MacのディスクユーティリティでDVDをコピーする方法

LINEで送る
Pocket

Mac OS Xの「ディスクユーティリティ」は、HDD(ハードディスク・ドライブ)及びSSD(ソリッドステート・ドライブ)装置の初期化、パーティションの区分管理、FirstAidというボリュームエラーのチェック及び修復といった機能を有しています。また、USBメモリやSDカードの初期化も行うことができます。

これらメディアの初期化の際には、削除データの復元が出来ないよう安全に消去するという機能もあり、Macを廃棄する際、外付けHDDやUSBメモリなどを廃棄する際に、安全にデータを消去したいときにも利用できます。

Mac OS X 10.11(El Capitan)では、「ディスクユーティリティ」のユーザー・インターフェイス(UI)が大きく変わりました。OS X 10.10(Yosemite)までは、[ディスクを作成]ボタンがありましたが、El Capitanではボタンがなくなっています。

スポンサーリンク

大幅な画面変更

Yosemiteの「ディスクユーティリティ」起動画面

01

El Capitanの「ディスクユーティリティ」起動画面

02

Yosemite以前の「ディスクユーティリティ」で慣れてきた人が、El Capitanの「ディスクユーティリティ」を利用すると、UIの大きな変更に戸惑う人が多いと思います。多くの方が「ディスク作成ボタンがない、DVDどうやって作成するのだろう」と迷われています。

最近では、USBメモリやSDカードの大容量化、そして、クラウド・ストレージサービス利用が増えたことにより、DVDディスクを利用する機会が極端に減ってきているので、なかなか気がつかず、DVDを作成する必要が生じた時に慌てることが多くあります。しかし、El Capitanでもとても簡単にDVDのコピーを作成することができますので、一度経験しておくといざという時に戸惑いません。

El CapitanでのDVDコピーの手順

El Capitanを使ってのDVDディスクのコピー作成手順を紹介します。この手順は、コンピュータ用データのDVDでも、ビデオ用DVDでも手順は同じとなります。ただし、コピーガードのかかったDVDビデオのコピーを行うことはできません。

イメージファイルを作成

一つの操作だけでDVDディスクのコピーを作成することはできません。まず、DVDディスクのイメージファイルを作成し、その後に新しいDVDディスクに書き込みます。手順は、次の通りです。

(1) 「ディスクユーティリティ」の左ペインでDVDドライブ装置のメディアを選択し、メニューから[ファイル]ー[新規イメージ]ー[”DVDの名称”からイメージを作成]と進みます。

03

(2) イメージファイル保存のダイアログから、「フォーマット」を「DVD/CDマスター」に指定しておきます。イメージファイルの保存場所は任意の場所を指定しておいてください。

04

(3) 「保存」ボタンを押します。

これで、コピー元のDVDからディスクイメージが作成されます。保存されるイメージファイルは、拡張子「.cdr」となります。

イメージファイルの内容を見てみる

作成されたイメージファイル名は、「”DVDの名称”.cdr」となっています。このファイルをダブルクリックしてみてください。

デスクトップには、DVDドライブ装置のアイコンが表示され、DVDのウインドウが開きます。ビデオDVDディスクから作成したイメージファイルであれば、「AUDIO_TS」と「VIDEO_TS」というフォルダが中にあるのを見ることができます。この形式は、ビデオDVDディスクの記録内容と同じものです。

また、データDVDディスクからイメージファイルを作成したものであれば、DVDの記録内容と同じフォルダ・ファイル構成が表示されます。

.isoも.dmgも同じ

イメージファイル「”DVDの名称”.cdr」の拡張子を「.iso」または「.dmg」に変更してみてください。そして、ダブルクリックすると同じようにDVDディスクの内容を表示させることができます。

DVDディスクへの焼き付け

DVDコピーのために作成したイメージファイルからDVDディスクを作成するには、「ディスクユーティリティ」は使いません。Finderを使います。操作はいたって簡単です。DVDディスクを作成するイメージファイルを選択しておいて、右クリック(コンテキストメニュー)して、「ディスクイメージ”イメージファイルの名称”をディスクに書き込む」を選択します。

05

DVDドライブにメディアがセットされていなければ、次のように表示され書き込み用のディスクがセットされるのを待ちます。

06

書き込み用ディスクを認識したら、「ディスクを作成」ボタンをクリックします。

07
08

あとは、出来上がるのを待つだけです。難しい知識は何もいりません。

ディスクユーティリティの様々な機能

「ディスクユーティリティ」でDVD/CDドライブを利用するための便利な機能を幾つか紹介します。

DVD+RWディスクを初期化してみる

このRWとは、Rewritable:書き換え可能を意味しており、何度でも書き換え可能なDVDディスクです。「ディスクユーティリティ」では使用済みDVD+RWディスクの記録データを消去し、ディスクを初期状態にすることができます。使用済みのDVD+RWディスクをドライブ装置にセットすると、デスクトップにDVDディスクのアイコンが表示されます。(ビデオDVDの場合は、DVDプレーヤーが起動しますので終了させてください。)

DVDディスクアイコンを右リックすると、「書き換え可能ディスク”**********”を消去」というメニューが表示されますので、選択して実行します。これで未使用の状態にデータが書き換えられます。

ISOファイルからDVDディスクを作成

インターネットからダウンロードした「.ISO」ファイルからDVDディスクを簡単に作成することができます。DVDを焼けるドライブ装置が接続されていれば、「.ISO」ファイルを右クリックするだけで、コンテキストメニューから「ディスクイメージ”********.iso”をディスクに書き込む…」を選択することができます。

これをクリックすればDVDディスクに書き込まれます。ISOファイルからのDVDディスク作成には、特段のアプリは不要です。ファインダーからワンクリックで直接DVDに書き込むことができます。

ビデオDVDディスクの作成方法は

「ディスクユーティリティ」では、ビデオDVDをコピーすることはできるのですが、残念ながら新規に作成することはできません。市販またはフリーのビデオDVD作成ツールを使う必要があります。

フリーソフトでは、「Burn」という大変使いやすいものがあります。ダウンロードされる場合は、次の公式サイトからダウンロードできます。公式サイトは英文ですが、インストールしたアプリのメニューは日本語で表示されます。

Burn – Home

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です