Home / Mac / 中古のMacを購入する時に確認しておきたい事項

中古のMacを購入する時に確認しておきたい事項

Pocket

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

今回は、中古のMacを購入する時に確認しておきたい事項について紹介していきます。中古品のMacは新品のMacの6割~7割程度の価格で購入することができます。半額近くのものもあり、かなりお得な値段のものもあります。

しかし、安いからこそ購入する時に注意して確認しておくべき点がたくさんあります。ここでは、購入前に確認する大切なことをそれぞれ解説していきます。中古のMacを検討している方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

Macを購入する時に確認しておきたい事項

中古品のMacを購入する際は、下記内容を必ず確認するようにしましょう。いくら安かったとしても故障してしまったりすると修理費用がかかってしまい新品のMac並にお金がかかることもあります。必ず確認していきましょう。

液晶モニターは使える状態か

一番大事な部分でもある液晶モニターの状態は必ず自分の目で確認するようにしましょう。液晶モニターの状態が悪いと画面が歪んで見えたり、使っている内に画面に亀裂のような表示が表れたりしまう。前の持ち主の使い方1つで液晶モニターがキレイな状態か壊れかけか変わってきます。

液晶モニターに関しては、説明文などの情報を鵜呑みにするのではなく、必ず自分の目で見て問題がないかを確かめるようにしましょう。購入後に液晶モニターに異常があり修理になったりしたら高額な修理費用がかかってしまいます。

キーボードが正しく反応するか確認する

キーボードは意外に壊れやすかったりします。必ず中古品のMacを購入する場合は、しっかりとキーボードが反応するか実際に文字入力をして確認するようにしましょう。全体的には問題がなくても1文字や2文字程度反応が悪いキーがあったりすることがあります。

キーボードが壊れてしまったら大きな修理費用がかかってしまいます。キーボードは触るだけでなく画面を立ち上げ反応も見るようにしましょう。特にあまり使わないような端の方のキーなど細かく確かめる必要があります。

内蔵カメラが正常に動くか確認する

スカイプやFaceTimeなどをおこなう機会がある人は内蔵カメラが正常に作動するかを必ず確認するようにしましょう。キーボードや液晶モニターに目がいってしまいないがしろにしがちです。スカイプやFaceTimeが使えなくなるだけでなくオンラインサービスなども使えなくなるものがでてきます。しっかりと映るかどうか、映像はおかしくないかを実際に自分の目で確かめたうえで購入を進めていくようにしましょう。

付属品の状態

Macの中古品を探す際は、ついつい本体だけに目が行きがちですが、付属品の状態も必ずチェックするようにしましょう。充電器1つとってもすぐに壊れてしまって新しい充電器を購入するとしたら1万円近く費用がかかってしまいます。

付属品がちゃんと付いているか?それらの付属品はしっかりと使える状態のものか?また、付属品を付ける電源ポートやジャックなどもしっかりと反応するか?液晶画面やメモリなども大事ですが、これらの付属品状況も必ずチェックをしましょう。余計に費用がかかってしまう可能性があります。

保証期間

Macの中古品を購入する中古販売店の保証期間を確認するようにしましょう。どれくらいの期間保証があるのかは非常に重要です。Macの中古品を安く購入できたとしてもすぐに壊れてしまい修理が必要となったら高額な修理費用がかかってしまいます。

そのため保証期間の有/無、と期間の長さはとても大切です。1年程度は保証期間があるものを選んだ方が良いでしょう。保証期間が短いものや無いものは中古品を買うにはリスクが高いです。

本当に安いのか他の中古品や新品と比較する

Macの中古品を検討する場合は、必ず他の中古品や新品と価格を比較するようにしましょう。同じモデルで同じ状態でも販売店が違えば価格も変わってきます。基本的にはWindowsなどのパソコンに比べてMacは価格が高くなりますが、中古品では価格にバラつきがありますので必ず他と比較したいところです。

また、価格が安すぎる場合も注意しましょう。安すぎる場合はMacの状態が良くなかったりしますので、逆に新品を買った方が良い場合があります。

最新OSに対応できるモデルか

中古品のMacを入手しても古いタイプのものであれば、最新のOSやアプリのアップデートができない場合があります。ここ1~2年に発売されたようなモデルのMacであれば問題ありませんが、あまりに古いモデルであると最新OSに対応しきれていませんので、何もアップデートしていくことができません。

こうなってしまうと、使用も不便ですしセキュリティも盤石とは言えずウイルス感染などの原因になってしまいます。すぐに異常が出てしまいますので、結局また新しいMacを購入しないといけなくなってしまいます。MacのどのモデルがどのOSまで対応しているかどうかは、Appleの公式ホームページからも確認することができますので、検討しているMacがあれば必ずモデルを調べるようにしましょう。

Apple認定の整備済製品も確認する

Macの中古品を検討している場合は、Apple認定の整備済製品も検討するようにすると良いでしょう。Appleの認定整備済製品とはAppleStoreなどの店頭商品や、返品商品、初期不良品などをAppleで修理・整備し販売しているものです。そのため、新品同様の製品が安い価格で販売されています。

Apple認定の整備済製品はAppleCareProtection Plan対応となっており製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と無償電話サポートが付いていますので安心です。困ったときはすぐに電話するとApple専任のスペシャリストが問題を解決してくれます。Apple認定の整備済製品を確認したい場合は、Appleの公式ホームページから確認することができます。

お店からではなくフリマなどで個人から購入する場合

中古品をパソコン店や専門店から購入するのではなく、フリマなどを通して個人から購入する場合は、十分に注意するようにしましょう。実物を見ることもなくネット上の取引だけで購入することになり、返品などに応じない場合もあります。

現にたくさんの問題も生じていますので、個人から購入する場合は店頭で購入する以上に細心の注意を払う必要があります。Macの状況や付属品などしっかりと確認して信頼できる販売者から購入するようにしましょう。

Macのメモリ容量を確認する

中古品のMacを購入をする際は、Macのメモリ容量を確認するようにしましょう。Macのモデルによっては容量が少ないためほとんど使うことができません。Macのモデルを確認することも大事ですが、メモリ容量自体も確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、中古のMacを購入する時に確認しておきたい事項について紹介いたしました。中古品Macを検討している方は、信頼できるお店や個人から購入する場合も必ず確認したうえで購入するようにしましょう。

中古品を安く買ったは良いものの、すぐに壊れてしまい余計にお金がかかった、というケースは本当に多いです。しつこいぐらいに細部まで時間をかけてチェックをし、自信を持って問題がないと言えるような状態で購入に踏み切るようにしましょう。ぜひ、参考にして安くて良いMacを手に入れてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です