Home / Apple / Mac / Macで利用出来るブラウザ毎の特徴

Macで利用出来るブラウザ毎の特徴

Pocket

近年、一般的なユーザがコンピュータを使う一番の目的となっているのがウェブの閲覧です。コンピュータ使用時間のほとんどがウェブ閲覧の時間になっている方も多いでしょう。

そんなウェブの閲覧のために用いられるのがウェブブラウザと呼ばれる種類のアプリケーションです。ウェブブラウザを通して様々な情報を閲覧し、また発信しています。

コンピュータの使用時間の多くがウェブ閲覧であるならば、いちばんよく使うアプリケーションがウェブブラウザということになります。多くの時間を使うウェブブラウザだからこそ、自分の目的、状況に一番合ったものを選択することが重要です。本稿ではMacで利用出来るウェブブラウザの特徴について説明します。

スポンサーリンク

Safari

SafariはAppleが開発するOS X標準のウェブブラウザです。

Safariの特徴はApple純正でMac/iOS間での連携がスムーズに行えることです。

iOSはデフォルトで使用するウェブブラウザがiOS版Safariに制限されています。iOSアプリケーションからURLを開く場合は、Safariで開かれる場合がほとんどです。その関係でiOSのメインブラウザをSafariにしているひとも多いでしょう。そんなiOS Safariとスムーズに連携できるのがOS X版Safariです。

ブックマークはもちろん、現在開いているタブの状態や、ウェブサービスのアカウント情報など、ウェブブラウジングで必要になる情報の多くを自然に同期してくれるのです。MacとiOSデバイスをメインで使っている方におすすめなのがSafariです。

Chrome

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

facetimeはMac OS …

Facebookでのご購読が便利です