Time MachineでMacのバックアップをとる方法

LINEで送る
Pocket

a5e6c80ab69e632f1cb269d0117384bb_s

今回は、Time MachineでMacのバックアップをとる方法を紹介いたします。Macのデータを保存する方法はiCloudなどのクラウドソーシングだけでなく、Time Machineを使うことで保存することもできます。iCloudとは、また異なる保存方法になりますので、Time Machine機能を使った保存方法に興味がある場合は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

Time MachineでMacのバックアップをとる方法

Time Machineを使うことでMacのデータを簡単にバックアップとることができます。設定方法からバックアップ方法まで紹介いたします。

Time Machineとは

Time Machineとは、MacOSX10.5Leopard以降のバージョンに標準で備わっているバックアップ専用のアプリケーションです。Time Machineは自動でバックアップを日時別に保存することができ、素早くバックアップをとることができます。さらに遡ってデータファイルを探しだすこともできます。

まずTime Machineの設定をおこないます

Time Machineは、MacのOSXに内蔵されているバックアップ機能のことです。Time Machine機能を使う際は、必ず別売りの外付けストレージソリューションが必要になります。Time Machine機能を使う場合は、MacのUSBやThunderboltポートに接続された外付けのハードドライブや、AirMacExtremeベースステーションのUSBポートに接続された外付けハードドライブなどが必要です。

これらの外付け用のハードドライブをMacに接続すると、「Time Machineでバックアップを作成するために~を使用しますか?」というような表示が出ます。表示されたら、「バックアップディスクとして使用」を選択します。

もし、ここでメッセージが表示されなかった場合は、Time Machineのメニューから環境設定を開きます。そして、バックアップディスクを選択を選択します。そして、Time Machineのリストから該当項目を選択し、ディスクを使用を選択します。これでTime Machineの設定が完了します。

Time MachineでMacのバックアップをとる方法

Time Machineの設定が完了したら、Time MachineでMacのバックアップをとるための手順に進んでいきます。Time Machineの設定が完了すると、Time Machineは自動でバックアップを作成してくれます。

バックアップは、過去のすべての月の1週間ごとのバックアップや過去1ヶ月分の毎日のバックアップ、また、24時間分のバックアップなどを保存していきます。ハードドライブの空き容量がなくなった場合は、古いデータが自動で削除されていきます。もし、自動バックアップの前にすぐにMacのバックアップをとりたい場合は、Time Machineのメニューで「今スグバックアップを作成」を選択をします。

そして、Time Machineの自動バックアップを停止したい場合は、Time Machineをオフにします。Time Machineの環境設定のなかでTime Machineを切設定にすれば、自動でのバックアップ作成を止めることができます。もし、バックアップをとりたい場合は、Time Machineから今すぐバックアップを選択すればバックアップをとることができます。

また、Time Machineでバックアップをしている途中にバックアップを取り消したい場合は、Time Machineのメニューから「このバックアップ作成をスキップ」もしくは、バックアップ作成を中止を選択します。Time Machineのバックアップ状況を確認するには、Time Machineのメニューで確認することができます。

アイコンで確認することができ、バックアップを作成中や待機中、バックアップを実行できていない状態、というような表示がアイコンでされますので、一目で確認することができます。バックアップ項目から特定の項目を外したい場合は、Time Machineメニューを開き、環境設定を開き、オプションを選択します。

そして、+マークをクリックをして、バックアップから外したい項目を選択すれば外してバックアップをすることができます。すべてのバックアップが完了したら、完了メッセージが表示されます。Time Machineを使用することで、簡単に素早くバックアップを自動作成することができます。

初回以降に関しては、前回バックアップされて変更のあった分のみを新たにバックアップしていくため、時間がかかりません。

Time Machineでバックアップしたデータを復元する方法

Time Machineでバックアップを作成したデータのなかから特定のデータを復元したい場合は次の方法で復元します。Time Machineメニューのなかから、「Time Machineに入る」をクリックします。そして、復元したいデータファイルを探します。

データファイルを探す場合は、画面の両端や画面の上にある矢印などをクリックし、簡単に見つけ出すことができます。希望のファイルを発見したら、スペースキーを押すとデータファイルのプレビューが表示されますので、間違いがないか確認します。間違いがなければ復元を選択し、データファイルを復元させます。

Time Machineのデメリットと対策

Time Machineで保存する場合、自動で外付けハードディスクに保存できるなどメリットも多いですが、デメリットも把握をしておきましょう。1つ目は、バックアップしたデータファイルが、遡れる期間が短いということです。

というのも、容量がなくなり次第、古いデータファイルから自動で削除されますのでどうしても容量次第では遡れる期間が短くなります。長くて1ヶ月間程度の遡り期間となります。また、Time Machineでバックアップする際にMacの容量をかなり消費します。そのため、Mac内に相当の空き容量がないとMac自体の容量がなくなり、動作も重くなります。

そのため、バックアップ更新の頻度を減らすことが大切です。バックアップ回数減らすことで、データファイルを遡れる期間も長くなります。また、Time Machineでバックアップをとる際は、Mac内の空き容量を十分に確保しておく必要があります。Macの動作が遅くなってしまっては元も子もありませんので、かなりの容量を空けとくようにしましょう。

まとめ

今回、Time MachineでMacのバックアップをとる方法について紹介いたしました。Time Machineを使えば、簡単にMac内のデータを自動保存していくことができますし、保存する内容・項目を自分の好きなように変更することができます。

Time Machineでバックアップをとる際は、空き容量など注意する点はありますが、1度設定して保存すれば、あとはスピーディーに保存していくことができます。iCloudなどを使った保存も良いですが、ハードドライブなど持っている方は、ぜひ、Time Machineでのバックアップも試しにとってみてはいかがでしょうか?1度してみると、便利さが分かります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です