Macがフリーズした時の対処法

LINEで送る
Pocket

ひと昔、ふた昔前と比べると、Macの安定性は格段に上がってきています。ソフトウェア技術の向上もハードウェア性能の向上にも著しいものがあり、Macふだんコンピュータを扱っていてフリーズしてしまうようなこともかなり少なくなってきています。

とは言え、まったくフリーズしなくなったわけでもなく、時にはアプリケーションやOS全体がフリーズしてしまうようなことに遭遇することもあるでしょう。いざという時に慌てず対処できるようにしておくことが肝心です。

本稿ではMacがフリーズした時の対処法について説明します。

スポンサーリンク

フリーズした時の対処法

アプリケーションの正常終了を試みる

特定のアプリケーションがフリーズしてしまった場合、まずはアプリケーションの正常終了を試みてください。

いつもの通りにメニューバーのアプリケーションメニュー(アプリケーション名のメニュー)から「XX を終了」(「XX」はアプリケーション名)をクリックしてみてください。

01-quit-app

フリーズ中でアプリケーションメニューすら開けないことも多いでしょう。その場合はCommand-Qのキーボードショートカットを試してみてください。このショートカットは通常、アプリケーションの終了に割り当てられています。

アプリケーションの強制終了を試みる

アプリケーションの正常終了ができない、あるいはしても変化がない場合、アプリケーションの強制終了を試みてください。

通常のGUIを持つアプリケーション(Dockに表示されるアプリケーション)を強制終了させたい場合、Command-Option-Escapeのキーボードショートカットを押してください。

このキーボードショートカットを押すと、「アプリケーションの強制終了」とタイトルのついたウィンドウが表示されます。

02-app-terminator

アプリケーションの強制終了ウィンドウには、起動中のアプリケーションのリストが表示されています。強制終了したいアプリケーションを選択して「強制終了」をクリックしてください。フリーズしているアプリケーションが存在している場合、他のアプリケーションとは異なり、アプリケーション名が赤字で表示されます。

通常のGUIを持たないアプリケーション(Dockに表示されないアプリケーション)を強制終了させたい場合、「アクティビティモニタ」を使います。アクティビティモニタは「アプリケーション」フォルダの中の「ユーティリティ」フォルダの中にあります。Spotlightで「アクティビティモニタ」と検索することでかんたんに起動できます。

アクティビティモニタのウィンドウには実行中のプロセスのリストが表示されています。強制終了したいプロセスを選択して、バツ印のついた「プロセスを強制的に終了します」ボタンをクリックします。フリーズしているプロセスは赤字で表示されます。

03-activity-monitor

「このプロセスを終了してもよろしいですか?」とダイアログが出るので、「強制終了」をクリックします。

04-activity-monitor-force-quit

Macを再起動する

アプリケーションの正常終了、強制終了ともに効果がなかった場合、どのアプリケーションがフリーズしているのかが解らない場合、あるいは、全体的にフリーズしていて前項の手順を踏めない場合は、Macの再起動を行います。

Macを再起動するには、メニューバーのアップルメニューから「再起動…」を選択します。

05-reboot

全体がフリーズしていてメニューが開けない場合は、電源ボタンを長押ししてください。

まとめ

いかがでしたか?

本稿ではMacがフリーズした時の対処法について説明しました。アプリケーションの終了方法、および強制終了の方法、Mac自体を再起動させる方法を紹介しました。

Macがフリーズしてからでは遅いので、いざという時に手早く対処できるよう、本稿の手順をあらかじめよく確認しておいてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です