Macを学割を適用して購入する方法

LINEで送る
Pocket

MacをはじめApple製品はほとんど割引きされることがありません。価格も、それに見合ったスペックは搭載されていますが、決して安価とは言えません。

そんなApple製品をお得な割引き価格で買える手段のひとつとして、Apple Store for Educationが存在します。Appleが定める教育機関の学生、教職員、およびPTA役員ならば、Apple製品をお得な割引き価格で購入できるのです。

本稿ではApple製品を学割を適用して購入する方法について説明します。

スポンサーリンク

Apple Store for Education

割引き価格で買えるのは、すべてのモデルのMacとiPad、延長保証制度であるAppleCare Protection Plan、および一部のアクセサリー類やソフトウェアです。

参考までに、2015年11月22日時点でのApple製品の通常価格と割引き価格のいくつかを表にまとめました(価格はすべて税別です)。

通常価格 割引き価格
MacBook 148,800円 142,800円
MacBook Air 11インチ 102,800円 96,800円
MacBook Pro 13インチ Retina 148,800円 136,800円
iMac 21.5インチ Retina 4K 172,800円 160,800円
iPad Air 2 (16GB, Wi-Fi) 53,800円 51,800円
iPad mini 4 (16GB, Wi-Fi) 42,800円 40,800円
iPad Pro (32GB, Wi-Fi) 94,800円 92,800円

Apple Store for Educationの割引き価格で購入できる対象は、以下のようになります。

– 大学、高等専門学校、専門学校の学生
– 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
– 大学受験予備校に在籍する学生
– 小・中・高・大学・専門学校の教職員
– PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

(以上のリストは http://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/browse/open/salespolicies/edu より引用しました。詳細はリンク先を参照してください)

また、Apple Store for Educationでは年間の購入数に制限が設けられています。Macは年間1台まで、iPad、ディスプレイ、ソフトウェアはそれぞれ年間2つまでであることを留意しておいてください。

Apple Store for EducationはオンラインのApple Storeから利用できます。Apple Store for Educationにアクセスするには、以下の手順にしたがってください。

1. Appleのウェブサイトにアクセスします。

2. ページ下部の「学生・教職員向けストア」のリンクをクリックします。

01-access-apple-store-edu

02-apple-store-edu

上記手順を踏んだ後は、オンラインのApple Storeが「for Education」用の表示に切り替わります。通常の表示に切り替えるには、ページ上部の「ストアを離れる」をクリックしてください。

03-exit-apple-store-edu

また、実店舗のApple Storeであっても学割価格で購入することが可能です。その場合はApple Storeのスタッフにお問い合わせください。

Mac on Campusを利用する

Macを学校組織で導入している場合、Mac on Campusと呼ばれるプログラムに参加していることになります。このプログラムに参加している学校の学生であえば、上記の学割割引よりもさらに大きな学割割引を適用してくれます。

プログラムに関してはこちらのリンクを、自分の学校がMac on Campusに参加しているかは学校に聞いてみましょう。

新シーズンキャンペーンを利用する

4月頃の入学シーズンになると、新シーズンキャンペーンが開始され、学生向けに非常にお得なプランが用意されます。新シーズンをきっかけに新しいパソコンを購入することもあるかと思いますので、ちょうどキャンペーンが開始されている時期であれば、是非プランを覗いてみましょう。

よりお得に購入したい場合は整備済製品

学割よりもより便利に購入したい場合は整備済製品の購入を検討してみるのも良いでしょう。こちらは初期不良等のあった製品を新品製品と同等の水準まで整備し、その機能を確認した製品です。

通常の新品の製品と同様に使えるにもかかわらず、その割引価格は非常に大きなものになります。発想が海外からになる場合や、包装がいつものクールなAppleらしい包装でなくなる場合もありますが、それでも品質が確保されていて、かつ価格が安いのは魅力的ですよね。学割の利用も魅力的ですが、よりお得に購入したい場合は整備済製品の購入も検討してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?本稿ではApple製品を学割を適用して購入する方法についてご紹介しました。Apple Store for Educationの対象になっている方はお得な割引き価格でApple製品を購入できるので、購入を検討している方は本稿を参考にしてみてください。

世の中ではWindowsOSがパソコンの主流にはなっていますが、Appleならではの使用感や洗練されたデザインがあります。これらのものに学生のうちに触れておくのは、後々良い財産になるかもしれませんね。本記事があなたのAppleライフのきっかけとなれたら嬉しいです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です