無料で利用できるMacの動画編集ソフト10選

LINEで送る
Pocket

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

動画編集ソフトを使えば、思い出の動画を映画のようなクオリティに仕上げることができます。Mac向けフリーソフトを使えば、無料でありながらプロのような編集が可能です。ここでは、「無料で利用できるMacの動画編集ソフト10選」について紹介いたします。

普段、動画編集に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.おすすめのMac無料動画編集ソフト10選

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-21-23-08-30

出典:http://www.apple.com/jp/imovie/

ここでは、Macで無料で使える動画編集ソフトを紹介します。

  1. 1.iMovie
  2. 2.YouTubeエディタ
  3. 3.Filmora
  4. 4.Avidemux
  5. 5.VideoPad
  6. 6.MPEG Steramclip
  7. 7.AviUtl
  8. 8.Moso
  9. 9.Elis Colors
  10. 10.Any Video Converter

1.iMovie

iMovieは、Macに標準装備されている無料で使える動画編集アプリです。iMovieを使えば、簡単に高画質な動画作品を作成できます。4Kにも対応しており、iPhoneやiPadで撮影した動画を簡単に編集でき、連携もスムーズです。編集した動画は、iMovieTheaterで共有でき、パソコン以外のデバイスでも視聴できたり、AppleTVを使い大画面で楽しむこともできます。

iMovieには、動画編集で必要な機能はすべて一通り備わっています。できた作品を共有する方法もたくさんあり、FacebookやYouTubeなどへの投稿も簡単にできます。Macや、普段使っているiPhoneやiPadとの連携を重視する場合におすすめの動画編集アプリです。

2.YouTubeエディタ

YouTubeエディタは、Googleが提供するYouTubeの動画編集機能です。使いやすいのが特徴で、初心者の方でもすぐに操作に慣れて、編集ができます。YouTubeエディタでは動画の長さを変えたり、動画の色やスピードを変更したり、フリーな高画質動画を追加したり、トランジションの追加など、動画編集の基礎的なことができます。

厳密にはソフトとは違いますが、非常に使いやすく、多くの動画が集まるYouTubeで簡単に使えるのがメリットです。

3.Filmora

Filmoraは、簡単に使える操作性がありながら、多くの機能が備わった動画編集ソフトです。トリム、クロップ、BGMの追加機能や、動画や写真の入力・編集にも対応しています。できた動画はYouTubeやFacebook、Vimeoへの投稿や、DVDに出力することも可能です。

豊富なエフェクト機能や、動画の画質調整、400種類以上の無料素材を使ったフィルタやエレメント、テキストのフォントも100種類以上から選択でき、色やサイズも自由に変更できます。

4.Avidemux

Avidemuxは、WMV、ASF、VOB、MP4、MKV、MOV、M4V、AVI、FLVなど、非常に幅広い形式に対応しています。フォーマット変換や動画凍結、カット、画質補正、クロップ、音ズレ補正、字幕合成、色調補正など、さまざまな機能が備わっており、動画処理できます。複数の動画を1本の動画作品にしたい場合に活躍する動画編集ソフトです。50種類以上の特殊効果や切替効果が使え、

5.VideoPad

VideoPadは、初心者の方でも本格的な動画編集ができるソフトです。BGMや字幕、ナレーションなども簡単に入れることができます。AVI、MPEG、WMV、MP4、MID、AAC、WMAなど非常に多くのファイルに対応しており、MacだけでなくWindowsでも利用できます。

高速再生やスロー再生だけでなく、動画の逆再生も可能で、写真なども簡単に挿入できます。出来上がった作品は、YouTubeやFacebookへの共有やDVDにして残しておくこともできます。操作性に富んだソフトです。

6.MPEG Steramclip

MPEG Steramclipは、初心者でも使いやすいデザインと操作性のソフトです。動画編集だけでなく、YouTubeから動画をダウンロードすることもできます。MPEG、AVI、MOVなどのファイルの編集ができます。動画の拡大や縮小、抜き出しなども可能です。すべて英語表記ですが、直感的に分かりやすい画面デザインなので、問題なく操作できます。

7.AviUtl

AviUtlは、高機能でありながら使いやすい動画編集ソフトです。音声編集やBGMやナレーションを入れることも簡単にできます。拡張性が高く、さまざまな機能を追加していくことができます。

シンプルなデザイン設計で使いやすく、画質補正や色調補正、動画凍結、音声入れ替え、動画のリサイズなど、基本的な動画編集機能が備わっています。より使いやすくなるように、必要な機能をどんどんプラグインできるのが特徴です。

8.Moso

Mosoは、出来上がった編集動画を簡単にFacebook、YouTube、Twitterなどへ共有できます。100種類以上のエフェクトがあり、自分の好きなタイミングで挿入できます。簡単に動画編集できるのが特徴です。アニメ調の映像効果が60種類以上あり、オリジナリティ溢れる動画が作れます。機能は限定されますが、簡単に素早く作れることから初心者の方におすすめです。

9.Elis Colors

Elis Colorsは、多くの機能が搭載された動画編集ソフトです。高性能で豊富なエフェクト効果が揃っています。使い慣れるまでにやや時間がかかりますが、機能が多いため、高いクオリティの動画編集が可能です。

10.Any Video Converter

Any Video Converterは、MP4、MPEG、VOB、AVI、MOV、FLVなどほとんどの動画形式に変換可能です。編集した動画をさまざまなデバイスでいつでも視聴できます。YouTubeやニコニコ動画をダウンロードもでき。DVDへの書き込みも可能です。輝き度の調節や字幕挿入も簡単な操作で行えます。

2.おすすめの有料動画編集ソフト

1.Final Cut Pro X

Final Cut Pro Xは、映画の編集でも使われているほどの高性能動画編集ソフトです。初心者の方にはおすすめできない上級者向けのソフトです。AVI、MOV、MP4、MXF、AAC、WAV、BMP、PNG、WAW、TGAなど、非常に多くのファイル形式に対応しています。整理されたインターフェースで、作業がしやすく、映画のような高画質で迫力ある動画に編集したい場合におすすめのソフトです。

2.Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elementsを使えば、非常に簡単に動画編集ができます。コラージュの作成や、風景のかすみを減らしたり、動画に合わせて音楽をリミックスしたりできます。顔検出機能があるため、人物を画面中心に表示します。動画の長さも自在に変更でき、250以上の効果音も動画にプラスできます。出来上がった動画は、簡単にFacebookやYouTubeへ共有できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「無料で利用できるMacの動画編集ソフト10選」についえて紹介いたしました。無料でありながら、まるでプロが編集したようなハイクオリティな動画を作成することも可能です。初心者の方でも使いやすいソフトも多いですので、興味がある方は、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です