple.screencapture disable-shadow
と入力します。

この設定内容は、Finderで[ライブラリ]ー[Preferences]フォルダにある「com.apple.screencapture.plist」ファイルに書き込まれますので、設定を変更した内容を見ることができます。

004_screencapplist01

(2) キャプチャファイルの保存先を変更
キャプチャしたファイルの保存先を「ピクチャ」フォルダに変更する場合は、同じく「ターミナル」から、
 defaults write com.apple.screencapture location ~/Pictures/
と入力します。
デフォルト設定のデスクトップに戻す場合は、
 defaults delete com.apple.screencapture location
です。

(3) 画像ファイルの形式を変更する
Macのスクリーンキャプチャでは、png以外に、jpg、BMP、GIF、jpg2000、PDF、TIFF等のファイル形式で保存することができます。

「ターミナル」で保存形式を変更するコマンドは、
 defaults write com.apple.screencapture type jpg
デフォルトのpngに戻す場合は、上記の「jpg」を「png」に変更して実行します。
使えるファイル形式の指定方法は、次の通りです。「gif png jpg jp2 pdf pict psd sgi tga tif bmp」

(4) キャプチャファイル名の頭の文字を変更する
キャプチャファイルの名前のデフォルトは、「スクリーンショット」で始まります。このファイル名の命名方法を変更するコマンドは、次の通りです。
 defaults write com.apple.screencapture name (*****)
これで、*****で始まるファイル名が作成されるようになります。

デフォルトのファイル名に戻す場合は、
 defaults delete com.apple.screencapture name
と入力します。
また、日付と時間をファイル名に付加する場合は、
 defaults write com.apple.screencapture include-date -boolean true
削除する場合は、
 defaults write com.apple.screencapture include-date -boolean false
です。

スクリーン・キャプチャの設定変更はOnyxが便利

Macのメンテナンスアプリの定番「Onyx」では、上記の設定を変更する機能がありますので、利用されることをお勧めします。

005_onyxpref01

「各種設定」画面の中ほどに、ファイル形式、ファイルの保存場所、影の有無、ファイル命名規則を設定できるようになっています。「ターミナル」を使うのに抵抗感がある方は多いと思います。そのような方は、定評あるフリーソフトの Onyx を利用するようにしましょう。

Onyxのダウンロードサイト

「グラブ」ユーティリティを使った画面キャプチャ

Macには、「Grab(グラブ)」というキャプチャソフトが標準で装備されています。「アプリケーション・フォルダ」の中の「ユーティリティ・フォルダ」にあります。

「グラブ」のキャプチャ機能としては、画面全体、範囲指定した画面の一部、アクティブ・ウインドウ、タイマーを使った画面全体をキャプチャする機能があります。また、Touch Bar搭載のMacBook Proでは、タイマーを使ってTouch Barをキャプチャする機能があります。タイマーは、10秒後に固定されています。

006_sc_grabmenu01

「プレビュー」アプリを使った画面キャプチャ

Mac標準搭載のアプリの「プレビュー」にもスクリーンショットを撮る機能があります。「プレビュー」を起動しメニューから[ファイル]ー[スクリーンショットを撮る]と進むと、「選択部分…」、「ウインドウ…」、「画面全体…」の3つの方法から選択することができます。

例えば、「ウインドウ」を選択するとマウスポインタがカメラアイコンに変更されますので、その状態でスクリーンショットを撮りたいウインドウへ移動しマウスをクリック(トラックパッドをタップ)します。

007_previewshot01

スクリーンショットした画面は、「プレビュー」に新規作成されます。また、同時にショートカットキーでスクリーンショットを撮った時と同様にファイルが所定の位置に保存されています。

まとめ

Macでスクリーンショットを撮るためのアプリは、AppStoreでいくつか見つかります。「Skitch」のようにスクリーンショットを直接Evernoteに貼り付けるようなアプリもあります。しかしこれらのアプリを使わなくても、Macの標準搭載機能でおおかたの目的は達成できます。標準搭載のスクリーンショット撮影機能を習得しておくと、アプリの起動手間もなくとても役に立ちます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です