Macで利用出来るブラウザ毎の特徴

LINEで送る
Pocket

近年、一般的なユーザがコンピュータを使う一番の目的となっているのがウェブの閲覧です。コンピュータ使用時間のほとんどがウェブ閲覧の時間になっている方も多いでしょう。

そんなウェブの閲覧のために用いられるのがウェブブラウザと呼ばれる種類のアプリケーションです。ウェブブラウザを通して様々な情報を閲覧し、また発信しています。

コンピュータの使用時間の多くがウェブ閲覧であるならば、いちばんよく使うアプリケーションがウェブブラウザということになります。多くの時間を使うウェブブラウザだからこそ、自分の目的、状況に一番合ったものを選択することが重要です。本稿ではMacで利用出来るウェブブラウザの特徴について説明します。

スポンサーリンク

Safari

SafariはAppleが開発するOS X標準のウェブブラウザです。

01-safari

Safariの特徴はApple純正でMac/iOS間での連携がスムーズに行えることです。

iOSはデフォルトで使用するウェブブラウザがiOS版Safariに制限されています。iOSアプリケーションからURLを開く場合は、Safariで開かれる場合がほとんどです。その関係でiOSのメインブラウザをSafariにしているひとも多いでしょう。そんなiOS Safariとスムーズに連携できるのがOS X版Safariです。

ブックマークはもちろん、現在開いているタブの状態や、ウェブサービスのアカウント情報など、ウェブブラウジングで必要になる情報の多くを自然に同期してくれるのです。MacとiOSデバイスをメインで使っている方におすすめなのがSafariです。

Chrome

ChromeはGoogleが開発するウェブブラウザです。

02-chrome

Chromeの大きな利点として、自動更新とマルチプラットフォームが挙げられるでしょう。

Chromeのバージョンアップは、他のアプリケーションと違いユーザによる能動的な作業が必要ありません。バックグラウンドで自動的にバージョンアップが行われ、次回起動時には新しいバージョンで起動します。その間にメッセージ等もなく、ユーザはバージョンアップをまったく意識することなく、常に最新のChromeを使用することができるのです。

マルチプラットフォームに関しては、現在のメインストリームにあるプラットフォームのほとんどにChromeが存在します。OS X、Windowsはもちろん、Linux、iOS、Androidそれぞれに対応するChromeがあり、それらが互いに同期し連携し合う仕組みが搭載されています。様々なプラットフォームをお使いの方におすすめなのがChromeです。

Firefox

FirefoxはMozillaが開発するウェブブラウザです。

03-firefox

Firefox独自の特徴は「Firefox Hello」と呼ばれるビデオ通話機能です。これまでにもSkypeなどのビデオ通話を実現するアプリケーションやサービスは存在しました。しかし、そのどれもがユーザアカウントの登録や専用アプリケーションのインストールなどを行う必要があり、始めるまでのハードルの高さに問題がありました。

Firefox Helloはそれらとは異なり、ふだんからウェブブラウジングに用いているFirefoxだけがあれば良いのです。ユーザアカウントの登録も必要ありません。ただビデオ通話に参加するためのURLをメールやSNSで共有するだけです。発信はFirefoxからに限られますが、受信はWebRTC技術に対応したChrome、Operaでも可能です。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではMacで利用出来るウェブブラウザの特徴について説明しました。

ここで紹介したものの他にもウェブブラウザは存在します。本稿を参考にし、またご自身でも調べてみて、自分に一番しっくりとくるウェブブラウザを見つけてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です