Home / 未分類 / コマンドと共に徹底解説~macの画面キャプチャの保存先と保存形式

コマンドと共に徹底解説~macの画面キャプチャの保存先と保存形式

Pocket

iPhoneで簡単にスクリーンショットができるように、macでも簡単に画面キャプチャを取得できます。

[command]+[Shift]+[3]で画面全体のキャプチャを取得、[command]+[Shift]+[4]で画面の一部、[command]+[Shift]+[4]+[Space]で特定のウインドウをスクリーンショットすることができます。

今回はそうしてスクリーンショットを撮影した際の保存の形式や保存場所についてショートカットキーと共にご紹介していきます。

また、画面キャプチャ機能に優れたアプリもいくつかご紹介するので是非確認してみてください。

スポンサーリンク

コマンドで保存形式・場所の変更

Macではスクリーンショットを撮るとデスクトップに保存されるようになっていますが、スクリーンショットの保存先を変更することができます。
また、スクリーンショットの画像形式を変更することもできるので、次はそれらの設定の変更方法を紹介していきます。

スクリーンショットの設定を変更するには、ターミナルというアプリケーションを使用します。

コマンド、ターミナルとは?

ターミナルとは、コマンドと呼ばれる命令文を使用することで、Macの設定変更が行えたり、各種アプリケーション・サービスの起動などが行えるアプリケーションです。
今回するスクリーンショットの設定変更もMacの設定変更の一つなので、このターミナルを使用します。

ターミナルの起動方法

ターミナルは、「アプリケーションフォルダ」の中にある「ユーティリティフォルダ」にインストールされており、ターミナル.appを実行することで起動できます。
ターミナルは文字だけのウィンドウで、慣れない人は違和感があるでしょう。

これから紹介するコマンドによる設定変更処理は、最後に必ずサービスを再起動する必要があります。
サービスを再起動するコマンドは共通なので、”サービスを再起動してください”と書かれていれば以下のコマンドを入力し、サービスを再起動してください。

killall SystemUIServer

それでは、ターミナルを使ったスクリーンショットの設定変更方法を紹介します。

保存形式を変更するコマンド

スクリーンショットの保存形式ですが、こちらも自由に変更することが可能です。
対応している形式は、以下の通りです。

BMP,GIF,JPEG,PDF,PNG,TIFF

初期設定ではPNG形式になっており、変更する場合はターミナルを開いて以下のように入力します。

defaults write com.apple.screencapture type bmp

上の例だとスクリーンショットの保存形式をbmp(ビットマップ)に変更するということになります。

“type”のあとの部分を対応している画像形式のものに置き換えることでそれぞれ保存形式を変更することが可能です。
“type gif”とすると保存形式がgif形式になり、”type jpg”とすればjpeg形式になります。

また、設定の変更を加えただけでは保存形式は切り替わらず、変更を反映するにはサービスを再起動する必要があります。
サービスの再起動は「ターミナルの起動方法」に記述しています。

サービスの再起動が完了すると、次回以降のスクリーンショットは変更後の保存形式で保存されるようになります。

保存場所を変更するコマンド

スクリーン所との保存場所を変更する際も似たようなコマンドを入力します。

defaults write com.apple.screencapture location フォルダパス

このように入力することで、スクリーンショットの保存場所を変更することができます。

フォルダパスのところを ~/Pictures/ にすると、今後はPicturesフォルダに保存されるようになります。ですが、これも保存形式の変更と同じように変更を加えただけでは保存場所は変わらず、サービスの再起動が必要になります。

サービスの再起動方法も「ターミナルの起動方法」にて記述しておりますので、そちらをご覧ください。

また、スクリーンショットの保存場所を初期状態に戻したいときは、以下のコマンドを入力します。

defaults delete com.apple.screencapture location

これで保存場所の設定が削除されて、スクリーンショットの保存場所が初期設定であるデスクトップに変更されます。
この操作をするときもサービスの再起動を忘れないようにしてください。

保存せずにクリップボードにコピー

ここまで紹介してきた方法では、撮ったスクリーンショットを即座に画像ファイル化していましたが、保存せずにクリップボードにコピーだけしたい場合があると思います。
TwitterやLINEなどは画像をクリップボードから張り付けることもできるので、ただSNSなどでシェアしたい場合には毎回保存せずにクリップボードにコピーした方がとても楽です。

上記のショートカットキーにControlキーを追加!

画像をファイルとして保存せずにクリップボードにコピーするには、ここで紹介してきたスクリーンショットの撮影方法に[Control]キーを加えるだけで行えます。例えば、画面全体のスクリーンショットをっクリップボードに保存するには、[command]+[Shift]+[3]+[Control]というようになります。

このように、各操作に[Control]キーが加わっただけなので、非常に簡単です。ただ、特定ウィンドウの影無しスクリーンショットにもなると押すキーが、[command]+[Shift]+[4]+[Space]+[Option]+[Control]と非常に多いため、使いにくい場面があるかもしれません。

アプリを使うなら?おすすめアプリ3選

29844bf1e3161bd9aa77731ee4d71515_s

Skitch

このアプリはスクリーンショットを撮影した後、記号や注釈、矢印などを挿入可能なアプリです。

取得した画面キャプチャを誰かに共有する際、矢印などで共有の意図を伝えることができれば非常に効率的ですよね。無料のアプリでかつシンプルつ伝わりやすい加工ができる点が魅力です。

Jing

こちらも無料のアプリで、簡単に画像の撮影や加工ができます。

また、すぐにメールなどでも共有できるという魅力があります。動画撮影などもできますが、撮影時間の制限など惜しい点も見受けられます。しかし、画面キャプチャの保存や加工という点では十分な機能を持ったアプリでしょう。

Apowersoftスクリーンショット

こちらも非常に優れた画面キャプチャソフトです。

画像でも動画でも、あらゆるシーンに対応して撮影が可能ですし、撮影方法も5種類用意されています。また、画像編集・加工という点でも多機能ですし、タイマー撮影といった細かい設定まで付け加えることが可能です。

是非一度確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は画面キャプチャの保存先・保存形式をショートカットコマンドと共に解説し、最後に画面キャプチャ機能のあるおすすめアプリを紹介しました。

実際、Mac本体のスクリーンショット機能もとても便利で、クリップボードへの直接コピーもできることから使い勝手がとても良いと言えます。

設定変更にはターミナルを使うため、コマンド入力に抵抗がある人は設定変更しづらいという人もいると思いますが、基本的には初期設定のまま使っていても特に問題はないので心配する必要はないでしょう。

是非、参考にしてみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

tdog17030782_tp_v-1

インスタグラムのタグ付けとハッシュタグについて一気に解説!

スマートフォンに搭載されている …

Facebookでのご購読が便利です